オットぎっくり腰→ 快癒と ご近所外食2軒


バレンタインデー直前の週末、かなーり寒かった朝。
時折 急に洗車したくなるオットがジャバジャバと。。。
「手が凍える~」とか弱音を吐きつつ。
『何もこんな寒い日にやらなくても』(私の心の声)


ズザっッグぅッ
たしかこんな音がした。


洗車で撒いた水が凍結→ステップON→滑転倒→臀部強打。
その拍子にギックリ腰を発症。
しかもかなり深刻(らしい)、だって最徐行の徒歩すらままならない(らしい)、座っててもジッとしてても痛い(らしい)。
そんなに痛いんじゃ、骨折のおそれも。

でも休日だし…。
湘南鎌倉総合病院の救急外来へ連行。
院内では車椅子。診察台に横になるにも呻き声。
レントゲンとMRIを撮られる(そりゃそうだわ)も、幸い骨には異常がみとめられず。
安静あるのみ、と。


それにしても「ぎっくり腰」って、状況を端的かつ凝縮して表した見事なネーミング。
正式名は「急性腰痛症」とか。昔は「びっくり腰」って言ったらしい。
ヨーロッパでは「魔女の一撃」が一般的。なのでイタリア語もそのまんま「colpo della strega」。ひとめ惚れも「colpo di fulmine=雷の一撃」って言うから、あまりにも唐突に起こる事象は「一撃」が定番みたい。
んぢゃさぞかし英語も面白い決まり文句があるんだろな、と思い返してみるものの、acute back pain。。。つまらん。調べてもみたけれど、strained back。。。つまらん。
stripped discまでいくと椎間板ヘルニア。
腰と突発性に特定したイマジネーションが不足してる。

ぎっくり腰の イケてる英語表現ご存知の方、教えてくださいまし


あ、脱線。
痛いんだったよねー、オットよ(笑)。


さて、その後2日間はほぼ要介護。お風呂もトイレも難儀(食欲はある)。
会社も欠勤。
3日後から働くも、通勤ラッシュ時間を避けて遅出の早帰。

ワタクシは、JR駅まで送迎の日々。
「お客さん、今日は藤沢?それとも鎌倉?」

b0358719_10453157.jpg
でもまぁ、パキっと晴れてて こんな景色が広がると、朝のドライブも悪くない。



1週間が経ち、要介護3から1まで回復したので、久々に外でご飯を、と 夜の小町へ。

b0358719_10400890.jpg


自力2足歩行が出来るヨロコビを噛みしめる?ように、路地散策。

b0358719_11072733.jpg

昼間の小町通りとは別の顔を見せる、王道な路地感。

b0358719_11073339.jpg

おぢさん風味満開。

b0358719_11074322.jpg



人気の老舗、ミルクホールもナイト仕様。

b0358719_11075619.jpg



で、この日「祝・自力2足歩行復活ご飯」に選んだお店 @ 路地。
「Famme de Bateu Aoki」。

b0358719_11074815.jpg

店名通り、女将自ら漁船に乗ってお魚を仕入れてくるそうな。



まずは、ハートランドとスミイカの墨煮のブルスケッタ。
b0358719_10405404.jpg

では、目利きの女将がおススメする魚たちをいただきませう。


お品書きにあると必ず頼んでしまう、カワハギと肝。
b0358719_10410461.jpg

みる貝のお刺身。
b0358719_10411418.jpg

ヒラメは もみじおろしポン酢で。
b0358719_10374092.jpg

カウンターに並んでたベビーコーンを焼いてもらい。
b0358719_10373018.jpg
熱々の皮を剥いて、ヒゲも一緒にオリーブオイルと塩で


シラスと生姜の揚げ餃子。
b0358719_10412305.jpg
これ、家でも作ってみよっと


鬼カサゴの唐揚げ。
b0358719_10374983.jpg
頭以外の骨も バリバリ食べちゃう


最後は、いろいろ海鮮トマトソースのピザ(ピッツァじゃないのよ)。
b0358719_10394943.jpg
白子、アサリ、エビ、イカ…どっさり


ちょっとレアな焼酎も飲んじゃったり。
b0358719_10380083.jpg
焼酎というより、高級ウィスキーみたい


もちろん、お刺身たちは 新鮮そのもの。
いい意味で、板前さん料理じゃない 漁師っぽさがあって
b0358719_10404587.jpg
カウンター越しに女将とスタッフとの会話もはずむ居心地の良いお店。


