腰越界隈:2年生の kamakura walk

一昨年末のプチ移住から早1年ちょっと。
幸い、事故・事件に遭うこともなく、町の自治会に叱られることもなく、鎌倉住民2年生に進級。

b0358719_13522280.jpg

まだまだ新参者ゆえの謙虚さは心掛けつつ、好奇心と運動欲求に触発されるがまま 周辺未踏スポットを開拓し続けようかと。




腰越界隈。
エリア的には、過日 友人を案内したあたりと多少カブるけど・・・ルートが違うし。


まず、往きは出発からフルに "足"。

海側の国道には下りずに裏道を抜け、七里ヶ浜高台の住宅地へと登ると、こんな高い目線から海が広がる。


b0358719_14415764.jpg
左の陸地は 逗子~葉山:三浦半島



登りきって、鎌倉高校前駅方面へ下っていくと、江ノ島が見えてくる。

b0358719_15130515.jpg


CMにもよく登場する急な下り坂「七里ガ浜シーサイド通り」。

b0358719_15131111.jpg


日坂の踏切(通称スラムダンク踏切)を跨いで、134号線に出よっと。

b0358719_14491049.jpg


右に鎌倉高校駅前のホームを見上げつつ、歩く。

b0358719_15132101.jpg


駅を過ぎてすぐ、気になっているレストランが。
オット殿は、あまりフレンチに行きたがらないので…女子友と行こっと。

お天気がいいと気持ち良さそうー。


b0358719_15132684.jpg


さらに歩く。
小動(こゆるぎ)岬 手前の海。


b0358719_14572859.jpg


七里ヶ浜の西の端、海に突き出た小動山に建つ神社にお参り。


b0358719_15134307.jpg


源頼朝に仕えた佐々木盛綱による、1185年の創建。
のちに北条討伐を行った新田義貞も戦勝祈願をしたそうな。


b0358719_15133359.jpg


鳥居をくぐって参道左側には、7月に、江ノ島の八坂神社と合同で盛大に行われる天王祭で活躍する山車の保管庫が。


b0358719_15135662.jpg


こちらは 神輿が保管されている蔵。

b0358719_15142713.jpg

本殿。
b0358719_15142189.jpg


黒船来航騒ぎ後に設置された異国船見張所跡も。

b0358719_15143380.jpg

太宰治が心中未遂(太宰だけ助かったのよね)事件を起こしたところでもある。
これがのちの「道化の華」という作品の下敷きに。

b0358719_15144111.jpg


海に臨む神社なので、漁業・航海の神様が。

b0358719_15145579.jpg


小動神社を後にして国道134号を渡り、腰越が誇る?観光スポット「満福寺」へ。

江ノ電を跨いで階段昇ったとこ。

b0358719_15110107.jpg


振り向くとちょうど電車が来た~


b0358719_15154891.jpg


壇ノ浦で平家を滅ぼし、鎌倉に凱旋しようとした義経だが、(褒めてくれるはずの)兄・頼朝は冷たい対応。
鎌倉市中に入ることさえ許されない義経は、満福寺に留まることとなる。


b0358719_17071211.jpg

平家にトドメを刺せたのは明らかに義経の大活躍によるものだが、後白河法皇に気に入られ過ぎたのが災いしてか、兄の不興を買ってしまう。

そうはいっても実の兄、敬意をこめて嘆願書を出せば思い直してくれるだろう、と、この寺でしたためたのが「腰越状」。



うーむ、ちょっとこのディスプレイは出来過ぎ感・・・

b0358719_15112719.jpg


お寺そのものは、744年、行基による開創。
本堂には、32面もの鎌倉彫の襖絵も。

b0358719_15112074.jpg


もちろん腰越状も飾ってあるが、弁慶による下書きと伝わるもの。


b0358719_15153952.jpg


義経とくれば、弁慶ゆかりのあれやこれやも色々あるわけで。

手に取ったり(重そ)、

b0358719_15105113.jpg

腰掛けたり。。

b0358719_15113552.jpg


義経は結局、頼朝には会うことさえも叶わず 京へ戻る。
そして奥州へと逃げ、最後は31歳の若さで自刃・・・合掌。





満福寺を後にして、腰越メインストリートに戻る。
駅から電車通りに江ノ電が出ていくところ。


b0358719_15160127.jpg


そのまま歩くと、日本唯一の鉄道と自動車供用橋である神戸(ごうど)橋。
その交差点角にある魚のフライを売るお店。

ん?

