京都のお酒ミニ講座

猫雑貨の続きではありませんよ。

b0358719_13363501.jpg



洛中にて Since 1893、佐々木酒造の社長(俳優・佐々木蔵之介氏の弟)による 日本酒ミニ講座に参加。

京都のお酒といえば 南部の伏見が有名だけれど、佐々木酒造は二条城のすぐ北側。旧京都市中で現在も蔵元を続けているのはここだけ。

b0358719_13263953.jpg


お酒の講座?というと、この料理が大吟醸のポテンシャルを引き出す、とか、素材同士の洗練されたアッビナメントが、なんていう『日本酒ソムリエによる利き酒セミナー』企画が多い昨今、こじゃれフードもイキったソムリエも無し。

醸造課程の説明や京都のお酒の歴史や現状など、正味でタメになるお話がメイン。

滋賀県民が京都府民に「琵琶湖の水 止めたろかっ」って言うキメゼリフがあるけど、実は京都は地下水脈が豊富で、京都盆地の下には琵琶湖の水量の8割近い良質の水が蓄えられているから、平気なんだって。

b0358719_11050905.jpg


銘酒の産地に良い水が不可欠なのは当然、そして良質の米…あれ? 京都およびその界隈って米どころのイメージはなくーーー

だって“都”だもん、米は年貢などで全国から集まってくるんだわ。
室町時代以降、幕府も酒造を奨励し、現在でも灘に次ぐ全国第二位の生産量を誇るのが京都。


b0358719_11051751.jpg
フラッグシップの純米大吟醸は、秀吉邸「聚楽第」敷地内に蔵があることに由来



酒米の銘柄や特徴、食米との違い、主力酵母「京の琴」などについても教わる。

ブランド酒米の代表・山田錦を大吟醸用に 38%にまで精米したもの↓。

b0358719_13263036.jpg


吸水させて、蒸して、冷まして、酵母を培養、タンクに入れて、40日ほど醗酵、もろみ搾り…
お酒が出てきたっ! 杜氏による利き猪口チェック。


どうも日本酒って飲み過ぎると翌日ツラくなる印象が強いんだけど、やっぱ美味しいよねぇ。
乾杯は泡モノ、食事のお伴にワイン、旨い日本酒には おかずもおつまみも不要(個人の感想です)。

b0358719_13262451.jpg


かつては洛中の方が盛んだった酒造り(室町中期は300軒、明治初期でも130軒)。
江戸をはじめ他地域での需要が増えるにつれ、水路に恵まれていた伏見がじわじわ逆転(現在、伏見は大手20軒)、ロジスティクスって重要。

b0358719_11051371.jpg
社長の佐々木晃氏(三男坊)


清酒の生産量は昭和47年頃がピーク。
日本人が嗜むお酒の種類は増え続け、今やその消費は70%も減少している中「京都の商売は続けることも大事」だと。


会社概要に、『従業員数:29名(ネコ含む)』と記すほど、全社的にネコ好きな職場、らしい。

b0358719_11050339.jpg


自社商品の過剰アピールもなく、社長のトークも軽妙で好感度高し。
面白く、タメになる時間。うん、行ってよかった。

b0358719_11173197.jpg









おまけ nipotino。



「お酒は 20歳になってから。なので、ウルトラマンゼリーを作ります」
b0358719_11211774.jpg


「まぜまぜ…。段仕込みも、もろみ抽出も不要です」
b0358719_11212724.jpg


「ウルトラマン、ゼットンには負けちゃうんですけどね」
b0358719_11215012.jpg














[PR]

by vicinoamare016 | 2018-11-08 11:48 | おでかけ | Comments(0)

