引越す前に行っとこ&nipo帰熊おつかれ店 &家・工事ing &…

そうゆえば、孫 御一行様 来襲の直前、近所のスペインバルに行ってきた。
しばらくは 個室 or キッズ・ウェルカムなお店でしか食事できないもんね~、って。

徒歩5分、「バル・エンリケ」。
b0358719_10161589.jpg
路地の奥に灯りが点る

"なんちゃらバル" 濫立の昨今だけど、こちらはブーム到来前から東北沢で既に10年ほどスペインバルを名乗っているとか。

タイトめな椅子配置のカウンターで、ハートランドビールからスタート。
イワシの酢漬け 他 3種類オーダー。

b0358719_10173224.jpg
ハモンと、野菜(名前失念)のマリネ

シャコのアリオリを頼みたいとこだけど、シーズン的に無理なので、アナゴのフリットを。
b0358719_10153322.jpg
サクサクだわっ♪

ボトルで赤ワイン、と。
白くて丸い独特のパンに、何かもう一品美味しくいただいた記憶はあるけれど。。。
b0358719_10155821.jpg
名前失念。品種はモナストレル

岩ガキのアヒージョ。
b0358719_10154759.jpg
岩ガキって巨大過ぎて生はツライけれど、これは当たり!

このガーリックオイルでパンがどんどん食べれる→ 〆に狙っていた 定番の あさりごはん まで辿りつけず。

メニューは"バル"っぽいお料理なのだけれど、カウンターにタパスが並んでるわけではなく、スタンディングでちょい食べ呑みできる雰囲気でもなく、カジュアルながらちゃんと食事するタイプのお店。
テーブル席は、リアルラテン系ファミリーが宴状態だったわ。

美味しゅうございました、ごちそーさまっ。
b0358719_10171148.jpg

で、怒涛の nipo 対応期間に突入し、無事終了。


孫 御一行様帰熊後は、いつもなぜか めぎん(=目黒銀座商店街)にある「寿司と海鮮 魚いち」で打ち上げ。
一握入魂!的な高級店ではないし、店の外観センスは要改善なんだけど、大将もスタッフも(もちろんネタも)活き活きしてて、居心地がよい。
近所の常連さんで賑わってるのは、同じ理由からだと思われ。

生ビールとお通しのあん肝で、ぷは~。
b0358719_11360382.jpg
いつも予約するカウンターの角には、キープしてある焼酎がすでに鎮座

いつも最初は、お刺身盛り合わせから。
b0358719_14282977.jpg
ウマヅラハギの肝ポン酢和え とか クエのお刺身が入ることも

季節によって具の組み合わせが変わる かき揚げ。
オット殿は、冷酒で。
b0358719_11311277.jpg
この日はカボチャとホタテと桜エビと玉ネギ

スウィミングなぅ、ポーズのカサゴの唐揚げ。
b0358719_12560657.jpg
こりゃ家で揚げるの無理だわ


ナスのオランダ煮も頼んだような・・・
いずれにせよ、この後、お好みで数貫握ってもらって終了 といういつものパターン。

ごちそーさまっ。
また 御一行様 迎え撃った直後に来るよ~



週末は、電源配置の打ち合わせに七里ヶ浜へ。
午後イチ集合だったので、その前にランチ。

朝比奈ICを下りて 峠を超えた十二所神社のすぐ近く「懐石料理と創作そば 峰本」。
八幡宮前と小町通りにもお店がある老舗。でも、あちらはいつも混み混み。
b0358719_11294725.jpg
こちらは散策のついでに寄るロケーションじゃないけれど、もちろん駐車場完備。
b0358719_11304876.jpg
一番人気という、 親子丼とひと口蕎麦セット
b0358719_11315872.jpg
和風サンラータンみたいで美味 黒酢そば

個室/半個室も多く、ボリューミィな懐石コースもあって、鎌倉霊園至近とくれば、精進落としの会食に好適だわね。

揺りかごから墓場手前(失礼)まで、4世代揃っちゃう時に便利だし、また寄らせてもらおっと。
ごちそーさまっ。


さて、今回は稲村ケ崎駅の踏切を横断し、敢えて山側から迫ってみる。
b0358719_11303983.jpg
ずーっと海側走って行くより早く着いた(と思う)
b0358719_14570834.jpg
屋根瓦は ほぼ全部載せ終わったみたい

