メタさん邸アナン(イントネーションに要工夫)

この日は、極楽寺で下車。

鎌倉の隠れた名所、通称『アナン邸』に行くため。

b0358719_09130307.jpg


路線唯一のトンネル 極楽洞から出て来る江ノ電を跨ぎ、徒歩1分。

b0358719_16362811.jpg

あった。

築100年近い正真正銘 ザ・鎌倉の古民家。

この地で何十年もスパイスの輸入・ブレンド・販売を手がけるインド人アナン・メタさんのお宅。


b0358719_16382048.jpg


お父さんのアナンさん同様、息子のバラッツ・メタさんも今や 鎌倉およびスパイス業界ではかなりの有名人。

そのスパイス講座があるって聞いてね。



b0358719_16372373.jpg


玄関では ガネーシャ神がお出迎え。

b0358719_16363909.jpg


いいねぇ、縁側の天井の木の設え。

b0358719_16361631.jpg


欄間と二間続きの和室、もちろん本床の間付き。

b0358719_16371123.jpg

お庭の梅はまだ蕾。

b0358719_16362339.jpg


ネジネジタイプの鍵、懐かしい(平成生まれにはわからんよね)。


b0358719_09131361.jpg



おっと、スパイスのお勉強が始まる。


とにもかくにも カレー『らしさ』は、この4種類のスパイスで構成されると。

ターメリック:色+苦み
レッドペッパー:辛み
クミン:味
コリアンダー:香り


b0358719_16360174.jpg


これらに加え、地方や食材や作り手や食べる人の好みによって他のスパイスをブレンドしていくわけだけど、最終的に味を決めるのはあくまでも「塩」なんだって。


b0358719_16384393.jpg


ひととおりカレー用スパイスの基本を押えたところで、キッチンに移動。


棚にはスパイスと乾燥豆とハーブなどが、ギッシリ。

b0358719_16374650.jpg

b0358719_16384966.jpg


バラッツさん自ら、野菜を切り、フライパンを振ったり、鍋で煮込んだり。

まずは、マスタードフィッシュカレーを。

b0358719_16355218.jpg

中学まで鎌倉、インドで高校卒業後、スイス、スペインで学位を取得したバラッツさんの知識や感覚はインターナショナル。


魚を多用する東インドのカレー、現地では淡水魚を使うけれど、日本人向けにブリで。
ターメリックとレモン汁をかけて下ごしらえ。

b0358719_16355614.jpg


マスタードオイルにスパイスを加え、ミキサーでペーストにしておいたトマト・玉ネギを炒め、マサラ(=ルゥ)を作る。


b0358719_16383756.jpg

パウダースパイス、ショウガとニンニクすりおろし、お湯に溶いたマスタード。
さらにヨーグルト、砂糖少々を加え、お湯でのばしていく。 


b0358719_16370615.jpg


フィッシュカレーを鍋に移して煮込んでいる間に、ダールカレーと鎌倉野菜を使ったサンバルを作る。


この日使う3種のダール(挽き割り豆):ムングダール、チャナダール、ピンクスマール。
・・・はあらかじめ30分ほど水で戻しておく。


b0358719_16383165.jpg


レンバイで朝買ってきた鎌倉野菜ミックスは、乱切りに。

b0358719_16372866.jpg


サンバルは、甘酸っぱい熱帯果物タマリンドを入れるのがポイントだけど、梅干しでも代用できるって。

b0358719_16354664.jpg


ダールカレーや 野菜のサンバルように、先に煮込むタイプのカレーは、材料が煮えてから炒めたスパイスを加える(=テンパリング)のね。


b0358719_16370104.jpg

じゅわ~~~

b0358719_16380588.jpg


ダールたちも煮えたのでテンパリング、じゅわ~~~

b0358719_16354207.jpg

ブリのカレーも完成。

b0358719_16381056.jpg

試食ターイム♪

b0358719_16351717.jpg

左から:
ブリのマスタードフィッシュカレー
鎌倉野菜のサンバル
ライタ(スパイスたっぷりヨーグルトのサラダ)
3種のダールカレー on the rice

b0358719_16364513.jpg

ちなみにライスは、国産のインディカ米。
愛知県の契約農家さんで作らせているそう。