オットhappybirthday温泉 - 2

前記事の続き。


一夜明けて、窓いっぱいの緑… 雨だけど(悲)

b0358719_10364054.jpg

ま、とりあえずもう一度、立ち湯で朝風呂。


の後は、朝ごはん。
館内の和食レストランへ。

b0358719_10370625.jpg



高い天井、落ち着いたトーンの広々とした空間。
こんなに宿泊客がいたの?!と思えるほど どんどん席が埋まっていく。

b0358719_10370165.jpg



これに、焼き魚、だし巻き玉子、とろろ、具だくさんお味噌汁。。。


b0358719_10372403.jpg


コーヒーを片手に窓外を恨めしげに眺めていると、オットが「雨が強くなってきたから、この周辺の狭い山道だけ早く下りきりたいね」と。
たしかにねぇ、けっこうなDjobi Djoba 雨。川沿いだし。


b0358719_10371780.jpg


思うことは同じらしく、まだ9時台なのにチェックアウトを急ぐ人たちが続々と。


もう少しゆっくり滞在したかったけれど。
お世話さま、いいお宿でした。

b0358719_15520953.jpg



安曇野か美ヶ原高原を周ってから・・・、と昨日まで思ってたけど、天気がねぇ。
せめて松本城見学を。


山を下りて松本市街に入ると、少し小雨に。



お~、見えてきたぁ♪
風格漂う黒い城は、現存する日本最古の五重天守を持つ国宝。

b0358719_10374239.jpg



ん? 立派なお城には著名な城主や武将がセットで連想されるけれど、松本城ゆかりのスターって…思い浮かばない。

城主が何度も変わってるからね。

b0358719_10453071.jpg


そんなハテナ?を抱く人向けに、入口にはこんな表示。


b0358719_10571806.jpg



では、黒門をくぐって。


b0358719_10594820.jpg


手入れの行き届いた芝生エリアは 本丸御殿跡。
18世紀に焼失以後、再建されていない。


b0358719_10375342.jpg



鉄砲蔵、お約束の矢狭間・鉄砲狭間、石落し窓を覗きながら、狭くて急な階段を上へ上へと登る。


b0358719_10383862.jpg


最上階(天守6階)には、国宝だぞ、と。


b0358719_10382185.jpg



窓からは、松本ビジネスディストリクトの背後に 中央アルプスの山々が・・・


b0358719_10385253.jpg


・・・雨雲に覆われてまったく見えませんっ

b0358719_10381239.jpg



外観は五重だけど、実は6層構造。
海外からのツーリストも多いので説明は英文併記、注意看板は中国語と韓国語も(爆)。

って、あれ?
この英訳、途中からじぇんじぇん違うお話になってるけど・・・


b0358719_10382960.jpg



見上げると、井桁梁りでがっちり組まれた天井、その中央に神棚が。


b0358719_10385903.jpg


400年前の姿を今に伝える凛とした美しさ。
うん、来てよかった。


b0358719_10390742.jpg


また雨が強くなってきたわん。


b0358719_10391260.jpg


お城の近くの有名店「こばやし」でお蕎麦を食べるつもりだったけど、まだお腹が空かず。

かといって、これ以上を奥地を攻めても山並みは望めそうにないので、やや南下して塩尻方面へ。



農道の先に唐突に出現した、ジモティ感MAXなお蕎麦屋さん「山麓亭」。
店先でお野菜も売ってる。

b0358719_10395492.jpg


オットは 冷たいおろし蕎麦の上に揚げそばが乗っかった山麓そば。
ワタクシ、お野菜かきあげ天の温かいおそば。


b0358719_10421358.jpg


厨房で腕をふるうのは、(たぶん)近所のオバちゃんたち、飾り気ゼロの質実な美味しさ。
ごちそうさま。


ふーむ。
雨足が遠のく気配がないので、本格的に帰路につく。


b0358719_10422666.jpg



途中、山梨の双葉SAで休憩、巨大な信玄坐像に「雨をなんとかしてくださーい」と願う。


b0358719_10424264.jpg


が、全くご利益なし。

結局最後まで、窓外に山の稜線を眺める目論見・・・は、終始こんな感じ。

b0358719_10423162.jpg


でもま、お宿は良かったし、道の駅で信州の野菜や果物も買い込んだし、とにかく今年もオットhappybirthdayは無事催行できたし。


帰宅した夜は「たまには山もいいね」「非日常感あったね」などど浅ーいコメントを交わしつつ、近所でお刺身三昧。


b0358719_12410230.jpg
とりあえず カワハギ肝ポン酢!








