人気ブログランキング |

シルバーごはん、からの、シーヴァごはん

先日、オットの叔父夫妻がいらっしゃった。
オットとて もう充分おぢさんなので、当然その叔父サマ夫妻は シルバー枠。

なのでワタシとしては珍しく、和系メインのごはんでお迎え。


特に好き嫌いや食事制限は無いそうだけど、薄味と油&脂控え目ラインアップ。
 ルッコラのおひたし カラスミのせ
 桜エビとポテトのオムレツ
 お刺身盛り合わせ(よく行くお寿司やさんにオーダー)
 小鮎の佃煮(いただきもの)
 空豆ご飯
 湯葉の生しらす沖漬のせ
 蕗とホタルイカの炊き合わせ 
 ポークの実山椒ロール
 根菜たっぷりお味噌汁

b0358719_10090444.jpg

なんと!夕飯なのにノンアルコールで通したざんす!
 お二人をお宿(=鎌プリ)にお送りした後は飲んだけどね・・・


滞在コンテンツは、初日「いかにも鎌倉」なところをサクっと車窓からご案内。
むかーし鎌倉彫を習っていた叔母サマは、本場の工房を訪問したいとのことで、翌朝ホテルでピックアップして、鎌倉彫会館と博古堂へ。

最後は藤沢駅にお送りして、小田原から新幹線に乗ってご帰宅(名古屋在住)。


 

短い滞在だったけれど、それなりに喜んでいただけたようで、とりあえずミッション終了~




GW突入以来、老若男女入り乱れる日々が続き。
そゆえば 夫婦だけでの外食行ってないわね。


行きましょ、でも電車乗らなくて行けるとこがいいな・・・となると、選択肢は限られる。

 


あ。


近所に、まだ行ってないとこがあった。
「リストランテ・シーヴァ」。

b0358719_10065522.jpg


「イル・テアトリーノ・ダ・サローネ」のシェフを務めていた方が独立して、昨年2月オープン。




ビールで「なんだかとにかくお疲れ様~」。

b0358719_10070175.jpg



夜は、2種類のプリフィクスコースのみ。
料理内容を列記したMenuはなく、シェフ自ら一皿一皿を説明しつつサーブしてくれる。



アンティパストひと皿め:メトイカの冷菜

b0358719_10071052.jpg
レモンの皮のいい香り、カラスミパウダーon。イカの火入れ絶妙♪ 



ワインはボトルでも頼めるけれど、お任せグラスワインで料理に合わせてもらうことに。
トレンティーノ・アルトアディジェ地方の白。いかにもドイツ寄りなワイナリー名。

b0358719_10072900.jpg
ちょっとほろ苦い感じのとても良い香り



アンティパスト2皿め:カマスの冷燻

b0358719_10071684.jpg
マイクロハーブとグラウンド黒オリーブで



トスカーナのミディアムボディと カンパーニャのグレコ。

b0358719_10064665.jpg


アンティパスト3皿め:イナダのグリル

b0358719_10072490.jpg
グレープフルーツをジャムとパウダーで添えてある



プリモ:手打ちラザニエッテ

b0358719_10073840.jpg
ペコリーノをたっぷりかけて



重濃すぎないネッロダーヴォラ。

b0358719_10063788.jpg


セコンド:湘南ポークのグリル

b0358719_10075282.jpg
onしてるトレビスのマルメラータも んまいっ



セコンド:スズキのグリル

b0358719_10074631.jpg
レンズ豆のズッパが敷いてあって、上にはタプナード



ドルチェ:レモンのジェラートとパンナコッタ、ポレンタのクッキー
 ・・・もう酔っぱらっててピントが・・・

b0358719_10075741.jpg

正直、リストランテというにはお店の内外観がカジュアル過ぎ。照明も明るく、アメリカンpops
?BGMだったような。

でもね、お料理は繊細で素晴らしかった。目にも美味しい仕上がり。
オットは、アラカルトで頼めないのが不満みたいだけれど、味には大満足。
せめて、ドルチェの代わりにチーズか食後酒って選択肢があるといいね。

近所に太鼓判イタリアンがあるって判明して、ちょっと幸せ。
コースは日替わりで構成するので、また近いうちに再訪したいな。








おまけ nipo。


ここんとこ暑い日が続く日本列島(=熊本含む)・・・
b0358719_11061866.jpg


「油断してたら刈り込まれてしまいました」
b0358719_11053291.jpg


「ダイ・ハードな ポク、どうでしょう」
b0358719_10062255.jpg

by vicinoamare016 | 2017-05-24 13:18 | 食(おそと) | Comments(2)

Commented by おちゃ at 2017-05-24 19:07 x
ここの店は、中華料理→お好み焼き・鉄板焼き→日本そば→フレンチ→イタリアンと変遷。お好み焼きをやってた方は私と卒業した幼稚園が同じという偶然。しかもそれ大阪ですからね。大船にシェ・ケンタロウ(間も無く北鎌倉に移転予定)ってフレンチがあり、そこのオーナーが日本そばの後を受けてフレンチを開店。その方は赤が好き。店の外観の木部は蕎麦屋のままだが塗装は真っ赤に。内装は全く変わってこちらも赤に。しかし今もある真ん中の大きな板のテーブルは、たしか蕎麦屋さん時代のもの。そしてそのフレンチも終了。そのケンタロウさんの仲間というか後輩が今のシーヴァとして、フレンチの内外装真っ赤なのはそのまま、イタリアンとして開店。そんな流れでした。住んで10年になるといろいろ語ることが増えた。
Commented by vicinoamare016 at 2017-05-25 12:21
> おちゃさん
そうそう、たしか最初にこのあたりの土地を探しに来たときは、フレンチのお店でした。
へぇー、10年でそんな変遷が。
幼稚園同窓の方のお好み焼きも食べてみたかったです。