画像で備忘・Kumamoto旅の記録 <Sightseeing 編>

Continuazione dalla pagina precedente.(前記事の続き)

羽田発 オットの道楽で まさかのヒコーキ乗り継ぎを経て 熊本に到着。
b0358719_15480291.jpg
パっとしないお天気だけれど、空港からそのまま 半日コースということで市の中心部をサクっと。

路面電車バリエーションいろいろ。
b0358719_15545222.jpg
b0358719_15540294.jpg
商店街やオフィス街には人が行き交い、地震前の活気を取り戻したような・・・
と思いきや、まだまだ爪跡は散見され、大規模整備を急ぐ重機の音も聞こえてくる。

徒歩で熊本城へ向う。
b0358719_13151513.jpg
お堀を渡って


大地震以降、城内の観光はできないままだけれど、敷地内の「桜の馬場・城彩苑」は通常営業。
熊本の名産品が並ぶ「桜の小路」や歴史文化体験施設「湧々座」(一部閉鎖中)は なかなかの賑わいでホっ。
b0358719_13245184.jpg
公式HPより拝借

城彩苑から、見学の拠点となる「二の丸広場」まで連絡バス(無料)で登る。
立ち入り禁止の札があちこちに。
城郭を取り巻く遊歩道を進むと、痛々しい姿が容赦なく目に飛び込んでくる。

b0358719_15524618.jpg
b0358719_13144570.jpg
b0358719_15533269.jpg
戌亥櫓

小天守と大天守が並んで臨める加藤神社まで歩いて、お城をあとに。
b0358719_23134118.jpg
瓦と鯱が崩れ落ちている

もちろん天守閣内部観覧は不可能だし 城内で歴史ロマンに身を委ねることも叶わないが、今しか見ることの出来ない被災の状況を体感し、今後の復旧を願わずにはいられない貴重な訪問。
b0358719_15521446.jpg
加藤清正公も 憂いを帯びて…





さてさて、翌日はお天気も回復、天草へドライブっ。
b0358719_23035164.jpg
巨大な天草四郎くん


ここでのメインアクティビティは、イルカ・ウォッチング。
b0358719_23114541.jpg
L'sola Terrace Amakusa の船着場
b0358719_23130868.jpg
これに乗る

船酔い名人のワタクシ、強力酔い止め服用して乗り込んだわさ。

天草五橋をくぐり、
b0358719_23125911.jpg
覚悟していたほど揺れず、冷房完備で快適

島原湾の広いとこを目指し
b0358719_23123750.jpg
波しぶきを上げて スイーっとね。

そもそも、そんな簡単にイルカが見れるのか~?!
b0358719_23115505.jpg
イルカ登場と睡魔の狭間で揺れる ポク…


出航後、45分~1時間くらい?



いるぢゃんっっ♪
b0358719_23054341.jpg
結構たくさんいるんだけれど、写真に収めるのムズイ
b0358719_23120538.jpg
お魚くわえてジャンプするツワモノも(撮れないっ)


餌付け一切無しの野生のバンドウイルカたちで、年間通じて98%の遭遇率だそう。


b0358719_23112326.jpg
帰路、大迫力の「新天門橋(仮称)」の架橋工事を車窓から。
来年春に完成すると、三角ノ瀬戸(上天草~宇城市)をひと跨ぎする巨大橋梁だそうな。




次の日。
私も初訪問、熊本最南端の市、人吉へ。
b0358719_23110017.jpg
球磨川と城壁(再現)を活かした街並み

人吉といえば、球磨川の清流。
ん?
b0358719_23032431.jpg
だよね~

球磨焼酎 利き酒セットなんぞ。
運転手(ムコ殿)が 飲めないのに乗じて、他のメンツは試飲しちゃう。
b0358719_23033250.jpg
これがこの日おススメのラインナップ
b0358719_23033629.jpg
左のは 色も香りも ほぼウィスキー

米焼酎って、あまり飲まないし、焼酎自体よくわからないんだけどぉ・・・と思っていたけれど、きちんと味わえば違いがわかるもんなのねぇ。


そうそう、地元でイチオシの神社にもお参りを。
806年創建の「青井阿蘇神社」。
b0358719_23100404.jpg
国宝にも指定されている 楼門。

b0358719_23093144.jpg
現存する建築物のほとんどは、江戸時代初期の造営



でもー、焼酎蔵の見学もしましょ。
「繊月酒造」へGO。
b0358719_23104048.jpg
蔵の中は 撮影NG


蒸留酒だから、ワインや日本酒と違って製造課程はいたってシンプル。
b0358719_15503772.jpg
ダメな大人たちが試飲に興じている間、歩行練習する ポク



そして 人吉といえば、もひとつ有名なものが。
b0358719_23090619.jpg
鉄道で行ったわけじゃないんだけどね…


駅舎の奥に・・・


いたよー、現役SLくん。
b0358719_15505422.jpg
ホントに熊本⇔人吉を毎日一往復してるのさ
b0358719_23085566.jpg
隣接する SLミュージアム「MOZOCA」では、キッズ向けプログラムがいろいろ。
b0358719_15512710.jpg
ミニSLにも乗れるし

最後にこんなところも寄って。
b0358719_23083707.jpg
人吉、なかなか侮れませんな。
温泉も人気。
一泊して鍾乳洞探検や球磨川下りなんてのも いいね。



滞在最終日。
フライトは午後なので、早起きして 阿蘇連山を見渡せる「大観峰」に。
b0358719_23063725.jpg
外輪山が出っ張ったところにある展望スポット


本来なら阿蘇エリアのあちこちは、この大観峰をはじめ 大型観光バスや家族連れドライブの車でもっと混んでいるはずなのだけれど、明らかに人が少ない。
周辺道路も通行止め箇所が多く、崩落した阿蘇大橋の再建には数年がかかるという。むべなるかな。

私たちも、限られた通行可能な道で空港へと急ぐ。


東京への復路は、乗り換えることなく(当たり前ぢゃっ)羽田へ。

馴染みの獣医さんところで留守番しているワンコを迎えに行き、3泊4日の旅は終了。
b0358719_11024421.jpg

U・ェ・U:「アタシを置いて なんか美味しいモノ食べてきたんでしょ?」



熊本での食ネタについては、別稿に。


Il seguito alla prossima puntata.(以下次号)




[PR]

by vicinoamare016 | 2016-10-07 17:55 | | Comments(0)