おまけ nipotino。



「妹から、じぃじの誕生日を祝うクオリティが低いとの指摘を受け、似顔絵を追加」
b0358719_16293560.jpg


「トリオ・ザ・リーサルウェポン全員で乾杯します」
b0358719_16240946.jpg













[PR]

by vicinoamare016 | 2018-09-30 16:52 | おでかけ | Comments(2)

駆け足 母宅~帰路オットhappybirthday温泉 - 1

GW以来の帰省。

だって夏は 「ゆりかごから○○まで」課業のゆりかご側ニーズに追われてたんだもーん。

毎度、伊勢湾岸自動車道から 長島スパーランドのジェットコースターを横目に西へ。

b0358719_09104273.jpg


今回は、遅い夏休みを消化中の二女夫婦も同乗。
前半は父母(彼らにとっては祖父母)と会ったり神戸に寄ったりした後、京都を旅するそうな。


着いた。


江戸っ子たちには、〈だんじり〉って耳慣れないのでは?

西で生まれ育ったワタクシは、〈神輿〉よりも〈だんじり=山車〉の方が馴染みがある。

b0358719_09105303.jpg


神輿は担ぐもの、だんじり(=山車)は引くもの、というのが一番シンプルな分け方なのかな。


こういう↓のも、江戸っ子の琴線には触れないんでしょね。

b0358719_09110141.jpg





翌朝、施設に入所している父を見舞いに行く。容態は安定している様子。


お昼は、三田市にある「蕎麦 いち」へ。
遠方からのお客さんも多い人気店。
この店がある通りだけ、なんとなく昭和っぽい建物が多く残ってていい雰囲気。


b0358719_09111437.jpg


最近母屋だけじゃなく離れも解放してキャパは増えたんだけど、駐車スペースに限りあり、しかも狭い。アルファードやカイエンの方は要勇気。


母は 松茸土瓶蒸し&そば切り、ムコ殿は 丹波黒どり天おろし(冷)、娘は マグロとろろそば、オットは 炙りホタテそば(温)。

b0358719_09135423.jpg



ワタクシは、これがメニューにあると頼んでしまう、すだち冷やかけ。

b0358719_17154700.jpg


広間のお座敷席が大部分だけど、杖を持ってた母を一瞥→テーブル席に案内してくれたのもありがたし。

b0358719_09145591.jpg

ごちそうさま、大変お美味しゅうございました。





翌日、京都を目指すアラサー夫婦を 芦屋で下ろして、と。

b0358719_15474122.jpg


我らアラ還夫婦は まず名神高速にのり、信州方面を目指す 。


ここ数年、オットへのお誕生日ギフトは『プチ旅』が定着していて。
(海は身近になったから)久しぶりに山の温泉に行こう!というのが今回のお題。


b0358719_16075738.jpg



小牧JCTから中央自動車道(7年ぶりくらいかな)へ。
延長8.5kmの長ーい恵那山トンネルを抜けて。


b0358719_16074333.jpg


この頃はまだかろうじて晴れ間もあって、駒ケ岳SAからは空木岳も臨めたね。


b0358719_16075049.jpg



長野自動車道・松本ICから、途中何度か不安になっちゃう山道をくねくね、辿りついた「扉温泉 明神館」。

フィトンチッドとせせらぎ音に囲まれて、突如現われる瀟洒な建物♪


b0358719_16055130.jpg



ルレ・エ・シャトーのメンバーだし、いつも素敵な旅をリポートしてくれるcasadelsoleちゃまの定宿だから間違いなしっ、と決定。


b0358719_18010213.jpg

チェスターフィールド風ソファが鈍く光る、心地よい和洋折衷。

b0358719_16070964.jpg


和寝室だけど、大きなピクチャウィンドウの洋間と繋がってて広さも充分。

ホントは、ベッドの和洋室か 半露天風呂付のお部屋にしたかったんだけど、同行する予定だった母が直前に体調崩し、急遽行き先を変えたので空いてなく…


b0358719_15515955.jpg

さて、思ったより早く着いたので、お風呂の前に近所を散策。

THE 渓流。
この渓流viewは、お部屋から見下ろせる。

b0358719_16053380.jpg


歩いていると天然栗がコロコロ。