帰りましょ。
b0358719_10453623.jpg
八幡宮の鳥居と満月





そして、4日後。

「祝・要介護から要支援(通勤の送迎支援と重い物は持たせない)にまで回復」Dinner。


七里ヶ浜に住むことになったので、ここには仁義切っておかねばならないかと。
134 号線沿いの「リストランテ・アマルフィイ」。
b0358719_15344102.jpg
このへんをドライブデートするカップル必訪スポットでは、カレーの珊瑚礁と双璧


ウチから20分、ぐわんばって歩いて到着。
で、(ほぼ)復旧おめでとうの乾杯~

b0358719_15334054.jpg


陽が沈むまでは、海を望むオープンテラスにカップルが群がっているけれど、冬の平日夜はさすがにねぇ…

b0358719_15335134.jpg
吹き抜けが気持ちの良い空間


あら、真っ暗な海と向こう岸の灯りを眺めつつ語らうカップルが窓側の席を埋めている…


えーと、生牡蠣でスタート。

b0358719_15333379.jpg
タスマニア、岡山、仙鳳趾


カルパッチョは寒ブリ。
b0358719_15332561.jpg


プリモは サザエと肝ソースのスパゲティ。

b0358719_15332090.jpg
青海苔も効いてる

あれ?ワインのphotoが無い…モリーゼのカベルネ・ソーヴィ二ォンをボトルで。


セコンドは 仔羊のグリル、ゴルゴンゾーラソース
b0358719_15342042.jpg

カメリエーレのお兄さんとの話題は
「鎌倉高校前の右折車線って今年こそ開通するんですかねー」
「毎年、夏までには何とか、って願ってるんですけどね。」
「あれが出来れば少しは渋滞減りますかね」


お店の外観は 夜の方が、ロマンティコ。
b0358719_15343396.jpg


また行きましょっと、景色は見えなくても 夜に。
b0358719_15335727.jpg



ん?


キミも要介護領域に入ってきたわね(キャラは永遠の小学3年生)。

b0358719_11080804.jpg






おまけ nipo。


b0358719_15331018.jpg
「ぎっくり腰ですか? ポクの杖貸しましょうか?」


b0358719_15342480.jpg
「さあ、歩いてみましょう。こっちこっち」


b0358719_10450350.jpg
「それともこちらの杖にします?」


b0358719_15324755.jpg
「送迎も承りますよ」



b0358719_14141043.jpg
「でも、常日頃こうして足腰を鍛えるのが一番ですよ」








[PR]

by vicinoamare016 | 2017-02-25 08:41 | 日常の記録 | Comments(0)

新しい主治医 in 葉山 と、ちょこっとその先


プチ移住とはいえ、行きつけのお医者さんから50km以上も離れてしまって。
こっちでも いざという時に頼れるドクターを決めておかなくてはね。


そう、ワタシの。
b0358719_10295620.jpg
お出かけスタンバイ♪


ご近所の犬好きさんにご紹介いただいて、向かった先は 葉山。
b0358719_10300439.jpg
向かってます


森戸海岸からちょっと内陸に入ったあたり。
b0358719_11072092.jpg


「ベテリナリーメディカルセンター湘南」。
b0358719_11070423.jpg

お医者さんに限らず、場所見知りも人見知りも全くナシ。
b0358719_11054418.jpg
ん?


診察も注射も平気。

先生や看護士さんにチヤホヤされてるつもり(極度のM体質なのか)で 終始ハイテンション。
それでも お歳のせいか、ここ数年はオトナシクなったわ。


b0358719_10303833.jpg


めっきり歩行能力が衰えてしまった後脚と、元々アレルギー傾向のある皮膚を診てもらい、お注射1本。
もちろん へっちゃら → 先生に"もっとチヤホヤして~"アタック。


b0358719_11050193.jpg
お薬もらって、さようなら。


七里ヶ浜からは 車で片道20分程度(渋滞次第)。
決して至近、というわけではないけれど、先生のキャラも処方されたお薬も合ってるみたいなので 今後はこちらにお世話になろっと。

