ぐらんま忙中 束の間の閑あり


ポクのロンバケ in kamakuraの途中だけど、ポク3泊ほど ぱぁぱの実家@横浜出張。

b0358719_10154092.jpg


じぃじ&ぐらんま、暫しの休憩をいただきまする。

b0358719_10140140.jpg
ポク用設備は そのままキープ





ワタクシ、そうでなくても細々継続中のイタリア語レッスンのため、久々の経堂へ。

同じ先生に習っているイタ友が(レッスンじゃないのに)駆け付けてくれるという僥倖!
飲みましょーーー


って、まだ16時半・・・

・・・でも開いてるスペインバル「トロンパ」。

b0358719_10163666.jpg


カウンターで立ち呑み。

まずはカヴァ。
強引に先生も呼んで "Brindiamo!"

b0358719_10281991.jpg


定番のタパスメニューを頼んで、食べる、喋る。。。


b0358719_10200989.jpg


美味しかったよ、どれも。

先生は まだお仕事があるのでここで退散、ワタクシたちは 白ワイン。

b0358719_10162321.jpg


経堂駅から徒歩5分ほど、農大通りを進んでちょいと脇道に入ったとこ。
レッスン帰りにフラフラっと立ち寄りそうな危険なロケーション、16時開店だし。


b0358719_10161392.jpg


でもね、立ち呑みカウンターでしょ、おばちゃんたちは座りたくなるわけさ。


すぐ近くの「炭火とワイン」に入ってみる。
ハイボールとソーセージとお肉で、食べ足らない分、喋り足らない分を補填。

話題は…、老後・お墓・親の介護・子供の将来・・・

b0358719_10202560.jpg

艶っぽいネタは皆無なれど、久々の おばちゃん同士トークで楽しかった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・




ところ変わって、超地元。
七里ガ浜のプロムナードも紫陽花がキレイですよ。


b0358719_10135111.jpg
奥のPacific Bakery、OZmagazineが派手に掲載して最近混んでる




ポク抜きでゆっくりディナーをいただきましょっと、「Ristorante Siva」へ。


連日 nipo(&妊婦)対応お疲れ様でっす!乾杯はモレッティ。

b0358719_10133818.jpg


Antipasto その1:カマスの冷燻 キュウリのソース

b0358719_10133027.jpg
枝豆、マイクロハーブ、黒オリーブのフレーク…


Antipasto その2: アジのライムマリネ

b0358719_10132454.jpg
さわやか~❤ 水ナスのお刺身も添えられて



ここからは、各お料理ごとにワインもグラスで合わせてもらってーーー



Antipasto その3 : イナダのたたき 茗荷と赤玉ねぎのベルガモットソース、ランブルスコで。

b0358719_10131817.jpg
きくらげ、ビーツも使ってる




Primo: 手打ちタリアテッレ サルシッチャのソース
合わせたのは バルベーラ100%のクレアルト、ピエモンテのワイン。

b0358719_10130352.jpg
ペコリーノチーズたっぷり




Secondo: メダイのスープ仕立て
よく冷えたバルドリーノのロゼ、合うねぇ。

b0358719_10125475.jpg
スープのお魚凝縮度がスゴイ




Secondo: 鶏もも肉のコンフィ
しっかりしたお味なので、ワインもしっかり目なバルバレスコを。

b0358719_10124770.jpg
敷いてあるレンズ豆もおいしー




Dolce: レモントルタとミルクのジェラート、とエスプレッソ。


b0358719_10115323.jpg


リストランテだけど内外装もサービスもカジュアル、海が見えるわけでもない、駅から近くもないのにディナータイムも遅くまで賑わってる。

だって、いい店だもの。
特にAntipastoたちが美しくて、もちろん美味しい。


b0358719_10131370.jpg


あ、シーヴァはヒンズー教ともキャットフードとも無関係。
シェフの名前が芝先さん。










おまけ nipo。

 
「戻ったら、またヨロシク!です」
b0358719_10152802.jpg

[PR]