エアコンの場所、アンテナ引き込み場所、セコム用の電源、コンセントの数や高さなど、結構な時間がかかったわ。

でも、図面上の感覚がやっと3Dで判るようになって、調達すべき家具や家電のサイズが見えてきたかな。
b0358719_09571139.jpg
おっ、窓が入ってる



おまけ。

"あまり期待しないで観たけど、かなりツボっちゃった" 映画を。
b0358719_09571767.jpg
日本未公開だったのね、もったいない。
コメディなんだけど、スパイ映画としてのプロットもちゃんとしてて。
何より、ジュード・ロウとジェイソン・ステイサムの使い方が素晴らしい。
あ、このポッチャリおばちゃんスゴイのよ。アメリカでは大人気で、ゴーストバスターズの主演も。





[PR]

by vicinoamare016 | 2016-08-31 11:38 | 食(おそと) | Comments(0)

nipotino お江戸逗留記(2016年夏の出没ダイジェスト)-3

<前記事の続き/語り:ポク>

東京に戻った翌日は、武蔵小杉のご同輩に会いに。
b0358719_12564383.jpg
乗りなれた東横線で くつろぎモードな ポク

武蔵小杉って最近スゴイのね(ってポクは最近の世の中しか知らないけど)。
大型ショッピングビルが林立してて、特にグランツリーとやらは キッズフロアが充実。

b0358719_18522521.jpg
まぁま同士がお友達のご同輩と


翌日は。。。

"恒例! ポクはnonna*とお留守番&まぁまフリーダムな日"。
恒例化は、まぁまの実効支配によるものかと。
*nonna=祖母=筆者


ふだん ポク連れでは行きにくいトコ、熊本には無さそげなトコに行くんだってさ。

b0358719_13084908.jpg
まぁまは 恵比寿のこじゃれたビアガーデンで泡!


一方のポクは、
b0358719_13092128.jpg
まぁま が泡でも、ポクは へるしぃビスケット
b0358719_13104910.jpg
昼寝なら オッパイ無しでもOK
b0358719_13364084.jpg
(とうぶん離乳するつもりないけど)離乳食もちゃんと


あまり人見知りをしないから、月齢の割には まぁまが居なくても大丈夫なポク(えっへん)。

だけど、"きもぉち" ぽっちゃり体型で "すこぉし" 馬力とトルクが強めなので、長時間ポクとサシで過すと nonnaの腰の爆弾が心配なのさ。
b0358719_13425982.jpg
お風呂も入って、(素面で帰ってくるはずの) まぁま を待ちましょう


翌日は、ぱぁぱ も夏休みに突入ってことで お江戸に合流。

羽田に迎えに行きーの、じぃじの実家へ 揃ってご挨拶&ランチしーの、夕飯はじぃじ宅に戻って。(ぜーんぶ写真ナシ:おそらくnonna多忙)。


次の日。

七里ガ浜の建築現場視察を兼ねてドライブ。
b0358719_19420681.jpg
なんちゃってファサード

だいぶ屋内のサイズ感もわかるくらいまで工事が進んでる(と、ポクなりに思った次第)。
b0358719_19410393.jpg
リビングの吹き抜け部分(エアコン効率悪いけどね)


この日の夜は、おばちゃん(まぁまの妹)とその彼氏も集合して、じぃじ宅で宴じゃ~。
(写真ナシ:またもやnonna多忙につき)


