なんとなくボタニカル

梅、桜、ツツジ、藤、サツキ。。。
そして 間もなく紫陽花の季節に。


b0358719_11143748.jpg



次々と和の花々に彩られる鎌倉だけど、実はバラの名所もあるので行ってみる。



とりあえず、由比ヶ浜駅で下りて。

b0358719_11221146.jpg

長谷方面に少し歩き、鎌倉文学館へ向かう。

b0358719_11213555.jpg

なんとも風情あるアプローチ。

b0358719_11214892.jpg

鎌倉文学館=旧前田侯爵邸。

b0358719_11214174.jpg


昭和11年建造の洋館を活用し、鎌倉文士たちゆかりの品々や活動記録などを収蔵。
(館内は撮影禁止)

b0358719_11215554.jpg

内部も多くの見所があったけれど、この日はバラ園が目当て。



201種類、246株が大切に育てられている。


b0358719_11212663.jpg


朝イチ+小雨のおかげか 訪れる人も少なく、ゆっくり鑑賞。


b0358719_11165310.jpg


園内はバラの香りが満ちていて…。
うむ、美しい~❤

b0358719_22425706.jpg

牡丹と見まごう大輪も。

b0358719_22422741.jpg



庭園脇で目を引いたのは、このスダジイ。
須田さんとこの爺さんじゃないわよ、樹齢300年モノの巨大な椎の木。

b0358719_11211736.jpg
ドングリの季節はさぞかし大変だろうね



邸宅全景。
ハーフティンバーに切妻屋根、瓦の色も独特。One of 鎌倉三大洋館だって。

b0358719_11220490.jpg


クリアに晴れた空より、雨上がりの新緑が似合ってるかも、と(勝手に)思ったり。



さて。

花と団子はバリューセット。
バラだけ愛でて帰るはずもなく。


でも開館と同時に入った文学館を後にしても、まだ開いてるお店がねぇ。



なので、ちょっと寄り道。
b0358719_11172611.jpg



ドラマ「最後から2番目の恋」を観ていた方なら見覚えMAXな場所。

b0358719_11173931.jpg



カフェ・ナガクラと千明さんが住む家に続く路地。

b0358719_11185519.jpg

ドラマのオンエアは2012年、続編も2014年なので、ホント "いまさら" なんだけど。
しかも、その頃リアルタイムでは観てなくて、鎌倉に引越してから慌てて全編観たワタクシ:爆。


ま、ロケ地だからというだけじゃなく、ここに祀られる鎌倉五郎景正は、源頼朝よりも前の時代の御仁。

b0358719_11181273.jpg

お参りを済ませて振り向くと、鳥居と江ノ電が見事に重なる撮影スポットでもある。

b0358719_11181836.jpg


お腹空いてきた。


"いまさら" ロケ地巡りついでに、カフェ・ナガクラのモデル(実際の撮影も)「Cafe 坂の下」へ。


b0358719_11200735.jpg

撮影時から少し模様替えしたそうだけど、ほーら、既視感。

b0358719_11204416.jpg

テラスなんかそのまんま?