# by vicinoamare016 | 2018-06-19 12:05 | 食(おそと) | Comments(0)

まぁま里帰り出産&ポクのロンバケ in kamakura - 2

三浦半島、三崎。

言わずと知れたマグロだらけの産直センター「うらりマルシェ」だけど、この日の目的は「にじいろさかな号」!

b0358719_11462885.jpg


この黄色い小さな半潜水式観光船。

b0358719_11462179.jpg

着いてすぐに出航する便は満席だったので、次の便のチケットを購入し、マルシェ内で待機。

お約束の顔出し撮影や、

b0358719_11465221.jpg


海洋生物UFOキャッチャーでプチ散財:悔。

b0358719_11464104.jpg


マグロフィギュアは滑りやすくてキャッチ不可能:怒。

b0358719_11463477.jpg


そろそろなので船着き場に出てみるポク。

b0358719_11455487.jpg


リゾート・ファッション。

b0358719_11461345.jpg


船が帰ってきましたよ。

b0358719_11464645.jpg


小学生以下は、こんなの着せられて乗船!


b0358719_11465751.jpg


さすが遠洋漁業基地。
出航してまもなく、大きなマグロ漁船がニ隻停泊しているのが見えてくる。

b0358719_11470375.jpg

城ケ島大橋をくぐって、

b0358719_11470912.jpg
気分は北原白秋



特徴ある宮川湾の岩礁を見つつ、お魚遭遇ポイントに到着。


b0358719_11471500.jpg


おー、船上から見ても うじゃうじゃ!
スズメダイ、メジナ、クサフグ。

b0358719_11473867.jpg


半潜水展望室に降りると、こんな感じ。
なんて人慣れしてるんだろ・・・

b0358719_11472597.jpg


っと思ったら、エサやり体験可能=餌付けされてんぢゃん。。。


b0358719_11473392.jpg


ポク、それなりにコーフン、楽しかったわよ。

b0358719_11475032.jpg


結局、マグロは一切れも食べず、買わずに帰りましたとさ。





翌週末。
まぁまは東京の女子友とランチとやらで特に頼まれたわけではないが 、じぃじ&ぐらんま(=ワタクシのことらしい)がベビーシッター。

こういうときは水族館が一番ラクちん。
なので「油壺マリンパーク」、またもや三浦半島。

今年で開園50周年だそうな。

そういえば、30年近く前にポクのまぁまとその妹を連れて来たわ~

b0358719_14050774.jpg
なんとなく昭和感を醸し出している




魚類研究が趣味のポク、知ってる魚を見ると蘊蓄披露(笑)


b0358719_14051437.jpg


サメ類も大好物だけど、ポク的規定サイズを超えると コ・ワ・イ。


b0358719_05525418.jpg
オオメジロザメと対面



トラフザメも図鑑上では仲良しだけど、想定より大きかったみたいで接近は避ける(笑)


