プーリア人とプーリア料理の食卓を囲む in Tokyo

プーリア州といえば、イタリア半島のかかと部分。
州都バーリに近い人口18000人ほどの街、Rutigliano(ルティリアーノ)に暮らす日本人女性がいる。
(「世界の日本人妻は見た!」にも出てたっけ


つい先日、彼女がイタリア人9人を引き連れて来日しておったのよ。
b0358719_10180543.jpg
市の守護聖人は 聖ニコラ(サンタクロースの起源説あり)

旅行慣れした熟年メンバーたちとはいえ、そこは正真正銘イタリア人(笑)。
ツアコンを引き受けるだけでも尊敬しちゃうのだが、すでに去年 初回のツアーは成功裏に催行させており、今年も第2弾をせがまれてのことだそうな。

その彼女から、
「来日中のプーリア人とプーリア料理店で会食しませんか?」
いささか唐突に お誘いが。

もちろん全く身に覚えのない召集令状ではなく…

私たち(もれなくオット付:爆)が昨年初めてプーリアを訪れた際、お宅にお邪魔し、搾りたて牛乳を使ったチーズ作りを教わったり、街を案内してもらったり。

の、ご縁。
b0358719_10560107.jpg
フレッシュ・チーズ水切りちぅ(緑がのぞいているのはルッコラ入り)
b0358719_10494812.jpg
そのままお宅でランチを

モンタシオ・チーズ、乾燥ソラマメ、焦がし小麦粉、トレマレスカのワインを購入した食材屋さん。
b0358719_10483233.jpg
ここの店主パオロさんも今回来日

・・・・・


今年はイタリア行けないしー、ここんとこ 生イタリア人に会ってないしねー、参加しよっと。
b0358719_10155703.jpg
おそらく日本で一番現地っぽいプーリア料理店、広尾の「Antichi Sapori(アンティキ・サポーリ)」。

カンパーイ! "Cin cin!!" か~ら~の、

マイクが回ってきて自己紹介やら日本⇔イタリアへの思い入れ(プーリア比重多め)やらを語る趣向(汗)。

とーぜんながら

< 南イタリア人9人+イタリアかぶれ造詣の深い日本人18人 >= 千言万語・議論風発・震天動地。


めげずにお料理も次から次へと:
 (アンティパスト2品、パスタもう1品あったけれど撮りそびれた)
b0358719_11094847.jpg
ズキーニのスフォルマート
b0358719_11123478.jpg
カポコッロと(たしか)豆のインサラータ
b0358719_11121599.jpg
ストラッチャテッラの黒トリュフのせ
b0358719_11191526.jpg
(たしか)プーリア風ナスのパルミジャーノ
b0358719_11193419.jpg
定番パスタ・焦がし小麦のオレキエッテ
b0358719_11200448.jpg
ドルチェはリコッタのカッサータ

b0358719_11202876.jpg
食後酒にアマーロとレモンチェッロ2種


前出のパオロ氏との再会あり、歌い出す人あり、金婚旅行のカップルもいらして、想定を上回るイタリア的盛り上りをみせる中、どうにか収拾つけて奇跡の全員集合。
b0358719_10481050.jpg
最前列に 企画・引率のケイコ・ソリーノさんと義父のティーノさん


生イタリア人、さすが!
やっぱりまた行かなくちゃだわ~、イタリア。

b0358719_11063191.jpg

Keiko, La ringrazio per il progetto piacevole.
素敵な企画をありがとうございました。




[PR]

by vicinoamare016 | 2016-10-13 14:19 | 食(おそと) | Comments(0)