すでにリスさん?たちがかなり持ち去った模様。


b0358719_16081022.jpg


15分ほど歩くと、扉ダム。
小さなダム湖だけど、深山っぽい水の色が独特。
ひと月も経てば、美しい紅葉で囲まれるはず。
b0358719_16052118.jpg



ダムの上から見下ろすと、ちょっと足が竦む。

b0358719_16050828.jpg


さて、お食事の前に温泉。

お風呂は3種類:メインの大浴場(露天付)、寝湯(半露天)、そして珍しいのが 立ち湯。

森に向かって半露天になっていて幻想的。
ミストサウナブースもある。

b0358719_18015085.jpg
HPより拝借




夕食は、フレンチを選択。

b0358719_15524561.jpg


このロケーションで海の幸舟盛りってのはオカシイし、和食党の母もいないので、地元食材を駆使したフレンチでゆっくりお食事しましょ、と。


b0358719_16043968.jpg



松本ブルワリーのペールエール、その名もAwesome!でスタート。


b0358719_16035678.jpg



チーズのババロワにトマトのソルべ、右はビーツの蒸しパン


b0358719_16034940.jpg



パンが冷めないように、温めた蕎麦の実が敷いてあるのもいいね。


b0358719_16034198.jpg



お料理に合わせてグラスでいただくことにしたワインは、全て信州のワイナリーから。


b0358719_15513734.jpg



うるかで層にした鮎のテリーヌ、キュウリのソースと蓼のパウダー


b0358719_16033324.jpg


とうもろこしのスープ、パルミジャーノのスプーマとレモンピール


b0358719_16032305.jpg



鯛のポワレ、春菊と三つ葉の天ぷら、クレソンのソース


b0358719_16031213.jpg



信州プレミアム牛サーロイン、赤ワインソース


b0358719_16030388.jpg



ビールと枝豆:パイナップルジュースにパッションフルーツ泡、ずんだマカロン


b0358719_16082450.jpg



桃のコンポートとソルべ、ライムのメレンゲ


b0358719_15595897.jpg


ミニャルディーズとコーヒー


b0358719_15525780.jpg



こんな山の中の旅館で、ちゃんとしたフレンチがいただけるなんて。
シェフは 名店「オトワレストラン」出身、 早口&闊舌良過ぎ(笑)で とても気が利くソムリエ。

ごちそうさま、美味しゅうございました。



あ、Happy Birthday to オット殿 !


b0358719_16025189.jpg


・・・以下次号






おまけ nipotini。



 あたち「お兄様。じぃじへのBirthdayメッセージ、こんなユルい仕上がりではいけませんわ」 
b0358719_16090552.jpg



ポク「まぁまのクリェイティビティの限界です。とりあえず指示通りに転がって。」
b0358719_16085835.jpg

[PR]

by vicinoamare016 | 2018-09-28 09:36 | おでかけ | Comments(4)

ヴィンテージ(アンティーク)な 夢の球宴

ワタクシ、西の出身なれど、広島でも阪神でもなく、家族全員巨人ファン。
巨人の星も侍ジャイアンツもガッツリ観てたわよ。


でも。


いつの頃からか…、あまり 野球観戦をしなくなっていて。


ま、最近は視聴率取れないから、地上波での野球中継も少ないしね。





んが、こんなチケットが手に入ったので、ひっっさーしぶっりーに、東京ドームへ出向いてみる。

b0358719_11242792.jpg



しっかし、ウチから水道橋って、行きにくいわっ

b0358719_11244925.jpg


へぇ~、ほぉ~、今はこうなってるのねん。


b0358719_11243931.jpg


10年ぶりくらいかしら、入場するの。
そもそも、野球観戦で訪れたのは2~3回だし。



1988年のマイケル・ジャクソンは鮮明に憶えてる!

b0358719_11242090.jpg



最近って・・・

2006年のマドンナのドーム公演以来!

