Daily notes; 塩分過多…

鎌倉プリンホテルを左に 坂を下って行くと、空と海と江ノ電がお得なセットで現われる 七高通り。
近所で一番メディア登場頻度が高い名所かも。

b0358719_10545445.jpg



こちらに引越してからもうすぐ2年。

夕暮れにはこんな空が見えたり、

b0358719_11021378.jpg


まだ人の居ないパシフィック・ドライブインの朝も気持ちいい。

b0358719_10582754.jpg


でーもー、雨が強いと どこまでが海で空だかわからなくなる。

b0358719_10585765.jpg



海の近くへ住もうと決めたものの、津波や高潮は怖いし、突然の集中豪雨による洪水も怖いのでーーー

河川から少し離れ、海岸から登りで徒歩15分かかる土地に家を建てた。
(そりゃ 玄関開けたら2分で海、とかリビングから江ノ島が見える、ってな物件は財源的にもムリなんだけどね)


b0358719_10534872.jpg



そして、不動産屋さんや大工さんからは、台風時の塩害についてよく脅された。

「強い風を伴う台風が去ったら、即・真水!」


台風24号の翌日。

どこもかしこも塩分過多、車はもちろん物干しざおも窓ガラスもしょっぱい(味見したよ)し、バルコニーのフェンスには塩の結晶がキラキラしてるし。


慌てて横着して洗車機に突っ込もうとガソリンスタンドに行ってみたら、洗車待ちの長蛇の列。。。

しゃーない、自力で・・・ケルヒャー大活躍。

b0358719_10521201.jpg
2台同時にシュワシュワワーっ



移住初年度も何度か台風の影響はあって、塩っぽくなったり、細かい飛び砂が溜まったりしたことがあり、数カ月に一度は放水していたけど、今回は ガチ・モード。

今まで届かなかった家屋の反対側用に、ケルヒャーの延長ホースも購入。

b0358719_10514242.jpg


*ケルヒャー噴射の注意点:水霧が広範囲に飛ぶので、ご近所が洗濯物を干す前に済ませること。かつ 高水圧にするためのモーター音も結構大きいので、早朝すぎてもNG。


なんとか、なんとなく、塩分調整できた気がする。

けれどーーー

今回の海水巻き上げ強風で傷められた木々の葉っぱが深刻。

これから、鎌倉の秋を彩る予定のサクラ、イチョウ、カエデなどの広葉樹は カサカサになって葉を落としてしまった。。。

b0358719_10505212.jpg
左は若宮大路のサクラ、右端は我が庭のサルスベリ



一方、潮風と共存できるタイプのオリーブ、ミモザ、松や杉類は緑があざやかなまま。

b0358719_10502395.jpg


そして、なぜか元気過ぎるハイビスカス…そろそろ秋っぽい寄せ植えでも飾ろうかな、と思うんだけど。



そんなある日(どんなやねん)。


突如旧友から、鎌倉に用事がある、と連絡が。

んじゃ、その前にランチでも:小町通りをちょっと横道に入った和食「楠の木」へ。

b0358719_10472280.jpg


表通りの喧騒から逃れるような一軒家レストラン。
広く落ち着いた設えの店内。

b0358719_10482295.jpg


夜は食事後にバーカウンターに移動してもいいし、昼でもアラカルトが頼めて色んな使い方ができそう。

この日は あまり時間もなかったのでお手軽ランチを。

小鉢や小皿にちょこちょこと可愛く盛られてて、〆はご飯かお蕎麦が選べるセット。

b0358719_10465206.jpg


ワタシはコーヒーにしたけれど、ティーを頼むとサンプルを嗅いで気に入ったのをどうぞ、といかにも婦女子が喜びそうな展開も。

b0358719_10462272.jpg


今の季節はテラス席もいいね。

b0358719_10475264.jpg


で、その旧友の用事とは、稲村ヶ崎の丘の上の知人マダム宅にお呼ばれだそうで、送り届けたワタシも「お茶でもどうぞ」と招き入れられ・・・


ひょ~、なんとキッチンからリビングからお庭から 富士山と江の島が並んで望める!!!


b0358719_10493968.jpg
逆光タイムなので スゴさが分かりにくいけど


そのマダムも「こないだの台風でサクラもブーゲンビリアも豆もトマトも全滅なのよ」と嘆いていた。

と、まぁ いきなり小町のご飯ネタに脱線したと思わせといて、台風&塩害に戻る。

血圧高めで月に一度お医者さん通いしているワタクシ、塩分摂りすぎると叱られるし。
もう長いこと艶聞とは 無塩、いや無縁だけど。









おまけ nipotini。




「牧場に来ています」
b0358719_14441456.jpg


「丸焼きではなく、手造りバターに挑戦します」
b0358719_09253003.jpg



「材料は新鮮なミルクだけ。ひたすら撹拌します」
b0358719_09262329.jpg


「確犯(確信犯)は得意ですが、撹拌は疲れますね」
b0358719_09265370.jpg



「完成!最後に加える塩加減は大事です」
b0358719_09274036.jpg



「塩分過多はいけませんが、糖分の摂り過ぎも要注意」
b0358719_09541887.jpg



「あたち、塩分も糖分も母乳だけでこのボディを維持しておりますの」
b0358719_11122033.jpg








[PR]

by vicinoamare016 | 2018-10-09 15:16 | 日常の記録 | Comments(4)

Commented by pompelmo-24 at 2018-10-09 15:36
おお!また1つ九十九里移住に障害が!塩害は知ってたけど、vicinoalmareさん邸あたりでもそんな感じなのねー。まぁvicinoゆうくらいやもんねぇ。 お孫さま、ますますお可愛らしいわ~🎵
Commented by vicinoamare016 at 2018-10-10 08:15
> pompelmo-24さん
ぜひ、pomちゃまも プチ移住仲間になって~
九十九里は 思いっきり太平洋に面してるから、もっとダイレクトに海近を実感できるんじゃないかと:良さも怖さも。サーフィンしたい人なら、外房の波の方がおススメ!
Commented by おちゃ at 2018-10-11 06:23 x
塩分過多生活も2年が無事過ぎたとのこと、おめでとうございます。台風の後、葉が茶色くない早めに落ちてしまうというのはよくありますねー。我が家のシマトネリコ、カエデ、ウルフアイも、先週葉が大量に落ちてしまいました。我が家の庭ではカエデの紅葉を見たことがありません。カエデは葉が落ちてしまうと、自分でこりゃいかん!と思うらしく、11月や12月あたりから新しい葉を出し、その小さい葉がそのまま紅葉してしまう健気なというか気の毒なことが良く見られます。塩まみれの生活は植物にとって厳しいものですね。

リーサルウェポンさん、糖分過多には気をつけましょうね。
Commented by vicinoamare016 at 2018-10-12 08:18
> おちゃさん
おおー、さすが七里ガ浜先輩(笑)! 塩分との共存生活に慣れてらっしゃる。シマトネリコなんて強そうですが、塩には負けちゃうんですね。
でも、いつもお庭をマメにお手入れされている おちゃさんはエライ。我が家は…、近々庭師さんに来てもらおうっと。