b0358719_11104359.jpg
ハシャいで疲れちゃったので、帰路はウトウト


帰りの車窓から、逗子の夕暮れがキレイ。
b0358719_10323481.jpg



ところで(強引)、葉山のその先、横須賀で最近ちょくちょく行くところ。

JAよこすか葉山の農産物直売所「すかなごっそ」。
b0358719_10371920.jpg

もともと "道の駅" 的な場所に吸い込まれる傾向があるものの、今までは長距離ドライブや温泉旅行の途中に立ち寄るイメージだったけれど、日常のお買い物スポットの選択肢に。

b0358719_10401878.jpg
どれも directly fresh from the 畑 ! な野菜たち

b0358719_10372442.jpg
葉山ビーフも買えちゃう


ちょっと奥さん!見てよ、このお値段!
b0358719_11384600.jpg
目黒時代は ロマネスコ300円以下は考えられなかった…



筆者がウラ若き頃から人気、葉山の老舗ブーランジェリー「Bonjour」にも寄って、パン買って、と。
b0358719_14414102.jpg



クッキータイプのお薬は、美味しいらしい:いつになく真剣w。
b0358719_12093834.jpg
あれ?今回は私が主役だったはずでは…?





おまけ nipo。



イチゴ狩りな ポク。

b0358719_10451631.jpg
「左手で摘むときは、右手は水平に」

b0358719_10451251.jpg
「これは どれくらいの糖度ですかね」


永遠に食べ続けそうなので、イチゴへの執着から解き放つために・・・
b0358719_10444766.jpg
「ふむふむ、ココを押すとこうなる」

b0358719_10445168.jpg
「これは回すパターンのヤツですね」

b0358719_10445549.jpg
「どれも子供だましな仕掛けですが、一応幼児らしくエンジョイしてみました(イチゴを忘れたわけではありませんよ)」



[PR]

by vicinoamare016 | 2017-02-20 12:23 | 日常の記録 | Comments(0)

♪今日は し~ぶやで 21時~♪ に解散する…大人な私たち

今や「気まま」を前面に押し出しているワタクシにも
朝から晩までTo Doだらけのフルタイムワーキングマザー時代があったのよ(…遠い目)。

そのころ職場で出会って以来20年超、仕事も性格も趣味も オットの体型も異なるのに ずっとイイカンジのお友達、Kちゃま。

渋谷「並木橋なかむら」で、彼女と一年ぶりのご飯:嬉♪


お仕事時代は、予約時間ギリもしくは遅れて駆け込むなんてことも多かったのに、お店の行燈が点る前に到着するオバサマたちに成長。

b0358719_11123742.jpg
開店18:00キッカリに点灯



どっこいしょ、とカウンターに陣取り、「獺祭 スパークリング」で再会を祝し。

b0358719_11133537.jpg
 ミーハーなチョイスをしておきながら、食事に合わせるにはちょっと甘いよね、とブツブツ



お通し。
b0358719_11134572.jpg
とろりん下仁田葱のあんかけ仕立て


お刺身5品盛り合わせ。
b0358719_11143236.jpg
スミイカ、スズキ、寒ブリ、本鮪、クエ…だった、と思う…



お喋りのお題は次から次へと:

近況報告、昔話、世間話、あの人は今?! 話。。。



新春野菜の かご盛りサラダ

b0358719_11150650.jpg
甘エビみそ、へしこオイル、帆立ディップ添え


日本酒は、東北泉。

b0358719_13020749.jpg
実はもう一種類 追加で頼んだんだけど、銘柄失念


「昔はねー、各自ボトル1本(750mlよ、一升ではないので念の為)空けてたのにねー」
「それでも翌朝シャキっと働いてたよねー」

ってな、後期熟年者にありがちな武勇伝を挟みつつ。


鰆の陶板バターしょうゆ焼き
b0358719_13012945.jpg


だんだんと話題が「あわや クモ膜下出血」とか「先週人間ドック行って来た」に。



加賀れんこんの海老団子

b0358719_11113807.jpg

このあたりで21時ちょっと前。


まだまだ夜はこれから。こじゃれたBarの止まり木に移動しましょかね。

なぁ~んて展開は、すでに卒業して幾星霜。


大人だからこそ、まっすぐおウチに帰るのです。
(私が田舎に引越したことだけが理由ではないのよ)



