2017 春 イタリア旅 < 羽田→Bologna >

ここ数年、年一回ペースで 夫婦イタリア・レンタカー旅を続けている。

さすがに去年は プチ移住プロジェクト佳境にて断念したものの、ひと段落感とともに旅に出たいぜ!気分がモゾモゾ。


行きましょうぞ。



旅の初日は、ワタクシたちの出発日と nipo(&製造元)の帰熊日が同じというスケジュール:汗。

大人3人+幼児1人+スーツケース(大)3個、さらにワンコを預かってもらう中目黒の定宿に寄るという。。。
b0358719_21472176.jpg
「ええ、乗ってますよ」


車内は若干酸欠気味なれど、積めるもんだねぇ、Volvo氏。




とにかく羽田空港。

車は国際線ターミナルに駐車して、まず我々がチェックイン。
b0358719_21453813.jpg


陸海空あらゆる乗り物らぶ❤なこの方。
しばし展望ロビーで本物のヒコーキを鑑賞。
b0358719_21421637.jpg
嬉しすぎて 左足がピーン♪



ミニカー・サーキットで じぃじ(この方も乗り物らぶ❤)と真顔。
b0358719_21441911.jpg


その後、帰熊母子は国内線ターミナルへ移動、出発までエネルギー発散させるべく 空港内お子様ファシリティを総動員。
b0358719_21452245.jpg


b0358719_21435703.jpg


そんなこんなで、我が nipo 殿は 無事本来の持ち場へ到着。


肥後もっこす系アイデンティティを取り戻す。
b0358719_15464317.jpg


一方。。。

2週間ぶりに nipo抜き身分に返り咲いたワタクシども。

出発まで時間があるのでANAのラウンジにて、真昼のブラッディ・メアリー♪
b0358719_21453002.jpg

b0358719_21440442.jpg


スペースも広々。
b0358719_21382836.jpg


えっ?!

やっぱカレーの香りに屈してしまったか。。。
b0358719_21434840.jpg


で、定時発でビヨーん!と、まずミュンヘンまで11時間ほど。
トランジットの間、このフォルムのビールには抗せず。
b0358719_21384612.jpg

さらに1時間半ほど飛んで、今回のイタリアはボローニャからIN。
ここではレンタカーは使わず、徒歩でcentroを巡りまする。


翌朝。
ホテルの真ん前はボローニャ駅。
b0358719_12041242.jpg


街に出るとウワサ通りのポルティコ(アーケード)だらけ。
これは日曜の朝だから人が少ないけれど、イタリアの都市としては かなり都会。
b0358719_12040299.jpg


「コムナーレ宮(市庁舎)」とマッジョーレ広場。
b0358719_12032847.jpg



「サン・ペトロニオ大聖堂」。
ファサード上部が未完成で地味な印象なれど、大きさではイタリア4番目、内部はとても豪華(撮影禁止)。

b0358719_12032194.jpg

こちらでワタクシが最も見たかったのは、聖堂の床に刻まれた子午線。
屋根に開けられた小さな窓から正午に差す太陽光の位置で、日付が分かるという当時のカレンダー。
b0358719_17010060.jpg
(画像はHPから拝借)


これと同じような子午線は、フィレンツェの大聖堂や「ダ・ヴィンチ・コード」に登場したパリのサン・シュルピス教会にもあったわねー。

万物の仕組みを科学で解き明かそうとする気風と、科学で解き明かされ過ぎると具合の悪いこともある宗教との微妙な関係かぁ~:


・・・・・
 


日本でも有名&老舗の高級食材店 タンブリーニ。
b0358719_12034952.jpg


おや、桜だわ。
b0358719_12033513.jpg



ボローニャ名物2つの斜塔、アシネッリとガリセンダ。
高い方は、登れるんだけど、狭くて階段擦り減ってて490段余り・・・?

