そうだ、虹(kou)に行こう

七里ガ浜住宅街の稲村ヶ崎寄りにある、昼と夜 各3組まで限定という和食店。
前から気になっていたものの予約が取れず、延び延びになっていたのが ついに実現♪


お店は シェフご夫妻のご自宅、目印はポストの上のこのタイルだけ。「虹 - Kou」。

b0358719_16262837.jpg


外観も玄関も廊下もごくフツーの一軒家、一階に3組まで迎えられるテーブルを設えてある。

b0358719_16255042.jpg


この日ワタクシたちは一番奥、厨房のカウンター前だったので、シェフとの会話も楽しめた。

b0358719_16265526.jpg
静かにお食事したいお客様は玄関寄りのスペースで



ハートランドでスタート。

b0358719_16255882.jpg


「季節の小鉢色々」
あん肝、ナマコ、鯨ベーコン、松前漬、百合根きんとん、牡蠣オイル漬、ししゃも昆布巻&たたきゴボウ、芹のおひたし。

b0358719_16254395.jpg
ちょっとだけお正月感を盛り込んで



海老名の山田錦!しかも安政創業の蔵が造る「いづみ橋」。

b0358719_16271178.jpg


「淀大根の酒粕汁」
焼き鮭、金時人参、そして白子がパイルダーON!

b0358719_16272129.jpg



「割鮮」
左から、津軽の鮃、舞鶴産の寒鰤、クエ。
山葵がまた美味しくて、オットがちまちま舐めつつお酒飲んでたら、シェフが別皿に山葵だけ出してくれた(笑)

b0358719_16262209.jpg


佐渡のお酒「至」。
備前焼の徳利、いいねー

b0358719_16253079.jpg


自家製、フグ(左)とイワシのへしこを干してスライスしたもの。

b0358719_16275125.jpg


「焼物」
炭火でじっくり炙られた毛蟹を、いくらご飯と酢橘で。

b0358719_16253797.jpg


からすみのサービスがカットイン、これも自家製。

b0358719_16271613.jpg


うーん、こりゃもう一合頼んじゃう。
越後の辛口「夢」。

b0358719_16252438.jpg



「温物 芋棒」
海老“芋”、“棒”ダラ、生麩、慈姑、菜の花。

b0358719_16274454.jpg


「穴子めし」は土鍋で登場。
ご飯のお伴セットも豪華、最後は出汁茶漬けで〆。

b0358719_16280883.jpg
食べきれなかった穴子めしはお土産に



別腹デザートは「甘酒とほうじ茶のティラミス」。

b0358719_16273632.jpg


ごちそうさま、どれもこれも大変美味しゅうございました。
ご夫婦(シェフと奥さま)に玄関の外まで見送っていただき、満腹&満足&ほろ酔いでテクテクと帰宅。

お庭の花が咲く頃、また来ましょっと。

b0358719_16280306.jpg



店名の「虹」は、大正~昭和にかけて活躍した挿絵画家であるシェフのお祖父様:蕗谷虹児氏から。


b0358719_16273158.jpg
大正ロマンの美少女文化を牽引したイラストレーター


# by vicinoamare016 | 2019-01-15 10:22 | 食(おそと) | Comments(2)

2018~09 年末年始summing-up 後篇

前記事からの続き、的な。


母も登場し、常時サザエさんち状態に突入(時々アナゴさんや中島くんたちも出入りする)。
ってことはワタクシ、磯野フネ…?


賑やかし隊長の多忙な日々。

b0358719_13212878.jpg
ミッキーパンケーキやトミカグミ制作、噂のHamley's横浜にも




母は助手席、3列めはチャイルドシート、その他大人は2列めにギュっと収納されて、お出かけ。


b0358719_13083976.jpg


この日は小田原、鈴廣えんたーてぃんめんとコンプレックスへ行ってみる。

b0358719_13070566.jpg
かまぼこトミカもあるのね…



蒲鉾作り体験のできる博物館や 大きなお土産市場、本格的な和食処などが並ぶ一大鈴廣エリア。
80歳差のゲストを一か所で遊ばせられるスポットってありがたい。

b0358719_13071286.jpg


お昼は敷地内にある「えれんなごっそ」というレストラン。
ビュッフェ・スタイルにしては なかなかのクオリティで、もちろん練り物を使ったメニュー充実。




母オンリーのお相手の日は、映画なんぞ。

b0358719_13555592.jpg


そのころポクは、実り多いクリスマスを祈願して、クリスマスツリーに柏手パンパンっ(笑)