b0358719_11205024.jpg

ロケ地無関係で、『鎌倉古民家カフェでパンケーキデート~』な人たちからも人気のカフェ。
入口外に並んだ待機ベンチ↓ まで満席のことも多いらしい。

b0358719_11202267.jpg


ここでも 平日午前早め+小雨効果か、すんなり入店。
「キャラメルバナナ・パンケーキ」、美味し(カロリー無視)。

b0358719_11195090.jpg


ちょっとわかりヅライけど、店を出て向かいも、劇中何度か登場したお店。

b0358719_11201554.jpg
長倉さんと薫子さんが…



路地を戻る途中、数歩でまた人気のカフェが。


b0358719_11203089.jpg



さらに数歩で、またもや別の人気カフェ。

b0358719_11203882.jpg


インスタ女子ーズやスイーツ男子にとっては、テーマパーク路地だわね。
でもきっと真正ジモティ住民は殆ど行かないんでしょね。


ワタクシは新参者ゆえ ツーリスト目線が捨て切れてないもんで、行っちゃうよん。



こーゆーのも買っちゃうし。

b0358719_11161868.jpg


今日も結構歩いて、帰宅。



バラを育てる技量はないけれど、ウチの小さな庭にも 世話しなくちゃな植物があるのさ。



GWに咲いてたレモンの花。

造園屋さんには、なるべく虫がつかない木を植えてもらったんだけど、オットのリクエストでレモン。

b0358719_17051451.jpg

今はこんなふうに実になろうとしている。

b0358719_11151919.jpg

でもさ、柑橘系って、どうしても蝶が卵産みつけたりするじゃん、それって孵ると幼虫になるじゃん。。。
肥料も要るよね。


せめてこれくらいは、と買ってみる。

b0358719_17082073.jpg


こちらは、手間いらずと評判のブルーベリー。


b0358719_11151516.jpg


手間いらずシリーズ:ラベンダーとローズマリー。


b0358719_16281998.jpg


やたら元気なベランダのバジル。


b0358719_16253886.jpg


2年ほど前、張り切って購入したものの 出動機会のなかったケルヒャー。
んが、こちらに引越してからは結構なご活躍で。

b0358719_16311921.jpg

海が近いと塩害もあるので、洗車やら、海側の窓やエアコンの室外機に水かけたり。



駐車場の下地改修のため、造園職人さん登場。


これが、

b0358719_16523130.jpg


こうなって、

b0358719_16512763.jpg

これで、完成。

b0358719_16292699.jpg



都心在住時代の家は、庭どころか、土が無かったからねぇ。
水やりとか、雑草を抜くとか、エクステリアの整備なんて意識したことがなかったもん。



テニスコートが近いので、たまぁーに 玉がやってくることも。
ちょっと前ならボールを見ると「遊びましょ~♪」だったのに、今や、冷やかに見つめるだけ。

b0358719_18012891.jpg






おまけ nipo。




「まぁま が こんな絵本を見つけましたよ」
b0358719_11144220.jpg
* タンコロ:昭和6年~55年在籍の100形車両。1両のみ(単車)で運行したのでタンコロと呼ばれる。



「タンコロが活躍していた頃、今のじぃじの家あたりは牧場だったそうですよ」
b0358719_11144800.jpg



「乗り物ネタで盛り上がれるのは、やっぱオトコ同士です」
b0358719_11163012.jpg
ツルむ野郎ども



「あ、女子も好きですけど・・・」
b0358719_17054494.jpg

[PR]

by vicinoamare016 | 2017-05-30 18:22 | 日常の記録 | Comments(5)

シルバーごはん、からの、シーヴァごはん

先日、オットの叔父夫妻がいらっしゃった。
オットとて もう充分おぢさんなので、当然その叔父サマ夫妻は シルバー枠。

なのでワタシとしては珍しく、和系メインのごはんでお迎え。


特に好き嫌いや食事制限は無いそうだけど、薄味と油&脂控え目ラインアップ。
 ルッコラのおひたし カラスミのせ
 桜エビとポテトのオムレツ
 お刺身盛り合わせ(よく行くお寿司やさんにオーダー)
 小鮎の佃煮(いただきもの)
 空豆ご飯
 湯葉の生しらす沖漬のせ
 蕗とホタルイカの炊き合わせ 
 ポークの実山椒ロール
 根菜たっぷりお味噌汁

b0358719_10090444.jpg

なんと!夕飯なのにノンアルコールで通したざんす!
 お二人をお宿(=鎌プリ)にお送りした後は飲んだけどね・・・


滞在コンテンツは、初日「いかにも鎌倉」なところをサクっと車窓からご案内。
むかーし鎌倉彫を習っていた叔母サマは、本場の工房を訪問したいとのことで、翌朝ホテルでピックアップして、鎌倉彫会館と博古堂へ。

最後は藤沢駅にお送りして、小田原から新幹線に乗ってご帰宅(名古屋在住)。


 

短い滞在だったけれど、それなりに喜んでいただけたようで、とりあえずミッション終了~




GW突入以来、老若男女入り乱れる日々が続き。
そゆえば 夫婦だけでの外食行ってないわね。


行きましょ、でも電車乗らなくて行けるとこがいいな・・・となると、選択肢は限られる。

 