3時間喋り続けて、美味しく食べて ゆったり飲んで。
愉しかったわ Kちゃま、久しぶりの江戸の夜。


酒量も減って、解散時間も(大幅に)早まって、話題も 業界ネタから 血圧トークになっちゃったけれど、これからもヨロシクね。

あ、とりあえず次回は七里ガ浜会場で。






おまけ nipo。


ポク、食べてるばっかりの印象。
1歳半にしては、大盛り気味のカレーライス。
b0358719_11482638.jpg
「これくらい、どうってことないですよ」

b0358719_11482151.jpg
「んもぐんもぐ」

b0358719_11481556.jpg
「ほら、両手を駆使して平らげます」


まぁまが作ってくれた バレンタインクッキーは、カメラ目線で。
b0358719_12290823.jpg


やっぱ、食べてばっか。

「ん、んなことないですっ」
b0358719_12302285.jpg
「ちゃんと人生ブロック積み上げてますよ」

[PR]

by vicinoamare016 | 2017-02-15 13:02 | 食(おそと) | Comments(0)

B級グルメと懐旧シネマ:新参者の kamakura walk

鎌倉特有の早咲きの桜「玉縄桜」。
2月中旬~3月初旬が見頃ということで、スタンバイ状態。

b0358719_11101515.jpg
ソメイヨシノの種子から改良されただけあって、似てる



そろそろ美容室に行かなくちゃ、っと、 出かけたついでに、由比ヶ浜~長谷界隈を散策。

b0358719_15244761.jpg


ここで降りて、海とは反対側にトコトコ歩くと、通称 由比ヶ浜大通り(江ノ電の長谷~由比ヶ浜~和田塚と並行する県道の一部)に出る。


引越す前に予習した ”鎌倉散歩ガイド” で見かけたお店の実物があちこちに。


創業1929年、うなぎの「つるや」。
b0358719_15151886.jpg
予約しておかないと、注文してから捌くので1時間かかるよ~


竹炭専門店「すざく」。
b0358719_15241911.jpg
オブジェや石鹸、炭蜂蜜なんかもある


鎌倉彫「寸松堂」。
b0358719_15230948.jpg
昭和11年建造



わらびもち「こ寿々」。
b0358719_15204655.jpg
店内でも食べられる。段葛店は おそばがメイン



ドイツパンとケーキ「ベルグフェルド」。
b0358719_15213632.jpg
本店は雪ノ下




平日なら行列無しで入れそう、らーめん「HANABI」。
安定のつけめんもいいけど、塩ラーメンファン多し。
b0358719_10354672.jpg
今日は定休日。いつもはこのベンチが待つ人で満席



お、「麩帆」を発見。
b0358719_15151030.jpg
好きなのよ、麩まんじゅう。。。でも、何となく あんこモードではない。


ん? バターの香りがして、違う方向を向く。

「鎌倉マルシェ・アン」。
b0358719_15162694.jpg


いいじゃない、ここで洋風スイーツ気分を充填。

b0358719_10500905.jpg
ケーキやパンもあるけれど、うわさのポップオーバーをお持ち帰り。



あら、Kamakura FM。
b0358719_15240176.jpg
テクテク。


んん? これは天然モノ*の鯛を焼く「なみへい」では?!