b0358719_11241300.jpg




あまり野球を観なくなって20年ほど経過しているワタクシ、スター選手たちの脳内データベースも1990年前半あたりから更新されてないわけさ。



というわけで、まさに身の丈に合ったお祭り企画。

b0358719_12443015.jpg


総合MCは、徳光和夫さん。

b0358719_11260089.jpg


始球式は、石原さとみさん。
なんと4年連続担当、ちゃんとボールがキャッチャーまで届くのよ、エライ。

今年は くまモンも登場。


b0358719_11243244.jpg


そして、主役はもちろん、この方たち。
なかなかヴィンテージなラインアップ。


<プレミアム・モルツ球団>
b0358719_11252181.jpg


<ドリーム・ヒーローズ球団>
b0358719_11250724.jpg



試合は、川上憲伸と谷繁のバッテリーでスタート。


あっちこっちツッコミどころ満載ながら、かつてのスーパースターの面影を垣間見せつつ試合は進む。

「あの頃」の自分と野球史に残る名場面に想い馳せ、叫ぶおぢさんや涙ぐむおぢさんも。




ボケボケだけど、わかる人にはわかるシルエット、桑田真澄。
元巨人軍ピッチャーは、槙原、水野、宮本(和)、高橋(尚)らが。


b0358719_12450797.jpg

バッターでは、篠塚が3安打、元木もタイムリー打ったけど、中畑は凡退続き。


おっ、マサカリ投法 村田兆治。

b0358719_11235809.jpg


まだまだ現役感漂う 山本昌。

b0358719_11245949.jpg



はいっ、今年も来ました! ランディ・バース様。
掛布、岡田は出てなかったけれど、「バックスクリーン3連発」の槙原と対戦。

b0358719_11260563.jpg

クロマティとシピンも出て欲しい~~



終盤になると、監督だってバッターボックスに立つのよ。
ミスター赤ヘル、山本浩二。

b0358719_11254838.jpg



出場者中、最高齢 張本、77歳。
ヒット打ったよん。

b0358719_11255474.jpg



千両役者のこの方を楽しみに関西から来てるお客さんもいるという。
「浪速の春団治」川藤登場!


b0358719_11254309.jpg


派手な空振りからの尻もちで、お客さん(わかっちゃいるけど)大喜び。


b0358719_11253636.jpg



9回表になったところで、一足先に退散。

だってー、おウチ遠いんだもん(帰りは車だったんだけどね)。


b0358719_11234396.jpg


いやー、楽しかった♪

そして、自分にもこれほどたくさんの「あの頃」が蓄積されていることにあらためて愕然とした一夜。


b0358719_11233529.jpg
スポンサーはサントリー様だもの、この日は生ビール半額だったんだけど、帰路クルマにて ノンアル応援:涙












おまけ nipo。



「ポクは野球ではなく、事務所(=ぱぁぱ)の都合で サッカー派です」
b0358719_11252913.jpg



「でも ホントは 電車の操縦の方が楽しかったりします」
b0358719_10481530.jpg


「乗り物は、まえ も うしろ も チェックしますし」
b0358719_11180679.jpg


「人生を坂にたとえてみたりもします」
b0358719_13435260.jpg



「あ、乗り物ではないですがー」

「ジンベエザメは、檻もエサも無しで安全に人が一緒に泳げる最大生物ですよ」
b0358719_11181112.jpg

[PR]

by vicinoamare016 | 2017-08-08 14:17 | おでかけ | Comments(4)

