人気ブログランキング |

扇ガ谷:新参者の kamakura walk

前記事からの続き(でもある)



紫陽花フィーバーが終わり、江ノ電の電光表示も朝顔に。


b0358719_10024423.jpg



あら、花火ヴァージョンも(ウワサでは向日葵もあるらしいけれど、未確認)。


b0358719_10131887.jpg


・・・・・・・・・・



そうそう、北鎌倉を(重要スポットスルーしまくり)散策し、亀ヶ谷坂を通って鎌倉市中に抜けるとこだった。


b0358719_16313722.jpg

もうすぐ反対側に出る。

b0358719_15363235.jpg

抜けるとそこは、扇カ谷。


ワタシたちのプチ移住プロジェクト始動当初、不動産屋さんがまず案内してくれたのはこの辺だったわ。


b0358719_15455329.jpg


鎌倉駅からもなんとか徒歩圏内だし、有名寺社に囲まれ、緑も深く、いわゆる "古都鎌倉っぽさ" を濃厚に感じるには良いエリアだと思ったけれど(いちお予算内の物件もあったし)。。。


お寺の参道のすぐ目の前とかね。

b0358719_09164946.jpg


でもこの辺の物件って、必ずといっていいほど、後背にこういうのがあって。


手彫りの岩窟? 


b0358719_15333113.jpg


祠として何かを祀ってあったり、誰かのお墓のようなところも。


b0358719_09160935.jpg

フェンスで隠してあるけど、明らかにエグってますやん。



b0358719_15462335.jpg


夜、怖いのよ。なんか出てきそうで。
だから海の方を探すことにして、今のところへ。



一番身近な電車も、江ノ電ではなく横須賀線。



b0358719_09172834.jpg


お寺のバリエーションはもちろん、史実ネタには事欠かない由緒あるエリアなんだけどね。


実は、このへんで是非探し当ててみたいところがあって。




b0358719_10114166.jpg



あったー!

「シン・ゴジラ」第4形態は 由比ヶ浜に上陸した後、この線路の向こう側を歩いていたよん。

この辺に引越していたら、踏まれていたかも~


b0358719_09162087.jpg

とても効果的に鎌倉をフィーチャーしていたあの映画。

庵野秀明監督(と安野モヨコ夫妻)は、扇カ谷在住なのだそう。


b0358719_09175455.jpg


12年ほど前、鎌倉の古民家(といっても豪邸)を改装して住むことになった経緯は、モヨコ女史が漫画にしているし。


b0358719_10174242.jpg

現在もAERAに連載している「オチビサン」の舞台もこのへん一帯。
鎌倉の四季の風景や "古都あるある" な日常が盛り込まれているのん。


b0358719_09144407.jpg
英語版も掲載されていて、日本ならではの習慣やフレーズをウマいこと訳してる♪




さて、踏切を渡って駅方面に向かいましょ。

b0358719_09175455.jpg


この今小路と呼ばれる道沿いにも、歴史エピソードだらけの寺社が並んでいる。

踏切を渡ってすぐ、徳川家所縁の尼寺(だった)英勝寺。

b0358719_09173683.jpg


鎌倉五山三位、寿福寺。
頼朝氏のコワーい奥方 北条政子さまが建立。


b0358719_09174326.jpg

ひっそり、むしろ地味な佇まい。

裏山には 政子と源実朝のお墓大佛次郎や高浜虚子も)あるそうだけれど、入口に「スズメバチ注意!」と書かれていて退散。


もともとこの寿福寺付近は、義朝氏(頼朝の父)の邸があったところで、古くから源氏色が強かったらしいっす。


b0358719_09165852.jpg

そのまま進んで巽荒神社(撮り忘れ)を過ぎたあたりから、急に現世っぽいお店たちが現われ始める。



よく歩いたし、ちょっと休憩して 燻製しょうゆソフトクリームを食べよーっと思っていたのに、閉まってた。。。


b0358719_09163352.jpg


麻婆豆腐と水餃子で人気の「かかん」は、麻婆フリークの娘 Aが来たときにとっておこう。


b0358719_10293318.jpg


ちょいと佐助稲荷&銭洗弁天(今回は寄らないけど)方面の路地に入ってみると、古我邸が。
いわゆる "鎌倉三大洋館" のひとつで、三菱財閥重役の別荘として100年ほど前に建てられたもの。


b0358719_09154150.jpg

現在はレストランとして営業していて、カフェ利用だけなら気軽に使えるみたいだけれど、定休日。
なにせ敷地が1500坪なので、表門からは こんなふうにしか望めず。

スポンサー連れて(笑)、再訪しなくては。


b0358719_09155070.jpg


佐助の住宅街(かなり立派なお邸が多い)をさらに奥へ。


かねてから、娘たち(特にB)が行きたいと言っている 甘味処を捜索。


b0358719_09151692.jpg


あった、「雲母(きらら)」。


こりゃ 見つけにくいトコだわ。でも常に1~2時間待ちなんだって。



天気悪いし、紫陽花終わったし、オープンしたばかりの時間だし、もしかして空いていたらヌケガケ下見しちゃおっかな~ と思いきや・・・


並んでたわ、しかもちょっとやそっとじゃ入れそうにないくらい。



退却。



注文してから作る白玉 ↓ が、大人気らしい。そりゃこんな白玉を受注生産してたら回転悪いわさ。

b0358719_10024969.jpg
写真はお店のを拝借



うーむ、食べたい。次回は嵐の日にでも来てみるか。。。

b0358719_09150320.jpg


ふと脇を見ると、これはもしかして佐助トンネル?
見える人には見えるという 心霊スポット。


b0358719_09152305.jpg

お化けと毛虫は苦手なので 踵を返し、今小路へ戻り、KINOKUNIYAが見えて。


b0358719_13221188.jpg


はい、鎌倉駅西口に到着で、今回の kamakura walk 終了っ。


b0358719_09145247.jpg








おまけ nipo。




「安易な彦星ふぅ被りモノが不本意なポク」
b0358719_13214000.jpg


「鶴岡八幡宮も七夕飾りになりましたね」
b0358719_09180474.jpg


「願い事を追加しておきましょう」
b0358719_10320694.jpg


「欲深いワケではありませんよ『念の為』です、ぐふふ」
b0358719_12595623.jpg


「果報は寝て待ちましょう」
b0358719_12594904.jpg


by vicinoamare016 | 2017-07-05 14:17 | 日常の記録 | Comments(2)

Commented by おちゃ at 2017-07-08 19:51 x
私も最初不動産屋さんに案内されたのは、扇ガ谷4丁目の海蔵寺の奥の岩の穴を抜けたところだったんだけど、私の場合は「おお!これは面白い!!」と思ったのでした。お墓もあったけど、でもそれがいい、面白いと。しかしそういう土地はやたら条件が難しく、二階堂や浄明寺や雪ノ下や小町をあれこれ紹介されたが全部失敗して、流れ流れてあまりにも簡単な西武の分譲地へ・・・。そんなわけで、今は西友にいつも買い物に行くのでした(笑)
Commented by vicinoamare016 at 2017-07-09 18:00
> おちゃさん
そうだったんですか~。ホント「鎌倉に住んでいる感」は言う事無しだったんですけどね。それと、クルマで動くのが大変そうだったもので。。。結局ワタシたちも、最初は全く候補に入ってなかった西武の分譲地に家を建てて、西友のお世話になっています(笑)