b0358719_15163883.jpg


なんだかおしゃれイラストを展示販売している。

b0358719_15312558.jpg


お店のおばちゃんの甥っ子がイラストレーターさん。
湘南の風景をモチーフに描いているので、場所を貸しているんだって。


お店をバックに神戸橋を渡る江ノ電、と 七高通り(七里ヶ浜高校前の坂)の向こうに江ノ電&海、のポストカードを購入。


b0358719_15200168.jpg


さて、おばちゃんのお店前を右折して歩くこと5分、ジモティに人気のお蕎麦屋さんへ。
お昼は「結(ゆい)」で。


b0358719_15124094.jpg



鴨汁つけそば。

b0358719_15162337.jpg


冬限定の「牡蠣そば」。

b0358719_15123113.jpg

ここ、美味しい。
蕎麦は北海道産、店内で打ってる。
太切りの田舎そばを食べにまた行こっと。



さ、そこそこ歩いたから、帰りは腰越駅から江ノ電に乗せてもらいましょ。

b0358719_19433853.jpg


隣の隣の駅が七里ヶ浜。

海側に出れば全国区の有名店もあるけど、七里ヶ浜駅前の飲食店はジミーな数軒のみ。



でも、そのうちの一軒、スペインバル「MORIMORI」は お気に入り。

b0358719_19533799.jpg


(別の日の夜だけど)マドリードのビール「マオウ」でスタート。

b0358719_19491005.jpg


「生牡蠣」。
この宮のタレを酸っぱくしたようなソースが合う!

b0358719_19481070.jpg


「鯖のスモークとポテサラのピンチョス」。
白ワインはアルバリーニョ主体の「フォルミーゴ」、ちょっと日本酒みたいな香り。

b0358719_19491686.jpg


「ニンニク丸揚げ」。
(これを剥くのは オット担当)

b0358719_13170824.jpg

「パン・コン・トマテ」。

b0358719_19492101.jpg


あっ、「カルソッツ」!

以前バルセロナに行ったとき 季節はずれで食べれなかった、冬のカタルーニャ名物。
カルソッツは料理名ではなく現地産白ネギの名称。丸ごと黒こげに焼いて、中身の熱々トロトロをいただく。
ここでは深谷ネギだけど、美味しかったー

b0358719_13155812.jpg


「魚介のフィデウア」、お焦げと闘う愉しみ。

b0358719_19463068.jpg


〆は「鎌クラーナ」、冷たいカタラーナ。

b0358719_19490468.jpg


ふぅ、満腹&満足。

b0358719_19593741.jpg


あれ?腰越walkだっけか。
ま、近いし。














おまけ nipo。




「イチゴ狩り、期待に応えますよ」
b0358719_20253155.jpg


「食べます」
b0358719_20203788.jpg


「食べます」
b0358719_20262220.jpg


「食べます」
b0358719_20212229.jpg


「止められても食べていたら、ここに突っ込まれました…」
b0358719_20220584.jpg

[PR]

by vicinoamare016 | 2018-02-20 22:38 | 鎌倉・腰越 | Comments(2)

Commented by おちゃ at 2018-02-22 20:14 x
ふむふむふむ。なんか自分のブログみたいに見えてきました。今度は上野、アキバ、アメ横あたりを書いて下さい(笑)。このお蕎麦やさん惹かれてるんですが、行ったことないんです。そうですか、おいしいですか。素晴らしい。いつか行かねばなりませぬ。
Commented by vicinoamare016 at 2018-02-23 08:12
> おちゃさん
「結(ゆい)」は おススメですよ。飲まない勇気があれば駐車場もあります。
ワタシのリポートなんぞ おちゃさんクオリティの足元にも及びませんが、細々と情報発信を続けていこうと思います、読者は10人ほどですが(笑)