人気ブログランキング |

四川料理ちゃいまんねん、ちゃーまーえん!

このへんで中華料理といえば。

葉山「海狼」、今小路「かかん」、長谷「華正楼」、予約の取れない店「イチリンハナレ」(行ったことないけど)くらいしか思いつかない。

で、湘南在住歴の長い知人にヒアリングしたところ、藤沢の「中国旬菜・茶馬燕(ちゃーまーえん)」をおススメされたのでーーー


ーーー夕刻、改装工事が完了した小田急百貨店でオットと待ち合わせて、行きましょ。


b0358719_12593281.jpg



「中国旬菜 茶馬燕(ちゃーまーえん)」、南口から徒歩3分くらい。


花椒や辣椒を駆使した刺激系メニューが美味しい、と聞いていたので四川料理と思いきや、それだけではない。

b0358719_12584927.jpg


でもま、手始めに自家製ザーサイと香辣フライドポテト、あえての瓶ビールをいただきつつ メニューを詮議。

b0358719_13015980.jpg
大人味のポテト、ビールと相性抜群


なるほど、唐辛子マーク付のお料理が多い。

気になるワードが並ぶ黒板の手書き…猛毒豆腐:フグの卵巣の麻婆豆腐?!
即死感ある響きだけど、ぬか漬けにするなど発酵処理を経れば毒が抜け、超絶美味な食材になるらしい。。。たしかに大分や金沢では食べるもんねぇ。

あー、でも今日はパス(汗)

b0358719_13121446.jpg


ではまず、ウィグルギョーザ:一見フツーだけど、具は羊とパクチーなのでまったく別物。
好みが分かれる潔い組み合わせ、ワタクシたちは大好きな味。


b0358719_12590946.jpg


マコモダケのサクサク唐辛子炒め:もともとマコモダケらぶ❤。ナッツと素揚げしたサクサク唐辛子(殆ど辛くない)の歯応え、素材の組み合わせ抜群。


b0358719_12592301.jpg



和牛ロースと古漬け菜、豆腐の山椒オイル煮:土鍋でグツグツ供される。夜は炭水化物控えめなはずのオットも、お店の中心でライス!を叫ぶ。


b0358719_12591811.jpg


中国黒酢の辛味と酸味のスープそば:要するに酸辣湯麺。担々麺、麻辣麺との3択で迷いに迷った末。まろやかでコクのある酸っぱさ❤


b0358719_13131762.jpg

メニューに付いてる唐辛子マークの数に警戒しながら頼んだけれど、割と平気。
そしてどれも美味しい。

誰でも好きな定番味の麻婆豆腐や担々麺も常備しつつ、薬膳・発酵食材を多用した料理や少数民族系中華など、興味津津のラインアップ。


シェフの中村氏は、湘南T-SITEでお料理レッスンもされているとか。

b0358719_13064295.jpg


まだまだ挑戦してみたいお料理があるので、胃袋勇者とともに再訪したいお店。


b0358719_18142111.jpg










おまけ nipotina。




「好みの殿方には積極的にアプローチしますの」
b0358719_10052330.jpg


「でも女子に絡まれるのは…、苦手ですわ」
b0358719_10053166.jpg

by vicinoamare016 | 2019-04-12 10:18 | 食(おそと) | Comments(0)