翌日からは、横浜のばぁたん(ぱぁぱのお母様)宅にお世話になるんだけど。

その前に、じぃじ宅のお隣に住むご同輩、Y君と水遊び。

b0358719_13185566.jpg
Y君ままが準備してくれた かわゆいプール
b0358719_13230839.jpg
また秋にも来るから遊ぼうぜっ

午後は横浜へ。
b0358719_19585173.jpg
横浜ばぁたん にお絵描き教わる ポク


次の日。

東海道線に乗り、茅ヶ崎在住の ぱぁぱ ご学友宅へ。
b0358719_16495093.jpg
うごうごキッズが賑々しく集ってテンションUPな ポク



そして。

2週間にわたる お江戸の夏休み2016 は全日程つつがなく終了。

羽田空港に送ってもらい、皆でランチ@「エアターミナルグリル・キハチ」。
b0358719_12561216.jpg
これは リブロースステーキ

ランチセットはサラダ・ドリンク・デザートもついてるし、窓からは離発着も見えておススメ。この日は富士山も。
b0358719_12562380.jpg
夜景もいいよ

今回も、お世話になりましたっ
皆の者、おつかれーっす!

I'll be back soon...

b0358719_13180448.jpg
次回は、歩いちゃってるかもよ









[PR]

by vicinoamare016 | 2016-08-26 20:55 | 家族 | Comments(0)

nipotino お江戸逗留記(2016年夏の出没ダイジェスト)-2

<前記事の続き/ 語り:ポク>

じぃじたちが車で ひぃばぁばのおウチへ行くので、ポクとまぁまも同乗。

留守中、ワンコは獣医さんトコに お泊り。
b0358719_13292921.jpg
大型犬にも たじろがない ポク
b0358719_13272197.jpg
いぇいー、ぺしぺしっ(静止画ムズい)
b0358719_13242307.jpg

U・ェ・U:乳幼児ってシニア犬でも容赦ないわね…



車 デコメ絵文字~~~~~~ ポクを乗せて一路、西へ。
静岡SAと、大津SAで休憩。

b0358719_14420750.jpg
琵琶湖と なんかタレ目がちな ポク



無事到着した翌日は、ひぃじいじの施設へ面会に行く。
特に変わりなく、舌好調。。。

帰りしな、三田ホテルの中にある中華料理「皇花飯店」でランチ。

b0358719_13035791.jpg
ミシュラン兵庫版にも掲載されたホテルだそうな

b0358719_11311551.jpg
お盆限定メニュー推しだったのが ちょっと残念

ごちそーさまっ、再訪しそう。



夕飯は、苦楽園口近くのステーキハウス「Kagura(神楽)」で。

b0358719_11021317.jpg
豊中や三ノ宮にもお店があるらしいよ

鉄板を囲んで焼き焼きしてもらうスタイルだから ポク向きじゃないかも~、と心配したけれど、3世代ファミリーの常連さんも来てて、チビッ子フレンドリー。
b0358719_13112959.jpg
カジュアル値段のお肉から、最高級Kobe Beefまで揃ってる。
b0358719_13121069.jpg
写真は撮りそびれたけれど、焼き焼きクライマックス・ファイヤーには興奮したぜ。

b0358719_13163196.jpg
夙川へと続く松並木沿い

関西のお店にありがちだけど、有名人のサイン色紙が壁にたくさん。

ごちそーさまっ(ポクはいつもマイ離乳食持参だけどね)



翌日。
車で1時間ほど走り、ひぃばぁばのリクエストで明石「魚の棚」へ。

b0358719_13125122.jpg

瀬戸内の海鮮を扱うお店が並ぶ商店街。
b0358719_13141780.jpg
ジモティ呼びでは「うぉんたな(魚棚)」


築地や北陸の市場とは、並んでいるお魚が違うよ。
タコ、アナゴ、タイ、メバルが主役。
b0358719_12514805.jpg
ひぃばぁば 垂涎のラインアップ

b0358719_12552546.jpg
メバルもタコも サイズ選び放題
b0358719_12583219.jpg
"
もちろん、生のお魚だけではなく、いわゆる"明石グルメ"な お店もあちこちに。