b0358719_05524571.jpg


ゴンズイの群れを脅かすのは得意。


b0358719_05542859.jpg


全長6m近いメガマウスシャークの剥製。


b0358719_05523743.jpg
剥製とはいえ、大きすぎてコワイのか遠巻きに鑑賞



こちらはワタクシの好きなラブカ:蒲田くん(シンゴジラ第2形態)のモデル。


b0358719_14052510.jpg

高いところは、じぃじにリフトしてもらう。


b0358719_13085153.jpg


魚と電車の両方完備だもん、ポク的に文句なかろう・・・


b0358719_05525984.jpg


前夜 図鑑で予習してて一番会いたかったのがこれ、アリゲーターガー。

b0358719_05530430.jpg


・・・なんだけど、同じ水槽にいるチョウザメたちが育ち過ぎてて、アリゲーターガ―の存在感今イチ。

b0358719_14052152.jpg


ま、今も昔もベビーシッターは水族館に限る。
空調きいてるし、虫いないし、動物園よりラクよ。

b0358719_05531095.jpg








おまけ まぁま姉妹。



「叔母ちゃま(=まぁまの妹=ぐらんまの二女)と一緒にテラスモール湘南へ」
b0358719_05535333.jpg



「この春大幅リニューアル完了、辻堂駅からも直結」
b0358719_05544813.jpg


「鎌倉に比べて、若いファミリーが多いエリアですよ」
b0358719_05544179.jpg


「リニューアル後にオープンした『TOASTY'S』でランチ」
b0358719_05542044.jpg


「横浜や二子玉川にもあるフレンチ・トーストのお店です」
b0358719_05541462.jpg


「真剣にメニューをチェックする まぁま & 叔母ちゃま」
b0358719_12554016.jpg


「パイナップル・・・。ふ~ん」
b0358719_05534524.jpg


「ミックスベリー・・・ま、ありがちな。」
b0358719_05533932.jpg



「東海道線のホームが見えるテラス席ならお付き合いしませう」
b0358719_05540144.jpg


「フレンチ・トーストより、広いフロアを走りたいポク」
b0358719_05540941.jpg



「滞在中、ちょくちょくお世話になりまするテラスモール」
b0358719_13093959.jpg



[PR]

# by vicinoamare016 | 2018-06-12 15:12 | 子供・家族 | Comments(0)

まぁま里帰り出産に伴う ロンバケなポク - 1

ムコ殿転勤に帯同して熊本在住中の娘A。
この夏、第2子を里帰り出産することに。

とーぜん、第1子も もれなく付いて、いやむしろメインか。。。

b0358719_13180468.jpg
同じ路線の芸風(& ヘアスタイル)


