ぐらんま忙中 束の間の閑あり


ポクのロンバケ in kamakuraの途中だけど、ポク3泊ほど ぱぁぱの実家@横浜出張。

b0358719_10154092.jpg


じぃじ&ぐらんま、暫しの休憩をいただきまする。

b0358719_10140140.jpg
ポク用設備は そのままキープ





ワタクシ、そうでなくても細々継続中のイタリア語レッスンのため、久々の経堂へ。

同じ先生に習っているイタ友が(レッスンじゃないのに)駆け付けてくれるという僥倖!
飲みましょーーー


って、まだ16時半・・・

・・・でも開いてるスペインバル「トロンパ」。

b0358719_10163666.jpg


カウンターで立ち呑み。

まずはカヴァ。
強引に先生も呼んで "Brindiamo!"

b0358719_10281991.jpg


定番のタパスメニューを頼んで、食べる、喋る。。。


b0358719_10200989.jpg


美味しかったよ、どれも。

先生は まだお仕事があるのでここで退散、ワタクシたちは 白ワイン。

b0358719_10162321.jpg


経堂駅から徒歩5分ほど、農大通りを進んでちょいと脇道に入ったとこ。
レッスン帰りにフラフラっと立ち寄りそうな危険なロケーション、16時開店だし。


b0358719_10161392.jpg


でもね、立ち呑みカウンターでしょ、おばちゃんたちは座りたくなるわけさ。


すぐ近くの「炭火とワイン」に入ってみる。
ハイボールとソーセージとお肉で、食べ足らない分、喋り足らない分を補填。

話題は…、老後・お墓・親の介護・子供の将来・・・

b0358719_10202560.jpg

艶っぽいネタは皆無なれど、久々の おばちゃん同士トークで楽しかった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・




ところ変わって、超地元。
七里ガ浜のプロムナードも紫陽花がキレイですよ。


b0358719_10135111.jpg
奥のPacific Bakery、OZmagazineが派手に掲載して最近混んでる




ポク抜きでゆっくりディナーをいただきましょっと、「Ristorante Siva」へ。


連日 nipo(&妊婦)対応お疲れ様でっす!乾杯はモレッティ。

b0358719_10133818.jpg


Antipasto その1:カマスの冷燻 キュウリのソース

b0358719_10133027.jpg
枝豆、マイクロハーブ、黒オリーブのフレーク…


Antipasto その2: アジのライムマリネ

b0358719_10132454.jpg
さわやか~❤ 水ナスのお刺身も添えられて



ここからは、各お料理ごとにワインもグラスで合わせてもらってーーー



Antipasto その3 : イナダのたたき 茗荷と赤玉ねぎのベルガモットソース、ランブルスコで。

b0358719_10131817.jpg
きくらげ、ビーツも使ってる




Primo: 手打ちタリアテッレ サルシッチャのソース
合わせたのは バルベーラ100%のクレアルト、ピエモンテのワイン。

b0358719_10130352.jpg
ペコリーノチーズたっぷり




Secondo: メダイのスープ仕立て
よく冷えたバルドリーノのロゼ、合うねぇ。

b0358719_10125475.jpg
スープのお魚凝縮度がスゴイ




Secondo: 鶏もも肉のコンフィ
しっかりしたお味なので、ワインもしっかり目なバルバレスコを。

b0358719_10124770.jpg
敷いてあるレンズ豆もおいしー




Dolce: レモントルタとミルクのジェラート、とエスプレッソ。


b0358719_10115323.jpg


リストランテだけど内外装もサービスもカジュアル、海が見えるわけでもない、駅から近くもないのにディナータイムも遅くまで賑わってる。

だって、いい店だもの。
特にAntipastoたちが美しくて、もちろん美味しい。


b0358719_10131370.jpg


あ、シーヴァはヒンズー教ともキャットフードとも無関係。
シェフの名前が芝先さん。










おまけ nipo。

 
「戻ったら、またヨロシク!です」
b0358719_10152802.jpg

[PR]

by vicinoamare016 | 2018-06-19 12:05 | 食(おそと) | Comments(0)