人生半世紀過ぎていまだ明石焼きを食べたことがないという じぃじ。
ここは本場です。

b0358719_13070495.jpg
入ってすぐに満席に

通常11時半開店らしいけれど、夏休みは30分繰上げ。
「あかし多幸」に入りましょ。

b0358719_13065555.jpg
ポクは皮だけ味見
b0358719_13044968.jpg
ひぃばぁばは 限定20食の鯛茶漬け

その日の朝まで夏バテ気味で珍しく食欲不振だった ひぃばぁばだけれど、ぺロリ完食。

ごちそーさまっ&楽しかったぜ

好物のメバル(かなり大きめ)を買って帰り、その日の夕飯にお煮付け。
タコ飯も炊いたよん。
b0358719_13145957.jpg
ポクも ほぐし身を少々味見


今回の西宮滞在は3泊と短め。

翌朝早く(6時前に)、東京に向け出発。

車 デコメ絵文字~~~~~~ 
b0358719_13154618.jpg
最近お気に入りの岡崎SAまで走って、朝ご飯休憩。

もーにんぐ味噌カツ定食に喜々とする じぃじ・・・そりゃ、味噌カツ有名ゾーンだけれども。
b0358719_13592619.jpg
ポクも朝カツOKな大人になってしまうのだろうか…

車 デコメ絵文字~~~~~~ 
b0358719_12410408.jpg
車中退屈になると、DVD鑑賞するポク

途中、渋滞はちょっとだけ。午後イチには戻ったとさ。
(以下次号)



[PR]

by vicinoamare016 | 2016-08-24 14:14 | 家族 | Comments(0)

nipotino お江戸逗留記(2016年夏の出没ダイジェスト)-1

来てましたよ、孫。
夏休みなのでね、といってもまだ在宅乳児だから、ある意味サンデー毎日だけど。

乗りなれた 熊本―羽田の機上から富士山も見えたそうな。
b0358719_13041840.jpg
ベテランCAさんの撮影


おっと、受け入れ側のインフラ整備をしておかなくてはっ。
約ひと月半ぶり? こちらの出番。
b0358719_18005263.jpg
これは家の中用。車にはチャイルドシートを



写真が残っているシーンと記憶を照合しつつ 辿りましょ。
すぐ忘れちゃうからねー、どんどん行くぜよっ


<語り:ポク=nipo >


日比谷線にしこたま乗って、まぁま(ポクの生産元)の悪友 ぢゃなくて 旧友宅を訪問。
b0358719_12595328.jpg
クレヨンの正しい噛み方を先輩のR君に教えるポク


また日比谷線にしこたま乗って帰宅。
この日の夕食は、まぁまリクエストでTGI Fridays。

b0358719_17111989.jpg
最近オープンした五反田店、デカいっ

熊本には まぁまの愛するアメリカン炭水化物どっかーん!!レストランが無いんだと。

b0358719_13002044.jpg
between ピニャコラーダ and モヒート な ポク

じぃじ もアメリカンお肉料理とフレンチフライ大好きだから、こういうリクエストには即応。

b0358719_13042765.jpg
ケサディーヤにフライデーズマッシュルームにオニオングラタンすうぷ

これマストなんだってね、ベイビーバックリブ。

b0358719_13113393.jpg
今日は人数少ないから控えめ、ハーフラックで

バーガーは、COWBOY TRIPLE MEAT BURGERだぜ。
b0358719_12570196.jpg
バンズの欠損部分は、ポク用ちぎり跡

最後にフローズンなんちゃら? こってりサンデー?頼んでたような気もするけど。。。

ごちそーさまっ



はい、翌日。

田園都市線デビューして、桜新町へ。
b0358719_13083898.jpg
この界隈、おしゃんてぃ店とおしょみん店が混在してて暮らしやすそう。

ピッツェリア「CIRO」でランチ。

b0358719_16515878.jpg
ナポリ風 薪窯あるよー

b0358719_13082253.jpg
初訪問のピッツェリアで必ず頼む マルゲリータ

b0358719_13082879.jpg
ナスのパルミジャーノ
b0358719_13023526.jpg
クワトロフォルマッジ には ハチミツ

b0358719_13160721.jpg
カッフェはローマっぽい。
ごちそーさまっ


そして翌日は お江戸を飛び出し、西宮のびぃばぁば宅へ~~
b0358719_13035425.jpg
(以下次号)



[PR]

by vicinoamare016 | 2016-08-23 14:07 | 家族 | Comments(0)

