人気ブログランキング |

"のりおりくん" を(脱線しつつ)使ってみた日

江ノ電の運賃って、さりげにお高め。
ま、それだけの魅力と諸事情に裏付けされる根拠はあるんだけどね。


b0358719_09092185.jpg


江ノ島電鉄謹製の卓上カレンダー右下に付いてくる "のりおりくん" チケット:いわゆる『一日乗車券』。


b0358719_19475273.jpg

鎌倉~藤沢間どの駅でも 何回でも、600円のこのチケットで一日中 乗り降り自由=沿線観光に便利でお得。

誰かにあげようと思ってたんだけど、あら、使用期限が近づいているじゃないの。

ではワタクシが600円以上の乗り降りにトライしましょ、ド平日に。



まず藤沢に出る(¥260 )。

b0358719_20021797.jpg


ここからいきなり "のりおりくん" 無関係なれど。。。

月に2回ほど通っている江戸の寺子屋(イタリア語レッスン)に行く日。

まず、小田急線快速急行新宿行き に乗るため駅の階段を駆け降りる。


b0358719_11222874.jpg


相模大野 or 新百合ヶ丘で急行に乗り換えて、経堂へ。
ここに先生のご自宅兼教室がある。


b0358719_17113983.jpg


テーマの脱線ついでに。。。


仕事を辞めた12年ほど前から始めて以来、辛くも続いているイタリア語。
数年前まではイタリア人講師のグループレッスンに通い、次々と検定なんぞも受けましたとさ。


b0358719_10193490.jpg
実力がピークだった頃の成果:旅行に困らない程度…



ま、長期現地滞在経験ナシでは、ワタクシにはこのあたりが限界だしぃ~、と開き直るも、辞めた途端に脳死確定なので、現在の先生(日本人女性)を頼っている次第。

イタリア語学習で壁にぶつかっている方、イタリア人講師と意思疎通に難儀している方にはピッタリの先生かと。



おっと、"のりおりくん" 。
電車の話題なのに "脱線" してばかり(汗)。


帰りも小田急線に揺られ、藤沢駅で江ノ電に乗り換え、七里ヶ浜駅下車(¥260 )。
これで 520円分。


いったん家に戻り、昨今めっきり外出が減ったシニア犬の光合成やら療養ご飯やら洗濯物取り込みを済ませる。

b0358719_10202802.jpg
今日はポカポカ、お外も心地よいぞよ



日が暮れてから再出動、由比ヶ浜駅へ(¥220)。

会社帰りのオットと待ち合わせて、お外ごはん。

b0358719_19463643.jpg


かつて長谷で人気を博した名店「ナディア」の女性シェフが、出産を経て移転、新たに開いた「Manna(マンナ)」。
旧店同様、連日リピーター客で賑わっている。


b0358719_19474552.jpg


昨年、世界を飛び回るオリーブオイルソムリエ Yちゃまが 渡米前に連れてきてくれて以来のファン。
夜は初めての訪問。

駅から由比ヶ浜通りに抜ける道沿いに佇む、一見フツーのおウチ風。


b0358719_19480510.jpg


まず、ハートランドとヴェルメンティーノ。
カウンターには常連さんらしき方々が。

b0358719_19473477.jpg


あー、A4に手書きでビッシリのメニューも撮ればよかったわ!
どれも魅力的で迷ってしまう。


b0358719_19485928.jpg
フォカッチャもおいひぃ


気になるメニューが多いので、メインをやめて皿数多めでいくことに。


「赤イカのソテー」。
レンズ豆とスペルト小麦がイカの出汁たっぷり吸ってるぅ。

b0358719_19485364.jpg


これまた撮りそびれたけれど、ボトルで白ワイン、アブルッツォのペコリーノ。


「ポロ葱のグラタン」。
このチーズソース、娘たちが悶絶しそうだわ。

b0358719_19484847.jpg


「穴子のグリル」。
色的に赤イカのとカブってる? でも、こちらは穴子がクリスピーで全く異なる味わい。


b0358719_19484320.jpg


「ムール貝のソースのパッケリ」。
これも、白いんげんがイイ仕事してる。

b0358719_19483176.jpg


「カラスミのショートパスタ」。
惜しげもなく降りかかってますな~

b0358719_19482614.jpg


ドルチェまで辿り着けるペース配分だったからね、ぐふ。
「カンノーリ」。


b0358719_19481459.jpg



「キンカンのコンポートにミルクジェラート(をのせてもらった♪)」。


b0358719_19481922.jpg



どれもハズレなし❤

イタリア料理店なんだけど、グリルを『ぐりりあ』とか ワイン煮込みを『ぶらざーと』とか スープを『ずっぱ』とか あえて現地っぽく呼ばないし、看板も『リストランテ』じゃなくて「レストラン」。

店の内外装もシンプル、お値段も良心的。
ほっそり小柄な体が創り出すパワフルで潔い料理に、遠くから訪れるファンも多いのも納得。

b0358719_09333157.jpg


ごちそうさまっ、また来よっと。





えーっと、"のりおりくん"。
帰りも、由比ヶ浜駅から七里ヶ浜駅まで乗って(¥220)。

・・・
おおっ!合計960円分 乗り降りコンプリート!












おまけ nipo。




「ポクも "のりおり" くん です」
b0358719_17204140.jpg



「自分で乗って、」
b0358719_17194627.jpg


「自分で降ります」
b0358719_17193328.jpg


「 "おにぎりくん" もできます」
b0358719_08010599.jpg



by vicinoamare016 | 2018-02-23 09:27 | 食(おそと) | Comments(0)