*養殖モノの焼き型は一度に数匹分の生地を流し込むタイプ、天然モノは一匹ずつ焼く

b0358719_15145348.jpg


あんこモードではなかったはずなのに・・・つい
b0358719_15150270.jpg


歩いてカロリー消耗すべく、鎌倉駅の方へ。



途中、「キャラウェイ」のカレーに並ぶ男子や


b0358719_13040319.jpg
「もみじ茶屋」の宇治抹茶ティラミスに並ぶ女子たちを横目に

b0358719_11091632.jpg



辿り着いたのは、輸入映画興行の父・川喜多長政と、日本映画の母・かしこ夫妻の旧宅跡に建つ「鎌倉川喜多映画記念館」。

b0358719_12583293.jpg

現在の企画展示がこれ↓。

b0358719_13153256.jpg

残念ながら館内は撮影禁止。
1930~50年代あたりのヨーロッパ映画、ロマンティコよね。

10代の頃、勉強してるふりして読み漁っていた映画雑誌や 家族が寝静まってから観ていた深夜映画劇場がフラッシュバック。

イタリア美人って、ソフィア・ローレンやクラウディアカルディナーレよりジーナ・ロロブリジダ推し。

フランスは「天井桟敷の人々」のアルレッティに「花咲ける騎士道」のジェラール・フィリップに。

もうね、「パリ」が「巴里」なだけで萌えたもんだわ。。。
b0358719_11084574.jpg
アラン・ドロンもジム・ジャームッシュもヴィム・ヴェンダースもフランソワ・トリュファーも訪れたんだって


また面白そうな展示の時に行ってみましょ。


しかし、直線距離にするとかなり長距離歩いたぜ。。。





おまけnipo。


「長距離? ポクはスプリンター体型ですからね、マラソン大会はニガテなんです」
b0358719_11115230.jpg
う、うしろに誰もいない・・・?


「ふぇー、やっとゴールですよー」
b0358719_11121176.jpg
滲み出る疲労感・・・笑


とりあえず完走のメダル。
b0358719_11131339.jpg


[PR]

by vicinoamare016 | 2017-02-10 17:24 | 鎌倉 | Comments(0)

"鎌"焼きピッツァ と 節分の閑文字

節分(でしたね)。

まだまだ寒いけれど、陽射しに元気が増してくる。
今年は より一層明るく感じるのは 海が一役買ってるからかも?

これは お隣の駅「鎌倉高校前」の、通称「スラムダンク踏切」。

b0358719_15223955.jpg
春節とあって、お中国系ツーリストさんたち撮影しまくり



今やすっかり「節分には恵方巻!」が定着しているけれど、ウチのオット殿はあまり興味がないようで。

でも たまたま2月3日にこの前を通りかかったもので。

b0358719_15210005.jpg


故夏目雅子サマが よく訪れていたという「かまくら小花すし」。


b0358719_15144460.jpg

「あのぅ、予約してないんですけど、買えます?」
「海鮮じゃないフツーのなら」
じゃ、フツーので。

断面を見たいけれど、切っちゃうと恵方向いて丸かじりできないからね。
b0358719_09473742.jpg
もぐもぐ・・・ たしかに美味し。




しかーし、今回のお題は ピッツァ。


引越す前の中目黒界隈は ピッツェリア激戦区だったので、唐突に誰かがピッツァ食べたい!と言っても困ることなく。
お店が混んでれば、焼いてもらってテイクアウトしたり。

宅配のアメリカン”ピザ”、ぢゃなくて、薪窯完備のナポリんなヤツね。


鎌倉でも、美味しいピッツァは食べたくなる・・・


探しませう。


探しました、とりあえず3店。



鶴岡八幡宮に向かう段葛のすぐ横、「Pizza DADA」。

b0358719_10154787.jpg


なぜか関西エリアの地ビールが充実している。
そーゆー おススメには 素直に従う。

b0358719_10151051.jpg
大阪・箕面ビールのヴァイツェン


アンチョビとケッパーがのった、シチリアーナ。
b0358719_10151928.jpg
唐辛子パウダーがついてくる

E’ buona!




若宮大路を海側に向かって徒歩6~7分のこちら。
たしか吉祥寺にもある「Pizzeria GG」。
b0358719_15265100.jpg

ロマーナと
b0358719_15183801.jpg
プッタネスカ。
b0358719_15184379.jpg

Sono deliziose!



お店の前に、3台ほど駐車スペースあり。
ここなら、車でテイクアウトすることも可能だわね。
b0358719_15271541.jpg




そして、御成通りの路地裏「ラッテリア BeBe」。
以前にもUPした、チーズ工房併設の人気店。
b0358719_17214633.jpg

マルゲリータ。
b0358719_17221178.jpg
モッツァレッラやリコッタなど、フレッシュチーズだけを買いに行くことも。

Sono gusutosi!





おまけ nipo。


「ポクも縁起かつぐタイプですからね」
b0358719_15285858.jpg
「ちゃんと丸かじりしますよ」
b0358719_15251301.jpg
今年の恵方は 真上か・・・?