b0358719_13072065.jpg



クリスマス宴会用、シフォンケーキにクリームとイチゴを飾るのがポクの役目。

b0358719_13211527.jpg
うぐっ、自分で作る喜び…



メインはロースト・ターキーとフェデウア。
ポルトガルのドゥーロ・ワインで。

b0358719_13204774.jpg



今回のターキー、ちょっと大きめの4㎏超え。
もうひと回り大きかったらオーブンに入らなかったわ(汗)

b0358719_13073659.jpg
右:オーブンには入らない8㎏超



年々、切り分けテクが上達しているムコ殿(若い方)。

b0358719_13210746.jpg


なぜかプラレールはやぶさキャンドルが寄りそうケーキと、生クリームが苦手な二女用モンペッシェ・ミニヨンのタルト・オー・ポム。

b0358719_13203806.jpg
お馴染み、生ハム脚も❤





プレゼント交換タイム。

ポクは、あちこちのツリーに柏手打ってきたご利益あって?車両基地に変身するスーパービッグドクターイエロー+高速走行可能なスーパースピードドクターイエロー(舌噛むわっ)をセットでゲット!


b0358719_13205530.jpg
家来(=ぱぁぱ)が線路敷設



サンタさん(笑)には、N700系アドヴァンスドシューズをいただく。

b0358719_13073011.jpg
ステップするたびに光るぜ




クリスマス騒ぎが過ぎ大晦日になると、ウチに来たら全くキッチンに立たないゴッドマザーがおせち作りを仕切り出す。
御煮しめ=母、栗きんとん=ワタクシ、田作り/たたきゴボウ=長女、なます=二女…で大量に作り、長女二女それぞれのムコ殿の実家に持たせるのがいつしか恒例に。

b0358719_13074205.jpg
他にも 海老、ブリ、数の子、黒豆、紅白蒲鉾かな



そう、いちお娘たちは嫁に出した側なので、孫も含め 各ムコ殿のご実家で年越し。



なのでワタクシたち+母は、静かな元旦。
とはいえ一日中家にいるのもねぇ。。。とドライブ。


三浦半島のあっち側、観音崎方面へ。

観音崎京急ホテルのティールームから、房総半島がよく見える。

b0358719_13234271.jpg



帰り道、車窓から見た初サンセット@材木座。

b0358719_13224752.jpg
海岸には、夕陽の写メを撮る人がいーっぱい




長閑な元旦の翌日はまたサザエさんちに逆戻り。

義父母も参加しての新年会は11人。
人数は許容範囲でも、好き嫌いの多い4世代全てに対応するメニューって限られるしぃ。

b0358719_14022827.jpg
かなりな量と皿数を作ったはずが、写真はこれだけ。。。



でも、このメンツが揃って会食する機会、今後は難しくなりそう。。。


b0358719_10083655.jpg


さて、まだある、お集まり系。

あたち、生後6カ月のこの日『ハーフ・バースディ』。
ムコ殿のお母様=もう一人のぐらんまをお招きして。

100日は帰省できず皆でお祝いしそびれたから、お宮参りで森戸神社から拝受した食器セットで『お食い初め』も兼ねる。

b0358719_13241119.jpg
お赤飯は土鍋で炊いたけど、正月明けたばかりで尾頭鯛調達できず(涙)




「おめでとー❤ にぃに(=ポク)も心から祝福してるよ~❤」
b0358719_15304474.jpg



「ちょ、お兄様っ(怒)」
b0358719_15303770.jpg

兄の愛は ウザ 重過ぎるのでしょうか…

・・・・・・・


やっと熊本勢が機上の人々となった日。


ついこないだ引越した二女の新居を視察したいという母を乗せて東京へ。

懐かしい中目黒に寄って、八幡神社で初詣。

b0358719_13233486.jpg
ランチには三宝亭の全とろ麻婆麺を所望する母



新居拝見の後は 東京タワーや銀座等、母の好きなエリアを通り、レインボーブリッジを渡って帰る。

b0358719_13243229.jpg


翌日、その母も新幹線で帰路に。

なんだかもっと色んなトコ、モノ、コトがあったんだけど…
とにかく誰も医者にかかることなく、トラブルもなく解散の日を迎えられてひと安心。

いつも刺激と笑いをありがとうね。



「また来ますよ、身体鍛えて待ってて下さいよ」
b0358719_13223852.jpg



かくして、約一ヶ月ぶりに オットとワタクシだけの日常に戻った我が家。

フレディーでも観よ(聴こ)っと。

b0358719_13243931.jpg



有用情報無し&イケてない画像(特に料理とかね)ばかりの、まったくもって近親者向けの記事が続き失礼しました。

懲りずに本年もよろしくお願いいたします。


# by vicinoamare016 | 2019-01-13 11:03 | 年末年始 | Comments(0)

2018~09 年末年始 summing-up 前篇

12月初旬から年明けまで…、いた。



「湘南新宿ラインTシャツを着こなすポク」
b0358719_11431604.jpg



憧れの鉄道博物館へ!