満場一致(2人だけど)で 拒否。
b0358719_12025190.jpg
Le due Torri: Asinelli e Garisenda


至近距離で見上げつつスルーして、その先の「パラッツォ・ポッジ」へ。

ボローニャに来たら皆さん訪れる「アルキンジナジオ館の解剖教室」は有名でも、こちらはガイドブックには載ってない。
でも、れっきとした旧ボローニャ大学附属博物館で、解剖模型のコレクションがすごい(というよりエグイ)。
b0358719_12025843.jpg
Museo di Palazzo Poggi


仄暗い照明に浮かび上がる、解剖蝋人形たち。
それぞれに、皮膚を剥いだ状態や筋肉や骨の再現ぶりがナマナマしい。
b0358719_12020226.jpg


解剖模型なのに この艶めかしさ・・・
b0358719_12021907.jpg
こんなお姿なのに、美人で、ネックレスもしてて。

イタリアっぽいっ表現ってんでしょうかねぇ。
b0358719_12022539.jpg


また、異常妊娠のさまざまな状態のコレクションが出色。
b0358719_12021425.jpg

逆子や双子、臍の緒が首に絡まってしまった胎児など、製作にあたって全て実物を見たのだろうかと思うと言葉を失う。
b0358719_12020869.jpg


他にも、当時の分娩台とか器具、出産シーンの彫刻などもあったけど、シャッター押せず。


ちなみにこの博物館、何も解剖模型ばかりじゃなくて、珍しい動物や海洋生物の剥製、武器や船舶模型も豊富にあって、全部じっくり見て回ると半日はかかる充実ぶり。

・・・・・


やや溜息まじりに パラッツォを後にし、お昼を食べに「メルカート・ディ・メッツォ」へ。

テイクアウトできるお惣菜や イタリア版ファストフードが集まっていて大賑わい。
ワインも飲めるし、ドルチェもあるし。

b0358719_12005714.jpg


1階のイートインスペースはあまりにも混んでいたので、2階の着席できるピッツェリアへ避難。


b0358719_12011552.jpg

たくさん歩いたので、ビール!
と、揚げピッツァ。
b0358719_12014905.jpg

スカンピのリングイネ。
b0358719_12010808.jpg

ボローニャでナポリごはん~? ここはピアディーナでしょ!
って突っ込まれるだろうけど、美味しかったよん。


メルカートの向かいは「イータリー」で、直営レストランはジモティが並ぶほどの人気ぶり。
ふーん、イタリア人もランチに列を成して待てるんだ・・・日曜だからかな?



また少し歩いて、「聖ステファノ教会群」へ。


教会群、つまり創建年代の異なる複数の教会が一緒になってて、一番古いのは5世紀という かなーり昔の建物。

元は異教の神殿だったものを転用したセポルクロ聖堂部分:
b0358719_12014231.jpg


ピラトの中庭の列柱も美し。
b0358719_12015675.jpg
内部奥のクリプトも萌えポイントだったけれど、撮影禁止だったわ。


このあと、ホテルでしばしシエスタ。からの、出直して 晩御飯。



ボローニャっぽいメニューを、ボローニャっぽい店で・・・

とチョイスしたのが、イタリア食ジャーナリスト池田匡克氏のSAPORITAWEBが推していた「トラットリア・アンナマリア」。
b0358719_12001611.jpg
Trattoria AnnaMaria


アンナマリアは お店の創業者でありシェフで、今年77歳とか。


座ると、モルタデッラと青菜(チコリアかなぁ)入りのフリッタータが出てきて、ビールを。
b0358719_12002924.jpg

ふむ。ここはやはり、ベタにボローニャなラインアップでいこう。

タリアテッレのラグー。
b0358719_12003461.jpg
Tagliatelle al ragu'


トルテッリーニ イン ブロード。
b0358719_12002342.jpg
Tortellini in brodo



ハウスワインと山盛りのパルミッジャーノ・レッジャーノ。
b0358719_12004534.jpg
Vino Rosso della casa


ポークチョップのグリル
b0358719_12003966.jpg
Braciola di maiale


麺とトルテッリーニの量が多くて、セコンドを分け合ってもうお腹一杯。

レモンのアイスクリームとカッフェで〆。

b0358719_12010249.jpg
Gelato al limone


国内外のメディアにも取り上げられることが多いせいか、賑わう店内で聞こえてくるのはイタリア語半分 アメリカ英語とアジア訛り英語半分 。

素朴で飾り気のない家庭料理らしい味わい、ごちそうさま。


夜のポルティコをそぞろ歩いてホテルへ、zzz~



翌朝。

昨日定休日だったので断念した、くだんの「旧ボローニャ大学 アルキジンナジオ館」を見なくては。
b0358719_12005195.jpg
Palazzo dei Archiginnasio