7月初旬誕生予定の新生児が 飛行機に乗れるまでの約3ヶ月、我が家が拠点となるわけ。


住むための鎌倉って、なんとなくシニア向けなイメージが強く、市民でもない妊産婦+幼児の受け入れ施設にやや不安があったんだけど。。。


まずは 産院探し。
大船や藤沢に総合病院やもっと大きな産院もあるけれど、里帰り分娩の枠はなかなかの狭き門。


それが鎌倉にあったのよー、しかも駅から徒歩3分、鶴岡八幡宮にも近いところ。

b0358719_11481904.jpg


「鎌倉市医師会立産科診療所 ティアラ鎌倉」。
里帰り分娩は、去年のうちに予約。

b0358719_13490506.jpg


すぐ裏手には、安産・子育てのお寺として有名な「おんめさま=大巧寺」もあって、産科検診のついでに安産祈願も出来ちゃう♪

b0358719_11481175.jpg



母体と胎児はこちらにお任せするとして、長い滞在中ずーっと大人ばかりと遊んでるわけにもいかないポク。


b0358719_11404021.jpg
大人だって大変だし:汗




どこかに連行されてる感を漂わせつつ七里ガ浜住宅街を行く。

b0358719_11420207.jpg


着いた。

b0358719_11414564.jpg

まだ2歳だから幼稚園には通えないけれど、プレ幼稚園クラスに入れてもらうのさ。


b0358719_11422747.jpg



6~7月限定のビジター(夏休みがあるので正味1ヶ月半)園児。
しかもプレだから、週2~3回、9時過ぎ~13時40分だけだけどね。


b0358719_11413953.jpg


慣れない場所と知らないメンツに 少々アウェイになりつつも、上履きに履き替えーーー

b0358719_11410216.jpg

こちらがプレクラスのお部屋。

b0358719_11423345.jpg


各自、マイタオルとマイカップを置いてーーー

b0358719_11423931.jpg


同じ月齢のお友達と触れ合う(小競り合う)ことも大切だもんね。

b0358719_11424358.jpg

出勤前はちょっとゴネたりもするけれど、まんざらでもないみたいで今日もお教室への階段昇っていくポク。

b0358719_11413339.jpg




一方、ポクがプレ幼稚園お勤めの日、まぁまは束の間のフリーダム を満喫しようと躍起
第2子が出てきたら またしばらくはお出かけもママならないからねぇ。



お天気も良かったので、葉山ドライブ&ランチへ。

ちょいと森戸海岸を眺めて。

b0358719_14361111.jpg


御用邸方面へ少し車を走らせると「Pizzeria Il Veliero(イル・ヴェリエッロ)葉山」。
昨年末オープンしたばかり。
 
b0358719_11415571.jpg

番地表示、おされ。

b0358719_11424878.jpg

駐車場から見上げると2階のテラス席、気持ち良さそー。

b0358719_11421218.jpg


厨房には

b0358719_11431027.jpg

タイル張り薪窯の火がいい感じ。

b0358719_11430561.jpg


潮風が心地よい 海見えテーブルでSalute~~
といきたいところだけど、妊婦と運転手なのでノンアル:哀。

b0358719_11431627.jpg
ゼッポレと酸っぱさ強めのマリネでナポリ風


やっぱり、マルゲリータ。

b0358719_11432388.jpg


サルシッチャとレモンのクリームペンネ。

b0358719_11433112.jpg


ごちそうさま、美味しかったわ。
インテリアも素敵。


b0358719_11433975.jpg


3階建ての一軒家レストラン、道路を挟んで向こうは海。

b0358719_11434683.jpg

お店の前に4台分の駐車スペースがあるよん。









おまけ nipo。




「七里ヶ浜の海です」
b0358719_11454604.jpg


「岸壁の上にも下にもいっぱい人がいます。サーファーもトンビも」
b0358719_11444004.jpg


「ポクにとっては 広大な砂場❤」
b0358719_11452695.jpg


「身重のまぁまは水汲み担当です」
b0358719_11445406.jpg


「あ、既にえのすい(江ノ島水族館)には顔出ししておきました」
b0358719_11422125.jpg
もはや顔パス


[PR]

# by vicinoamare016 | 2018-06-05 15:28 | 家族 | Comments(2)

May her soul rest in peace.


我が家の飼い犬、いえ、大切な家族が亡くなりました。


b0358719_14260451.jpg

茶ブラドール・リトリーバーの女子、カルマ。
12歳8ヶ月でした。


急に腎不全が悪化し、毎日朝晩の皮下点滴と4種類もの投薬が欠かせない状態に。
亡くなる前の16日間は寝たきりで、食事も受け付けず 嘔吐と咳に苦しんでいました。


b0358719_14291063.jpg


あっけない。

さびしい。


b0358719_14252227.jpg
Where you have gone, you will feel no pain.



昨日まで、そこにいるのが当たり前だった存在がどこにも見当たらない・・・
慣れるまでには時間がかかりそう。



b0358719_14254801.jpg



我が家の一員でいてくれて、ありがとう。
安らかに。。。


b0358719_14254019.jpg



[PR]