b0358719_11444314.jpg


「なんせ大宮は遠くてねぇ、前泊して出直したいです」
b0358719_11445294.jpg



「お兄様(お母様)が身軽に動けるよう、この日はお留守番」
b0358719_11455070.jpg
母乳100%だけど、お留守番時のミルクも❤



以前から気になっていた『空飛ぶペンギン』を観に池袋へ。


「個人的にはグリーンイグアナの方がツボでした」
b0358719_12560477.jpg


その頃、ぐらんまは 「ピッツェリア・ディーノ」でイタ語レッスン仲間と忘年会。

b0358719_11450796.jpg
初めて降り立った千歳烏山、の人気店



こちら、アマルフィ出身のDinoさん。

b0358719_11490620.jpg


んで、池袋からまぁまとその一味が乗車しているライナーに新宿から合流、藤沢まで一緒に帰る。

b0358719_12545178.jpg


「毎日電車乗って遠出してるわけではありません。
楓幼稚園プレクラスにも参加していますよ」
b0358719_11450138.jpg
自家用三輪車で出勤することも



「お兄様が出勤中は、まぁまのスイーツ道楽に同行させられる あたち」
b0358719_12591158.jpg
改装後の紅谷カフェにて



「離乳食が始まってますのよ、そのうちまぁまのスイーツ道楽にご一緒しますわ」
b0358719_11492193.jpg



「横須賀線、東海道線、江ノ電…、車窓からの景色には飽きません」
b0358719_11451359.jpg


「爆睡してしまうこともありますけどね」
b0358719_11455720.jpg



最近は、一緒にテレビを観ることもあります。

b0358719_11464192.jpg

「ちょっとーお兄様っ、前に立ったら見えませんけどぉ」
b0358719_11465424.jpg



「お兄様の愛は ありがたいとは思いますけれども」
b0358719_11480529.jpg



「時々ウザい圧が強すぎるので、寝たフリ」
b0358719_11481600.jpg


「だからぁ・・・(怒)」
b0358719_11484363.jpg


「寝たフリ」
b0358719_11484841.jpg


「死んだフリ」
b0358719_13024014.jpg


…ってなある日、ぐらんまインターミッションも兼ね、ぱぁぱ側実家へ数日疎開。

その間を利用し、ワタクシたちは一路西宮へ。

b0358719_11434295.jpg


父のお見舞いと、母を鎌倉に連行してくるため。

母への貢ぎ物は、大好物の せいこ蟹。
とーっても喜んでもらえましたよ。

b0358719_11441666.jpg



はい、ゴッドマザー登場。

b0358719_11433676.jpg
新婚の頃、父が撮った写真



以下次号・・・



# by vicinoamare016 | 2019-01-09 13:59 | 年末 | Comments(0)

リーサルウェポンズ搬送アテンド熊本往復

師走ムード増し増しのある日、熊本に行ってきた。

年末年始を挟んで約一ヶ月こちらに滞在する長女(とその一味)を運ぶヘルプが主な役目。
ウェポン2基に増えちゃったので、製造元一人では ちと手に余るかな、と。


往きはANA。

b0358719_11251503.jpg
ちょうど期限切れそうなマイルがあったし



離陸してしまえば90分足らずのフライト、熊本空港の滑走路。

b0358719_11253264.jpg

b0358719_11255107.jpg



観光に連れてってもらうつもりではなかったけれど、翌日は ぱぁぱも有休とってくれてドライブへ。

b0358719_11401788.jpg



一度行ってみたかった 高千穂峡。
意外と熊本からは近く、高速道路を使わなくても南阿蘇経由で日帰り可能。

b0358719_11260857.jpg


ポク帯同なので、鉄道系観光スポットは外せない。。。

延岡~高千穂間50kmを結んでいたが、2005年の台風で橋梁が流失、復旧断念とともに廃線が決定したが、2008年に観光電車「あまてらす鉄道」として訪れる人を楽しませている。

b0358719_11402592.jpg



こちらはホンモノのTR202。
動態保存されているので、予約すれば(お一人様10,000円)運転体験も。

b0358719_11400366.jpg


で、レギュラー運行しているのはこちら。
2500ccのディーゼルエンジンで引っ張る30人乗り。

b0358719_14413846.jpg
HPより拝借



ポク、興奮。
あたち、寒っ。

b0358719_11403825.jpg

現役運行当時の駅も残ってて。

b0358719_11405119.jpg



紅葉は殆ど終わっていたけれど、360℃パノラマ(だって屋根ないし)!