カレーの後は、チャイも教えてもらいましょ。

b0358719_16371782.jpg


アッサムティーと牛乳が半々くらい。
カルダモン、シナモン、クローブ、ブラックペッパー、ジンジャー、砂糖。。。

b0358719_16365652.jpg


冬はペッパーやジンジャーを多めに、温まるもんね。

b0358719_16373492.jpg


バラッツさん、東京や横浜でも講座を持ってて、とーぜんながらカレーとスパイスに関する著作も。


b0358719_10340100.jpg

ちょいちょいインド⇔日本ギャグも交えながらの蘊蓄トークも秀逸。

また、こういう講座にありがちな「お帰りに本日使用した材料やテキストを是非お買い求め下さい」的な圧も無く、好感度高し。


行ってみて良かった、ありがとうございました。


b0358719_16363490.jpg



さて、せっかく極楽寺にいるので、駅近くの人気のパン屋さんに寄って帰りましょ。
「ブーランジェリー・べべ」。

b0358719_16391058.jpg


15時過ぎだったので、売り切れアイテム多し。

b0358719_16392773.jpg


あらー、ホントにおいしーわ。また寄ろっと。


b0358719_13140442.jpg











おまけ シニア犬。


これは若かりし頃、チョコレート色の毛がツヤッツヤ。

b0358719_16024336.jpg


10歳を過ぎた頃から急に後脚が弱ってきた、今年で13歳。
かつては毎日1時間超の散歩がノルマだったのに、今では 向こう3軒両隣で充分。
段差も苦手になり、階段は抱っこで運搬。


これ、最近。
めっきり白髪が増えたねぇ。

b0358719_16204656.jpg

先日の積雪では、庭で足跡つけまくって地味ながら遊んでた(と思う)。

b0358719_15395982.jpg


脚に限らず、去年あたりからはゴハンにも変化が。


b0358719_09173694.jpg


腎臓のNG数値が高いので、獣医さんのアドバイスに従い、低塩&低たんぱく質のゴハンに。

主食は、療法食に切り替えて。

b0358719_15410508.jpg


これに白飯(もしくは塩分ゼロうどん)を足し、

牛スジ肉を茹でこぼしたものと(まとめ買いして作って冷凍)、


b0358719_15413375.jpg

茹でたさつまいもに持病の錠剤を埋め込んで、


b0358719_15411540.jpg

鉄分増えてね、の願いもこめて小松菜をパイルダーオン!


b0358719_15414307.jpg


かつては「ごはんよ~」と 呼ぶ前に駆け付け正座(with ヨダレ)、「OK!」と同時に瞬殺完食だったのに、最近は ひと口、ひと呑み、確かめるようなお食事タイム。


そして、一日の大半を 窓際の陽当たりスポットで ZZZ~。



「『無気力』を犬で書くと、こんな感じです」
b0358719_15404059.jpg


「猫で書くと こんな感じですよ」
b0358719_15395169.jpg



2匹は 同い年。
猫は、娘Bの結婚に伴い連行されたけど、同居中はこんな光景も(たまぁにね)。


b0358719_16003475.jpg




[PR]

by vicinoamare016 | 2018-02-05 11:56 | 鎌倉 | Comments(2)

Commented by おちゃ at 2018-02-07 21:52 x
アナンさんのカレーって最初に買ったのがたしか都内、
大手町で何か物産展みたいなことしていた時だったと
思う。もう25年くらい前で、当時私は逗子市民だったのです。
その後、逗子のスズキヤに売ってるのを知り何度か買って
みたように記憶。こういうことやっておられるのは
以前何かで知ったように思うのですが、
画像ははじめてみましたー。楽しそうですね。楽しみ
ながらつくり、食べる。最高です。x
Commented by vicinoamare016 at 2018-02-08 08:36
> おちゃさん
面白い企画でした。スパイスの話はもちろん、本国では日本人が思ってるほどナンを焼かないとか、魚のカレーは東インド特有だとか、インド人男性は殆ど料理をしないとか、このへん(極楽寺周辺)は武士の霊が彷徨っているとか(汗)…小ネタも満載で。
でもねー、本物の古民家の冬って、寒かった~~。かなりパワフルなストーブが稼働してたんですけど、熱々のカレーもすぐ冷める。。。