引越す前に行っとこ&nipo帰熊おつかれ店 &家・工事ing &…

そうゆえば、孫 御一行様 来襲の直前、近所のスペインバルに行ってきた。
しばらくは 個室 or キッズ・ウェルカムなお店でしか食事できないもんね~、って。

徒歩5分、「バル・エンリケ」。
b0358719_10161589.jpg
路地の奥に灯りが点る

"なんちゃらバル" 濫立の昨今だけど、こちらはブーム到来前から東北沢で既に10年ほどスペインバルを名乗っているとか。

タイトめな椅子配置のカウンターで、ハートランドビールからスタート。
イワシの酢漬け 他 3種類オーダー。

b0358719_10173224.jpg
ハモンと、野菜(名前失念)のマリネ

シャコのアリオリを頼みたいとこだけど、シーズン的に無理なので、アナゴのフリットを。
b0358719_10153322.jpg
サクサクだわっ♪

ボトルで赤ワイン、と。
白くて丸い独特のパンに、何かもう一品美味しくいただいた記憶はあるけれど。。。
b0358719_10155821.jpg
名前失念。品種はモナストレル

岩ガキのアヒージョ。
b0358719_10154759.jpg
岩ガキって巨大過ぎて生はツライけれど、これは当たり!

このガーリックオイルでパンがどんどん食べれる→ 〆に狙っていた 定番の あさりごはん まで辿りつけず。

メニューは"バル"っぽいお料理なのだけれど、カウンターにタパスが並んでるわけではなく、スタンディングでちょい食べ呑みできる雰囲気でもなく、カジュアルながらちゃんと食事するタイプのお店。
テーブル席は、リアルラテン系ファミリーが宴状態だったわ。

美味しゅうございました、ごちそーさまっ。
b0358719_10171148.jpg

で、怒涛の nipo 対応期間に突入し、無事終了。


孫 御一行様帰熊後は、いつもなぜか めぎん(=目黒銀座商店街)にある「寿司と海鮮 魚いち」で打ち上げ。
一握入魂!的な高級店ではないし、店の外観センスは要改善なんだけど、大将もスタッフも(もちろんネタも)活き活きしてて、居心地がよい。
近所の常連さんで賑わってるのは、同じ理由からだと思われ。

生ビールとお通しのあん肝で、ぷは~。
b0358719_11360382.jpg
いつも予約するカウンターの角には、キープしてある焼酎がすでに鎮座

いつも最初は、お刺身盛り合わせから。
b0358719_14282977.jpg
ウマヅラハギの肝ポン酢和え とか クエのお刺身が入ることも

季節によって具の組み合わせが変わる かき揚げ。
オット殿は、冷酒で。
b0358719_11311277.jpg
この日はカボチャとホタテと桜エビと玉ネギ

スウィミングなぅ、ポーズのカサゴの唐揚げ。
b0358719_12560657.jpg
こりゃ家で揚げるの無理だわ


ナスのオランダ煮も頼んだような・・・
いずれにせよ、この後、お好みで数貫握ってもらって終了 といういつものパターン。

ごちそーさまっ。
また 御一行様 迎え撃った直後に来るよ~



週末は、電源配置の打ち合わせに七里ヶ浜へ。
午後イチ集合だったので、その前にランチ。

朝比奈ICを下りて 峠を超えた十二所神社のすぐ近く「懐石料理と創作そば 峰本」。
八幡宮前と小町通りにもお店がある老舗。でも、あちらはいつも混み混み。
b0358719_11294725.jpg
こちらは散策のついでに寄るロケーションじゃないけれど、もちろん駐車場完備。
b0358719_11304876.jpg
一番人気という、 親子丼とひと口蕎麦セット
b0358719_11315872.jpg
和風サンラータンみたいで美味 黒酢そば

個室/半個室も多く、ボリューミィな懐石コースもあって、鎌倉霊園至近とくれば、精進落としの会食に好適だわね。

揺りかごから墓場手前(失礼)まで、4世代揃っちゃう時に便利だし、また寄らせてもらおっと。
ごちそーさまっ。


さて、今回は稲村ケ崎駅の踏切を横断し、敢えて山側から迫ってみる。
b0358719_11303983.jpg
ずーっと海側走って行くより早く着いた(と思う)
b0358719_14570834.jpg
屋根瓦は ほぼ全部載せ終わったみたい

エアコンの場所、アンテナ引き込み場所、セコム用の電源、コンセントの数や高さなど、結構な時間がかかったわ。

でも、図面上の感覚がやっと3Dで判るようになって、調達すべき家具や家電のサイズが見えてきたかな。
b0358719_09571139.jpg
おっ、窓が入ってる



おまけ。

"あまり期待しないで観たけど、かなりツボっちゃった" 映画を。
b0358719_09571767.jpg
日本未公開だったのね、もったいない。
コメディなんだけど、スパイ映画としてのプロットもちゃんとしてて。
何より、ジュード・ロウとジェイソン・ステイサムの使い方が素晴らしい。
あ、このポッチャリおばちゃんスゴイのよ。アメリカでは大人気で、ゴーストバスターズの主演も。





[PR]

by vicinoamare016 | 2016-08-31 11:38 | 食(おそと) | Comments(0)