b0358719_11404445.jpg

突き当たり→折り返し。

b0358719_11405802.jpg



地上105mを誇る高千穂鉄橋の上で停止。
床もガラス張りになっていて、高さを実感(冷や汗)。

b0358719_13521016.jpg


駅舎の奥には、懐かし鉄な方々向けな展示も。

b0358719_11382799.jpg

電車好きだけではなく、高所やパノラマ景色好きにもおススメ。
ただし、この日の陽気でギリギリかな、真冬はダウン着用必至。




さて、満を持して高千穂峡へ。


車は置いて、五ヶ瀬川沿いの遊歩道に出ると、まず迎えてくれるのがこの三段橋。
同じ渓谷で3本のアーチ橋が見える珍しいスポット。

b0358719_11412884.jpg
低い順に、神橋、高千穂大橋、神都高千穂大橋



数十万年単位で4度に渡る阿蘇火山活動で噴出した火砕流と浸食の繰り返しが成した見事な柱状節理。
高いところでは100mの断崖や V字渓谷が東西約7kmも続いている。

b0358719_11390615.jpg

パワースポットだのスピリチャルなんとかにはあまり萌えないワタクシだけど、このレベルになると神様や仙人や鬼が見え隠れしても納得しそう。

b0358719_11291874.jpg

空の色、水の色、木々の色、苔の色、そしてそれらの織りなす匂いと音。
観るだけではない、体感できるところだわ~

b0358719_11381914.jpg


そう、高千穂の神話といえば「天岩戸」。
かの天照大神が引きこもったために世界が闇に閉ざされてしまい、なんとか出てきてもらおうと八百万の神々が画策する…。

道の駅には、天岩戸を開ける使命を果たした手力男命(たぢからをのみこと)と天宇受売命(あまのうずめのみこと)の巨大な石造。

b0358719_11381199.jpg
ウズメが踊ってアマテラスが覗いたところをダヂカラヲがぐいっとこじ開けた



お参りもしておきましょ。

b0358719_11413586.jpg


神社の奥には天岩戸と伝わる場所もあり、禰宜が案内してくれるけれど神域なので撮影はNG。


b0358719_11414120.jpg



気分は日本書紀の時代になりつつあったところ、境内のお掃除はケルヒャー噴射しまくり(笑)

b0358719_13524617.jpg


面白かった、高千穂。
天岩戸に限らず、「天孫降臨」でも知られる神話伝承のメッカだし、予習し直して再訪してみたいな。




そして翌日。
熊本県は御船町にやってきた。


b0358719_13541146.jpg



豊かな田畑に囲まれたこの町に、ちょっとした恐竜博物館があるのだ。


b0358719_13571169.jpg
実物大ティラノさん



1979年に肉食恐竜「ミフネリュウ」の化石が発見されて、そのスジではちょっと有名。


b0358719_13543352.jpg


小規模ながら、なかなかのクオリティの展示。

b0358719_13544854.jpg

熊本大地震で大きな被害を受けた益城郡エリア。
町おこしや復興にも一役買っている恐竜たち。

b0358719_13535371.jpg


そしてこちら、熊本中心部。
県民心のランドマーク、熊本城は着々と修復が進んでいる。

b0358719_13542160.jpg
雨だったので見えにくいけど




この日は、街中でランチ「トラットリア ROSSO」。


b0358719_13555631.jpg


ウェポン連れなので開店と同時に入ってコーナー席で。

枝豆とツナのサラダ、レモンのピッツァ、パスタの上にはマスカルポーネがど~ん、ドルチェとカッフェも付いて1600円?

なんちゅーコスパの高さ!

