引越す前に行っとこ、なお店たち(ビーフ編)

ご近所、徒歩4分。
「極上肉料理 だいごろう」

b0358719_15025979.jpg
こう見えて、腕は確かな大将w

お店の佇まいはフツーの居酒屋、大将もご覧の通りテキトー風味なんだけど、一日4組までの要予約で、扱うのは 出処たしかな和牛限定なのさ。

この日の顔(肉)ぶれは、こんな感じ。
b0358719_15011323.jpg
ここから、大将のアドバイスを素直に取り入れてこんな組み合わせに。

b0358719_15003365.jpg
トウガラシ、サガリ、ミスジくん♪

アンティパストはいつも 牛すじ煮込みとクレソンのナムル。
ハートランドビールを飲みつつ、焼けるのを待ちませう。

b0358719_15000810.jpg
"すじ"と言っても赤身部分たっぷり。あっさり和風のお出汁で煮込んである

b0358719_15005036.jpg
お肉の前に焼き野菜をつついて、さらに待つ

ここで赤ワイン(私はシラー、オットはメルロー)を頼んで、、、
、、、、、

キターーーーっ019.gif
b0358719_15013154.jpg
粗塩、ホースラディッシュ、ペッパー、揚げニンニクで

さらに。

満足と満腹が押し寄せたところで、抗せない禁断の炭水化物で〆。
b0358719_15015630.jpg
牛しぐれ煮のたまごかけご飯と赤だし


ごちそーさまぁ~
また行きましょ、っと。
b0358719_17442495.jpg

ここまで徹底して、佇まいは居酒屋風…




ビーフな気分は続く。
もう一軒。

恵比寿の「ゴッサム・グリル」。

b0358719_17070735.jpg
こちらは、インテリアもメニューもNYスタイル(らしい)


高級ハンバーガーもあるし、国産牛だけじゃなく、USやAustraliaからの来日メンバーも。
(ロブスターもあるんだけど、ここ来て頼む???)


血中アメリカ度高めのオットは、いかにもアメリカ~ンなサイドディッシュによろめきがち013.gif
だがこれを許すと、肝心のビーフが出てくる前に胃が占有されてまうやん!

ので、シンプルなサラダで、主役を待つ。
b0358719_17080460.jpg
スモールサイズなんだけど、たっぶり2人分


ビーフは、黒板でプレゼンされたこの日のメンバーから、蒜山牛(岡山産)のリブ・アイとカメノコをミディアム・レアでオーダー。


b0358719_17083885.jpg
歯応えしっかり赤身のカメノコ170gと安定のリブアイ340g


赤ワインが進んでしまふ~

パンはVironのローズマリー入りバゲット。うまし。

b0358719_17110620.jpg
グラタンポテトは頼んでしまったのねん…

NYスタイル=一皿のポーション多め、とも言える。


うん、赤身らぶ053.gif
霜降り系は、あんまり食べられなくなっちゃったわ、歳のせいかしら。。。


b0358719_22231722.jpg






[PR]

by vicinoamare016 | 2016-07-03 22:41 | 食(おそと) | Comments(0)