家・工事ing:上棟節目の簡易イベント、 からのランチなど

8月のある日。
おっ、江の島が見えてきた。
b0358719_06391120.jpg
いいお天気、暑過ぎるくらいだぜっ

朝早めに出発して、家の工事現場へ。

上棟そのものは 先月とっくに終わっていたけれど、平日だったし、微妙に遠いとこに住んでるし、立ち会えなかったのよね。

職人さんたちとの顔合わせを兼ねて、節目のプチご祝儀をしましょ、っと。近隣へのご挨拶もね。

昔は、棟木に吹き流しを飾ったり、折詰やお餅を配ったりして、そのまま宴会状態に突入!なんてことも多かったそうだけれど、そのへんはものすご~~~く簡略化して。

まず、家の四隅をお米、お塩、お酒で清める。
b0358719_06215925.jpg
お酒を注ぐのは棟梁の役目


次に これ。
屋根裏に張り付けて、家内安全・繁栄を願うお守り、棟木札。
b0358719_06220406.jpg
幣束(へいそく)とも呼ぶ

そして、設計士さん、施工業者さんのスタッフとともに、工事の安全を祈りつつ乾杯。

さらに、現場に来たついでに ご近所をまわり「ご迷惑かけますぅ~」のご挨拶。
夏の週末ということもあって、お留守の方も数軒あったけれど、お会いできた方々は皆 好印象。
ホっ。

b0358719_06224269.jpg
おっ、瓦もスタンバイ

最後に、「今後ともよろしくぅ~、あまり現場には来れないので任せっぱなしになりますけどぉ」と、職人さんたちに心付けをお渡しして解散。

そろそろお昼。

この住宅地全体で唯一お店が集まっている(といっても多くはないけどね)並木道、通称プロムナードへ。
b0358719_06401830.jpg
店の前に行列ができているのはカレーの「珊瑚礁」

この日の私たちは、「お魚亭」に。
b0358719_06415478.jpg
テリー伊藤さんがよく訪れるらしい・・・


ずっと屋外で活動していたので、とりあえずビール!と叫びたいところを、車なのでオールフリーと、豊富な地魚メニューから 定番をチョイス。
b0358719_06223132.jpg
いわしの天ぷら定食
b0358719_06213618.jpg
お刺身定食 と いわしのつみれ大葉揚げ

途中 勝手口から、自分で捕ったと思われるタコをぶら下げて常連さんが登場。
そのままカウンターでビールと「なんかテキトーに切って」を注文。こーゆーの、いいね。

ごちそうさまでした。
引越し後は、ちょくちょく行きそうな良いお店だわ。

b0358719_06424753.jpg
沖にヨットがたくさん出てる

いつもはこのまま横横道路経由で帰るけど、抜け道も覚えなくちゃ、ってんでちょっと鎌倉へ。

例の如く小町通りは 竹下通り並みの人出だから、御成側に車を停めてひと休み。
b0358719_06214422.jpg
ミルク珈琲かき氷
b0358719_06214023.jpg
この日のブレンド珈琲と煮あずきのセット
b0358719_06212337.jpg
窓際のテーブルからは駅が見下ろせる

素敵な器だけど 零れまくる氷と闘いつつ、地図を拡げて鎌倉中心部から山越えの渋滞回避ジモティー道を研究。。。

b0358719_06394750.jpg
駅周辺の喧騒を忘れて、ゆっくり休憩できるお店。
ま、おしゃんてぃなデートにはフツーすぎる感?

この後、地図でチェックした道で再度七里ヶ浜まで走ってから、東京へ戻ったとさ。


おまけnipo.