b0358719_13503962.jpg

ごちそうさま、美味しかったね。
12時になると一気に周辺ビジネスパーソンたちで席が埋まる人気店。


b0358719_10545552.jpg


熊本ビジネスディストリクト&地元マダム御用達鶴屋百貨店。

b0358719_13552979.jpg


さぁ、そんなこんなで鎌倉に向けて発つ日。

b0358719_14305467.jpg


積みこまれる前のポク、空港で束の間グッドラックごっこ。

b0358719_14311013.jpg

リーサルウェポンズ輸送機はいつもJAL。
なので、ワタクシも帰りはJAL。

b0358719_13564442.jpg
無事到着。。。




ポク「大人たちは 後発の小型機種を好む傾向がありますが、1号機もお忘れなく」
b0358719_14355614.jpg


little せくしー bomb
b0358719_14295359.jpg







# by vicinoamare016 | 2018-12-18 11:28 | おでかけ | Comments(0)

Daily notes: 次女、都内回帰迎撃前の静けさ

二女夫妻の新居が完成。

b0358719_09423394.jpg



オットとワタクシも出動して、預かっていた荷物を運搬。
孫にも、後期高齢者にも、居候の荷物にも、何かと活躍3列シート。

b0358719_09434657.jpg


久々に都心を走る。
おーっ、東京タワーがデカいわ。

b0358719_09300357.jpg
あ、六本木に引越したわけではありません



お預かりしていたお猫サマも、都民に復帰すべくキャリーバッグに in。

b0358719_09321840.jpg


鋭意、荷ほどき中。
と、ファンヒーター前から動かないお猫サマ(と全く遊ばないネコじゃらし)。

b0358719_08583005.jpg

エアコン工事を監視。

b0358719_09301996.jpg


ニュートイレを試して。

b0358719_10115817.jpg


キッチンカウンターで ご飯の催促。

b0358719_10115362.jpg

いつものベッドでくつろぐ。
超絶適応力。。。

b0358719_10120403.jpg



一戸建てと申しましても、いわゆる都会の狭小住宅。
こんな屋根裏収納がありがたい。

b0358719_08572614.jpg

東京都民に戻って行ったけれど、カーテンは鎌倉スワニーでオーダー。

b0358719_16450291.jpg


新旧鎌倉マダムに愛される生地屋さんで、独特のセンスと品揃え。

b0358719_16445183.jpg


とりわけ南欧風プリントが豊富で、まさに二女のツボってわけ。

b0358719_16445769.jpg


仕上がって設置したら、見に行くわ。

夫婦力合わせて、人の集まる楽しいおウチにして下さい。
(ローン返済もがんばってね~)





初夏からの長女(とその一味)滞在~二女(と猫)を経て、オットと二人暮らしに戻ったわ。


ちょっとリセット的お一人様なある日。


七高通り下の踏切では、三脚設置で江ノ電を待ち構える人が。

b0358719_08401487.jpg

ワタクシは、海沿いをひゅーんと(制限速度で)横須賀方面に。
まず長者ヶ崎のビュウスポット。

b0358719_08564848.jpg

気持ち良いわ~
うっすら江の島が見える、今日は富士山はダメね。

b0358719_08534205.jpg


位置関係は こんな感じ。

b0358719_08530115.jpg

ここから先は横須賀市。

b0358719_08512558.jpg


もすこし先に進むと、立石公園というこれまたビュウスポット。
岩場や小さな島が無い七里ヶ浜周辺とは異なる海岸の景色。

b0358719_08423508.jpg


あの出っ張りの先は三浦方面。

b0358719_08490829.jpg


立石公園駐車場に面して建つレストラン「Don」。
テラスから夕陽を観ながらのお食事で人気、まだ行ってないけど。

b0358719_08501030.jpg

12月にしては暖かい、穏やかなお昼どき。

b0358719_08493302.jpg



お腹が空いたので、ランチを。

逗子に戻って、イタリア好きから教えてもらった「Bla on the beach:ブラ・オン・ザ・ビーチ」。

b0358719_08422428.jpg


ブラ、はイタリア北部にあるスローフード発祥の地名。
シェフは小田原の江之浦というところでレモン農園を持っていて、料理にも自慢のレモンがたっぷり使われている。

b0358719_08384278.jpg
お野菜ももちろん自家製、レモンウォーター美味し♪



手打ちのタリアテッレでレモンとオリーブとツナのトマトクリーム。
レモンの練り込まれたパスタ、ソースにも色んな野菜が溶けあっていて噛めば噛むほど…な味わい。

b0358719_08413746.jpg


実は看板にもあるように生牡蠣も自慢らしく、夜にオイスターバーとして訪れてみたいけど、農家の仕事が忙しいので、夜の営業は土曜だけ。

b0358719_08410437.jpg


シェフとの会話も楽しかったし、また来たいな。
ごちそうさま。



あ~、なかなか良いお一人様リフレッシュ。

こういう日、年明けまでは無さそうだしね…空襲警報が聞こえてきてるんだもの。。。







おまけ nipotini。




「そろそろ鎌倉攻め冬の陣ですね」
b0358719_08271032.jpg



「今回は新兵器も投入です」
b0358719_09503381.jpg



「あたち?」
b0358719_08291456.jpg


「未知なる戦闘力を秘めていますの」
b0358719_09013978.jpg
“噛み技” 進化中…


# by vicinoamare016 | 2018-12-04 11:00 | 日常の記録 | Comments(0)