ボローニャ大学の創立は1088年だそうだけど、この建物は 1562年創建、1803年まで学舎だったところ。

中庭も、階段も天井も、ここで学んだ(おそらくは良家の出 且つ優秀な)卒業生の紋章だらけ。

b0358719_11592948.jpg

b0358719_12000342.jpg


そして2階が、ボローニャ観光で誰もが訪れる「解剖室」。


世界で初めて人体解剖が行われたという・・・
中央が大理石の解剖台。
b0358719_11593692.jpg


木の彫刻が見事な天井。
b0358719_11595039.jpg

ふーむ。。。


解剖って、当時のカトリック的道義からすると、どうなの?だいじょぶなん?:

とかね、いろいろ愉しい悶々をブツブツ言いながらポルティコ歩き。
b0358719_12024496.jpg

そろそろボローニャを出て、次の目的地へ向かわなくてはなのだけれど、昨日ビビって斜塔に登らなかった=街の全景を見下ろしてないことに少々悔いが。


あら、聖ペトロニオ大聖堂の展望テラスに登れるらしい。
工事中だけど。
b0358719_22211990.jpg
工事の職人さんが使うエレベーターに乗せてくれる(4eruo)ので楽チン。



おおっ♪

斜塔も見えるわ。
b0358719_22314223.jpg


ホントにこの街、見渡す限り赤茶色。
b0358719_12001071.jpg
満足。

マッジョーレ広場を通って、戻りましょ。

ここのシンボルは巨大なネプチューン像。でも、修復中の幕で覆われてて(右端)見ること叶わず。
b0358719_12013614.jpg

東側のSala Borsa(おそらく全身は証券取引所だったと思われ)壁には、レジスタンスに身を投じて無くなった若者たちの写真が。
b0358719_12012950.jpg
現在は Biblioteca-Mediateca(情報収集図書館?)



よし、ボローニャ終了!

11時に予約していたレンタカー・オフィスへ滑り込み。

午後イチにラヴェンナ到着を目指す。


Continua...




[PR]

by vicinoamare016 | 2017-03-27 10:31 | | Comments(4)

Commented by おちゃ at 2017-03-27 18:44 x
こんにちは、こちらでは初めまして。楽しそうな旅ですね。行ってみたいな、イタリア。34年前にフィレンツェに行ったのが私の唯一のイタリア体験。その後私にイタリアへ行くチャンスはなかった。。。いつかレンタカーで欧州大陸をあちこち行ってみたいです。旅行記の続きを楽しみにしてます。
Commented by vicinoamare016 at 2017-03-29 09:04
> おちゃさん
コメントありがとうございます。もしかして、あの有名な(笑)おちゃさん?
私は 30代まで海外といえば "ぎみーちょこれっと"(古っ)アメリカ一辺倒でした。40歳で欧州デビューという遅咲きながら、以来、なぜか主にイタリアを攻め続けております。
拙いテキストと粗い写真でのリポートですが、34年ぶりイタリア旅への参考になれば光栄です。
Commented by ゆききーな at 2017-06-14 23:26 x
わあ!懐かしい!アンナマリア!! 私が最初にボローニャにホームステイしていた家のおばあちゃんがこのトラットリアに手打ちパスタを卸していて、私も夜な夜な一緒にパスタを手伝ってたんです~。食べにも行きましたよ。池田さんの本にも載るようなお店だったんですね。
Commented by vicinoamare016 at 2017-06-16 09:55
> ゆききーなさん
コメントありがとございますー! そうでしたか、その頃に滞在していれば、ゆききーな手製のパスタが混じっていたかも。 今後とも、お料理はもちろん "イタリアあるある"ネタをご教授くださいませ。