ど~ん。
b0358719_06112828.jpg
b0358719_06114822.jpg
鎌倉の大仏、ではありません・・・
b0358719_06123239.jpg

涅槃仏スタイル…





[PR]

by vicinoamare016 | 2016-08-17 06:29 | | Comments(0)

テレビより フツーっにっ 映画がっ 好っきー(と、昭和は遠く~)

いえ、テレビも好きよ。

父が局勤めだったこともあって、子供のころも「テレビばっか観てないで勉強しなさい」という定番フレーズで叱られた覚えもなく。
日本でカラー放映が始まった年に生まれたし(関係ないけど)。

でも、映画はもっと好き。

10代の頃のお小遣いは ほぼ映画誌購入に消え、そうそう劇場に行けないからテレビの「水曜ロードショー」「日曜洋画劇場」「ゴールデン洋画劇場」等々のお世話になって。

・・・
いかん、昭和な想い出話はこれくらいにしませう。

最近観て、グっと来た作品ーーー

Bunkamura「ル・シネマ」で上映中の「ラスト・タンゴ」。
b0358719_17010268.jpg
人間のフォルムって、直線も曲線もこんなにうつくしかったのねん

父母がタンゴ好きで、ドライブ中のカーステレオ(8トラック~カセットテープ時代:また昭和に戻っちゃうぜ)でよく聴いていた。
おこちゃまだった私には やたら切なさを纏った音色ばかりが耳に残った。暗がりと煙草の煙が似合う音楽だな、と。

親元を離れて、自分の子育てが終わるくらいまで殆ど忘れていた音楽ジャンルだったけれど、このところ その切ない音色が少し心にじわじわ迫るように。
育ったねぇ、私も。

「ラスト・タンゴ」は、母に「なんかいい映画やってないの?」と訊かれ、自分が観る前に大推薦したもんで 不安になり 慌てて観に行ったもの。
(関西在住の母はテアトル梅田 で)

沁みたわ~~

一芸に秀で過ぎてる人って、総じて人生の光と影の乱高下が激しいものだけれど。。。
主人公マリア、80歳。その凛とした立ち姿、美しい脚のラインとステップ、ココロに刺さる(脚本に無い)セリフたち。
いろいろ秀で過ぎていないおかげでユルく穏やかな日々を送る私、不覚にも涙腺崩壊の危機に襲われたわ。

ヴィム・ヴェンダースってラテン系の映画撮るんだ?ってな感想もよぎったものの、そゆえば「ブェナビスタ・ソシアルクラブ」があった(今回は監督じゃなくて製作)。

こんなドラマティックなドキュメンタリーの作り方があるのねー。
母もえらく感動したようで、薦めて良かった。


もひとつ。


劇場公開されるも(日本では)あまりヒットせず、でも気になるからDVD借りて観よっと、的な作品。
ところがこれが当たり!だった、ってパターン。

「コードネーム U.N.C.L.E.」。
b0358719_15053157.jpg
いわゆる凸凹コンビのバディ・ムービーとしては私のツボに

「マン・オブ・スティール」のスーパーマン役より俄然ハマってるヘンリー・ガヴィル →ナポレオン・ソロ(米側スパイ)
と、
「ローン・レンジャー」でジョニー・デップに翻弄されてた役より滅法イケてるアーミー・ハマー →イリヤ・クリヤキン(ソ連側スパイ)

音楽も衣装も小道具も、イチイチ 粋な スパイ・コメディ。
ゴージャス系ローマが舞台のシーンも多く、イタリア好きな向きにはさらに楽しめるかと。
そして、ヒロシです。。。カンツォーネ好きも必見(聴)。

冷戦の緊張感漂うアメリカ-ソ連時代にも関わらず 思い切った設定と軽妙なやりとりで人気を博したテレビシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」が下敷き。
b0358719_10300239.jpg
懐かしのロバート・ヴォーン(ソロ)&デビット・マッカラム(クリヤキン)

これまた昭和な時代を長くお過ごしのご同輩にのみ懐かしい画像かと。
父が欠かさず観てたわー。たしか私、小学校低学年。

愛用拳銃は ワルサ―P38。

ついでながら、私が愛して止まないこのお方も。
b0358719_10312691.jpg
ワルサ―P38



おまけ nipo。

飛び道具は使わない、ポクの闘い方いろいろ。
b0358719_17025517.jpg
シンプルに 棒(って掃除機の柄ぢゃん!)