# by vicinoamare016 | 2018-05-24 15:33 | ペット | Comments(4)

2018 GW (超summarized)ダイジェスト

今年のGW、超要約版備忘録を。


前半はずっと神奈川県内で 義父母のお世話と 愛犬のクリニック通い。

後半は、連休のルーティンともいうべき ワタクシの母宅。

ルートは、新湘南→圏央道→東名→新東名→伊勢湾岸道→東名阪→新名神→→京滋BP→名神→西宮:休憩込みで7時間弱。


b0358719_16011401.jpg
拠点はこの界隈



まずは、団子の…

b0358719_09331480.jpg


ではなく、端午の節句ということで、このお方(新幹線で登場)と現地合流。

b0358719_16004019.jpg



総勢6人で、父の入所する三田市の施設へ面会。

帰りに篠山の「一真坊」で蕎麦!もしくは、隣接する「DONO」で薪窯ピッツァ!と決めて開店前に到着するも、すでに駐車場から車が溢れててーーー


困ったときの三田ホテルへ。

ここの中華が結構イケるので、と行ったら、え?閉店?
幼児も老母も腹ペコ、これ以上のランチ難民はムリ!と諦め、しぶしぶ同ホテル内のビュッフェ。


b0358719_16020304.jpg
新緑がキレイだったけどね






関西のスーパーで、東京では通用しなさそうなモノを見つけるのも楽し。

b0358719_16044800.jpg


春は必ず、うすいえんどうを買って豆ごはんを炊くのよ。

b0358719_16043416.jpg


おかずは、お肉。

苦楽園口駅近くにオープンした「GOOD GOOD MEAT」。
牧草牛、放牧牛/豚にこだわって仕入れる、特に赤身ラバーに嬉しい専門店。


b0358719_16044205.jpg



ショウケースで見染めたお肉を、店内のカウンターでいただくことも可能。
グラスワインも色々、お肉だらけサンドウィッチや焼くだけのオリジナルハンバーグも。

b0358719_16030067.jpg


気に入っちゃってね、翌日もここでお肉買って母宅で夕飯。
次回は、店内で飲みながら食べてみよっと。





さて、2晩お肉三昧が続き、魚料理が食べたい母。
以前、明石海峡大橋~淡路島ドライブがてらに寄ってアタリだった、南あわじのレストラン「うずの丘」へ。

しかし時まさにGWど真ん中、激混み。。。


めげずにウェイティングリストに名を連ね、周辺施設でポクの空腹を紛らわす。


すぐそばの名所:大鳴門橋にちなむ『うずしお科学館』で渦の研究。
さすが瀬戸内、鯉のぼりじゃなくて『サワラのぼり』。


b0358719_15035360.jpg


今や海鮮をしのぐ淡路島名物、玉ネギだらけの道の駅。
お買い物などしつつ、やっとランチにありつく。


イチオシのうにしゃぶ、淡路島海鮮オールスターズひつまぶし、母は安定の焼き穴子重(だし茶漬け付)。


b0358719_16031201.jpg


あ、見つけた。
大泉氏と戸次氏も うにしゃぶをチョイスしていたような。



b0358719_16042046.jpg



あ”--、GWおそるべし。

ホントは四国に渡って、瀬戸大橋経由で帰って来ようなんて企んでたのに、あっさり直帰。






そして翌日、芦屋からJRに乗りこむポク。


b0358719_16121839.jpg



「須磨海浜水族園」!

懐かしぃ~~♪ かつてイタイケな頃のワタクシも何度かお世話になったわ~


b0358719_16050088.jpg



この日、母(&ワタクシたち)は別行動。


ポクがアンガールズ、じゃないタカアシガニと記念撮影している頃・・・

b0358719_16185718.jpg



未就学児入店お断りのお蕎麦屋さんへ。


b0358719_16040755.jpg


母は車で連れてってもらえるのがとーぜんと思ってるけど、阪神の打出駅か JR芦屋から徒歩圏の「かぶらや」。
西宮在住歴三十年超の弟も太鼓判。


b0358719_16041332.jpg



鴨たたきせいろ、鴨つくねせいろ、そして温かい胡椒そば。
へぇー、美味しいわ。


b0358719_16032421.jpg


蕎麦も素晴らしいけれど、鴨がいいわー❤


b0358719_16104902.jpg


未就学児のポクには申し訳ないけど、また来よっと。


お蕎麦屋さんを出て、大阪に向かう。


b0358719_16035481.jpg
淀川を渡って




フェスティバルホール。

生演奏好きの母を、葉加瀬太郎、高嶋ちさ子、古澤巌のヴァイオリン・コンサートへ。


b0358719_16033344.jpg
HATS=葉加瀬氏率いる音楽レーベル(と所属アーティスト)


母の日ギフト、楽しんでもらえたかしらん。
父がヴァイオリン弾き(本業はサラリーマンよ)だったので、「聴かせてあげたかったわ~」と。

ワタクシ的には、超絶アレンジしたウェザーリポートのバードランドが一番萌えたわ、世代よね。






さて、GW最終日。

AMAX(=天草エアライン)で帰るポクとその一味(ぱぁぱ&まぁま)を伊丹へ送る。

ちょっと見ない間に、キレイに改修された大阪国際空港。

b0358719_16034065.jpg
搭乗前にWolfgang Puckでピッツァランチ



とにかく、今年も終わったGW。
皆さん(該当者全員)、お疲れ様でしたぁ。








おまけ nipo。



「大阪B級グルメと フォルムが似ていると言われます」
b0358719_16202601.jpg



「これは『肉まん』ではなく、551の『豚まん』です」
b0358719_16204244.jpg

[PR]

# by vicinoamare016 | 2018-05-09 16:31 | GW | Comments(2)