リアルすぎる鬼に号泣する ポク。。。
b0358719_15171078.jpg



[PR]

by vicinoamare016 | 2017-02-07 11:39 | 食(おそと) | Comments(0)

mangiar bene と health-conscious の狭間で

食いしん坊は 大前提。
美味しいモノがあると、ついついお酒もすすんじゃう。
時にはファストフードやコンビニ飯にも手を出すし。

でも

多少は健康にも気を遣ってる(多少ね)、熟年だもの。

とはいえ、各種ダイエット指南書には無関心、定期的なジム通いもせず、
サプリメントや健康食品にも興味無いよん。


腹九分目("八"はココロザシ高すぎ)キープと、長めの散歩は心掛けて。


あ、オイルは少しこだわってるかな。

ちょっといいオリーブオイルたち、全員ノヴェッロ=新油。
b0358719_10145200.jpg
昨年、イタリアのオリーブはあまり良い状況とはいえなかったのだけれど、オリーブオイルテイスターとして切磋琢磨を続けるお友達の森山陽子ちゃんが、各地のおススメを見繕ってくれましたん♪

にわかに盛り上がるオリーブオイル・ブーム便乗商法:タイトルにオリーブが付けば 即ヘルシー!みたいな風潮はスルーしませう。

油だからカロリーはあるわけで、どうせカロリーあるなら身体にいい油、そして確実に美味しい油でね。

キリっと凛々しいオリーブオイルは、ソースとしてお肉にかけても負けないし、もりもり野菜をいただけまする。
b0358719_10562988.jpg
開けたての瓶から香るフレッシュなグリーン臭に萌える~
ピリリと辛みと苦みが野菜の甘みを引き立てる~



そして。

海が近くなったせいか、胃袋がシニア化しつつあるのか、最近は外でも家でも魚メニューが増えた。


こちらは 腰越電車通り「かきや」の金目鯛お刺身セット。
b0358719_16231018.jpg
見るからにカロリー低そうでしょ…



よっしゃ私、きっと、それなりに健康なはず。

b0358719_10303589.jpg
みなとみらいランドマークタワー。

毎年この時期 ここのクリニックで、「人間ドック」を受ける。夫婦そろって。
b0358719_10141946.jpg


前日は軽い食事を21時までに。
当日朝は絶食。
b0358719_11240111.jpg

・・・・・

まぁね、ヴィンテージ・ボディだからね、経年劣化による不具合散発は仕方ないとして。


詳細な検査結果は、3週間後に「総合成績表」として郵送されてくるけれど、当日判明する項目に限っては、精密検査直行!宣告は無し。



というわけで、夜は焼肉(強引)。



夜の鎌倉、小町の路地「焼肉 うみかぜ」。

昼間の小町通りの観光地ブイブイ感はゼロ、常連さんと家族連れがほとんど。
b0358719_10301908.jpg
お座敷席で、ラムハイ。
朝抜きだったしねー、ガッツリいくわよー
b0358719_10294970.jpg

馬肉ユッケ、と

本日の特選肉盛り合わせ、分厚いっ!
b0358719_10295341.jpg

タン塩、分厚いっ!
b0358719_10301458.jpg
上ハラミ、分厚いっ!
b0358719_10304743.jpg

クッパ、トッピングのカルビが分厚いっ!
b0358719_10300931.jpg

いつもなら もう一皿お肉を頼むような・・・このお店はジェイソン並みに厚切りなので、ここまででお腹いっぱい。
クッパも 大盛りサイズ。

店の佇まいもメニューも ごくフツーの焼肉店だけど、リピーターが多いの納得だわー。
b0358719_11224126.jpg
はい、私ずっとラムハイで通しました。

ごちそうさま、今度は肉好きな娘婿どもを連れて再訪しよう。
b0358719_11223694.jpg
夜9時頃の鎌倉駅







おまけ nipo。



「生きることは 食べること」
b0358719_12051974.jpg


 
「まぁま、ポクが卒乳したからって、ワイン仕入れ過ぎでは?」
b0358719_10294510.jpg
セラーに入りきってないし…







[PR]

by vicinoamare016 | 2017-02-01 16:16 | 日常の記録 | Comments(0)