GW notes : 前半

世間の働くオトーサンたちより、ちょっとだけ早めにGW態勢に入ったオット殿。


帰省渋滞が始まる前に、西(ワタクシの実家)へ向かう。

b0358719_09573638.jpg
「乗ってますよ」



新東名が開通してからは毎度 そっちルート。
年に3回(GW、夏、年末)クルマで帰るけれど、事故に遭遇しない限り、混んだ記憶なし。

b0358719_09563868.jpg

空模様は 霧っと靄っと



朝7時ごろ出発して、最初の休憩:駿河湾沼津SA。

b0358719_09560143.jpg


2度めの休憩:岡崎SA。

b0358719_09571089.jpg



まだここで休まず 走り続けてもいい距離なんだけど、買いたいものがあって。

b0358719_09564233.jpg


TORAのパン、特にクリームパン推し♪

b0358719_09552673.jpg



あらゆるモノに名古屋な味覚をフィーチャーするスタンス。

b0358719_12481462.jpg


伊勢湾岸道~新名神、その後は京滋バイパスへ進むことが多いけれど、

b0358719_09564758.jpg



京滋ではなく、名神の大津SAでお昼休憩。

b0358719_09553163.jpg

b0358719_09565509.jpg
琵琶湖 VIEW



その後も順調、目的地の表示も出てきて。

b0358719_09570051.jpg


高速を降り、

b0358719_09554761.jpg


休憩3回(計1時間強)を含め、7時間で到着。

b0358719_09562931.jpg


長時間 クルマの後部座席で運搬されてきたこの方も、到着後のくつろぎ。

b0358719_09572581.jpg

クッションの使いこなし完ペキ



関東では見かけない春の味覚「うすいえんどう」で豆ご飯。

b0358719_09570523.jpg



たしかに色は薄いが、甘さが濃い♪

b0358719_09553653.jpg


この時期必ず母が煮る、筍。

天ぷらも揚げてくれて(写真が無いよー)

b0358719_09550782.jpg

明石の桜鯛、お刺身とアラ炊きで。

b0358719_09575817.jpg
ゴボウがまたウマいねん



一番搾りのご当地工場シリーズ、<神戸>で乾杯。

b0358719_09573375.jpg


翌日は、父の見舞いに三田方面へ。

b0358719_09574246.jpg


六甲周辺の新緑がモリモリっと。

b0358719_09554288.jpg


帰りはここに寄り道、お野菜やら果物やら三田牛やら。

b0358719_09572917.jpg






翌日は、お墓のある岡山へドライブ。
片道2時間弱。



お昼は、瀬戸内海に面した下津井(タコで有名)で食べましょっと。

b0358719_09555389.jpg


瀬戸大橋のすぐ袂の海鮮和食、「ふく仙」。

b0358719_09563403.jpg


「蝦蛄さま、会いたかった~❤」by ワタクシ

b0358719_09575211.jpg


岡山では子持ちがデフォルト、江戸前の甘辛いツメ(タレ)なんぞ無用。
(江戸っ子の皆さま、スミマセン) 

b0358719_09574649.jpg



タコの天ぷら。

b0358719_09574984.jpg



サワラのたたき、もみじおろしとポン酢で。

b0358719_09552002.jpg



「焼き穴子様、会いたかったわ~❤」by 母

b0358719_09575596.jpg
焼き穴子も甘辛いツメは無用、香ばしくいただくのよ



タコめし。

b0358719_09550318.jpg



オールスター海鮮丼。

b0358719_09545983.jpg



瀬戸大橋の袂、住所的には倉敷市。

b0358719_13292320.jpg

高校まで岡山で育ったワタクシ、海の幸の原点は瀬戸内なんだわね~
堪能いたしました、美味し懐かしのひととき。


あ、ちゃんとお墓参りもしたわよっ。





翌日。
母を乗せて一緒に帰りまする。


休憩は、御在所(三重県/東名阪自動車道)と、新東名の静岡SA。

b0358719_14341585.jpg


快晴に恵まれ、富士山好きの母 ご機嫌。

b0358719_09562412.jpg
御殿場あたり



新湘南バイパスの茅ヶ崎を通って、

b0358719_09580438.jpg

なんか藤沢にこんなもの造ってる。。。

b0358719_09561916.jpg



ただいま。

b0358719_13425281.jpg

GW、ほぼ前半終了。





おまけ nipo。



「とーぜんながら、後半は ポクが活躍しますよ」
b0358719_14404291.jpg




おまけ 「世界の車窓から」。

ハネムーン中の娘 B、コルマールに向かうTGVにて。
b0358719_09571766.jpg




[PR]

by vicinoamare016 | 2017-05-10 15:25 | おでかけ | Comments(4)