b0358719_12581161.jpg
壊されると敵が困るブツを拉致

b0358719_17013731.jpg
重機を押して破壊

b0358719_13005896.jpg
忍法 撒菱(まきびし)の術、別名:食べこぼし

b0358719_17021160.jpg
水遁(すいとん)の術、別名:極浅プール

b0358719_17025946.jpg
高所に追い詰める

b0358719_11185942.jpg
壁に追い詰める

最後は

b0358719_17024917.jpg
敵前逃亡。






[PR]

by vicinoamare016 | 2016-08-05 13:33 | 日常の記録 | Comments(0)

久しぶりのNRT(出張いぇ~い♪)からの、イタリア病女子が和食で集う夜

なかなか明けなかった東京の梅雨の晴れ間。

首都高速湾岸線から東関東自動車道方面へ。
b0358719_12283041.jpg
レインボーブリッジ、封鎖されてません


渋滞もなく、びゅ~んと(安全運転で074.gif)60分ほど。
見えてきたのは
b0358719_12282396.jpg
フロンドガラス越し、読みにくし


お久しぶりっ、成田国際空港。

オット殿 出張の見送り(=搬送)にやって来た。
羽田から国際線がブンブン飛ぶようになってからというもの、すっかりご無沙汰していた成田なんだけど、今回の出張先は羽田からのフライトが無くてね。
b0358719_12261727.jpg
第3ターミナル?

ターミナルが増えてる。
あー、LCC専用に去年オープンしたばかりのヤツね。

そして
b0358719_12262807.jpg
一番変わってたのはここ。

検問廃止。
ガソゴソと免許証やパスポートを出して提示し、トっ散らかったトランクを開けて見せることもなく、シューっと通過。

b0358719_12264044.jpg
読みにくいけど「そのままお進み下さい」って


到着。
ANAなのでターミナル1。
b0358719_12265075.jpg
相変わらず、地味なルックスの空港…

スーツケース2個と共に、オット殿を置き去り、

「ぼんぼやーっじ、行ってらっしゃいませ(ひゃっほー)060.gif

復路も混むことなく、びゅ~んと(安全運転で074.gif )60分、帰宅。


さてーーー

女子会召集じゃぁ~
(四捨五入すると還暦のくせに、女子って言うし)

私のイタリア語の先生(2つ歳下:日本人)と、同じ先生に教わっているお友達(6つ歳上&ほぼ同い年)の4人で、夜ご飯に。

当然、全員イタリア病罹患者ばかり。
でも、この日はイタリアに行って来たばかりの先生が和食をリクエスト。

渋谷駅から徒歩7分ほどの、「並木橋なかむら」へ。

b0358719_12220006.jpg
生ビールとお通しの万願寺唐辛子と生麩

途切れることのないお喋りで写真もピンボケなれど。
b0358719_12220527.jpg
揚げ茄子の冷製煮びたし

焼酎をカラフェで注文。
「つるなし源氏」を皆で水割り。

b0358719_12220918.jpg
お刺身の盛り合わせ。2人分ずつ二皿に

b0358719_12221403.jpg
穴子ときゅうりの南蛮漬け
b0358719_12222063.jpg
穴子の白焼き

わさびと塩昆布をのせて海苔で巻いて。

ここで一人離脱。
ちゃんと旦那さんの帰宅に合わせて家路を急ぐ 見上げた主婦!
b0358719_12204311.jpg
ふわふわの鰻巻き・・・

話題が佳境に、写真ブレブレ。。。

b0358719_12222744.jpg
せせりのから揚げ

いよいよ手元が怪しくなってきた。
ので、そろそろ炭水化物で〆ますかね。
b0358719_12205100.jpg
中トロの炙り棒寿司

どれも美味しくて、和食ご所望の先生にもご満足いただけたようで良かった。

また行きましょっと。
b0358719_12241555.jpg



おまけ U・ェ・U & = 'ω'=

夏本番になると、家のあちこちに落ちているモノ
b0358719_11181356.jpg
「夏以外は、フカフカ敷物の上でしか転がりませんのよ」

b0358719_11235047.jpg
「玄関のタイルってヒンヤリしてるのよ~」
b0358719_11205488.jpg
「階段の一番下の段もなかなか」

b0358719_10124913.jpg
「躍動感…ってなぁに?」


[PR]

by vicinoamare016 | 2016-08-02 10:42 | 日常の記録 | Comments(0)