あ。


近所に、まだ行ってないとこがあった。
「リストランテ・シーヴァ」。

b0358719_10065522.jpg


「イル・テアトリーノ・ダ・サローネ」のシェフを務めていた方が独立して、昨年2月オープン。




ビールで「なんだかとにかくお疲れ様~」。

b0358719_10070175.jpg



夜は、2種類のプリフィクスコースのみ。
料理内容を列記したMenuはなく、シェフ自ら一皿一皿を説明しつつサーブしてくれる。



アンティパストひと皿め:メトイカの冷菜

b0358719_10071052.jpg
レモンの皮のいい香り、カラスミパウダーon。イカの火入れ絶妙♪ 



ワインはボトルでも頼めるけれど、お任せグラスワインで料理に合わせてもらうことに。
トレンティーノ・アルトアディジェ地方の白。いかにもドイツ寄りなワイナリー名。

b0358719_10072900.jpg
ちょっとほろ苦い感じのとても良い香り



アンティパスト2皿め:カマスの冷燻

b0358719_10071684.jpg
マイクロハーブとグラウンド黒オリーブで



トスカーナのミディアムボディと カンパーニャのグレコ。

b0358719_10064665.jpg


アンティパスト3皿め:イナダのグリル

b0358719_10072490.jpg
グレープフルーツをジャムとパウダーで添えてある



プリモ:手打ちラザニエッテ

b0358719_10073840.jpg
ペコリーノをたっぷりかけて



重濃すぎないネッロダーヴォラ。

b0358719_10063788.jpg


セコンド:湘南ポークのグリル

b0358719_10075282.jpg
onしてるトレビスのマルメラータも んまいっ



セコンド:スズキのグリル

b0358719_10074631.jpg
レンズ豆のズッパが敷いてあって、上にはタプナード



ドルチェ:レモンのジェラートとパンナコッタ、ポレンタのクッキー
 ・・・もう酔っぱらっててピントが・・・

b0358719_10075741.jpg

正直、リストランテというにはお店の内外観がカジュアル過ぎ。照明も明るく、アメリカンpops
?BGMだったような。

でもね、お料理は繊細で素晴らしかった。目にも美味しい仕上がり。
オットは、アラカルトで頼めないのが不満みたいだけれど、味には大満足。
せめて、ドルチェの代わりにチーズか食後酒って選択肢があるといいね。

近所に太鼓判イタリアンがあるって判明して、ちょっと幸せ。
コースは日替わりで構成するので、また近いうちに再訪したいな。








おまけ nipo。


ここんとこ暑い日が続く日本列島(=熊本含む)・・・
b0358719_11061866.jpg


「油断してたら刈り込まれてしまいました」
b0358719_11053291.jpg


「ダイ・ハードな ポク、どうでしょう」
b0358719_10062255.jpg

[PR]

by vicinoamare016 | 2017-05-24 13:18 | 食(おそと) | Comments(2)

稲村ヶ崎で ほんのり新田義貞:新参者の kamakura walk

住所も、江ノ電の駅でも、お隣の稲村ヶ崎。

b0358719_18544081.jpg



週に3~4回は 横目で見ながらクルマで往復してるんだけど、

b0358719_14453075.jpg

実はまだ一度も行ったことがなく。



行ってみた。
ちゃんと自分の足でね。



七里ヶ浜高校と鎌倉プリンスの間の道、いわゆる七高通りを下り、

b0358719_14513251.jpg

踏切を渡り、

b0358719_18475279.jpg

いったん134号線に出てから、

b0358719_14503269.jpg

線路沿いに鎌倉方面に歩く。

b0358719_14460017.jpg



しばらく線路と住宅に挟まれた道を進み、音無川を渡り、

b0358719_14542547.jpg

駅を少し越えたら、再び海側へ出て左を向く。

b0358719_14463064.jpg

正式名は、鎌倉海浜公園・稲村が崎地区なんだって。

b0358719_14373579.jpg



公園から江の島の方向を見ると・・・シンゴジラ(第4形態)が現われたあたり。

b0358719_14470050.jpg

景勝地。

b0358719_14420565.jpg


天気は悪くないんだけれど、空気がモヤモヤっとしていて、

b0358719_14423508.jpg


この日、富士山は見えず。

b0358719_14481132.jpg

その昔、上州の新田義貞くんは鎌倉幕府を倒すべく 一気呵成の進撃ぶりで関東を南下。
しかし、岩山x三方+断崖海に囲まれた鎌倉内へ なかなか兵を進めることができない。

そこで、干潮時の稲村ヶ崎から回り込み、ついに中心部へ攻め込んで幕府を滅亡へと導いた。。。


というわけで、石碑が建っておりまする。

b0358719_14490237.jpg

このへんから?

b0358719_14410518.jpg

ふーむ、こういう伝説に想いを馳せるの、悪くない♪。

b0358719_14413569.jpg

月見草が咲いてる。

b0358719_14433605.jpg

紫陽花は、出番待ち。

b0358719_14380510.jpg

公園内の高いエリアには、ロベルト・コッホ博士の碑も。

b0358719_14493289.jpg

北里柴三郎氏とともにダブル大御所博士で訪れている。

b0358719_14500366.jpg



一方、駅の近くには、

b0358719_18552811.jpg

「十一人塚」が残る。

b0358719_18551956.jpg

義貞くんが稲村ヶ崎からの徒渉作戦を思いつく前に、極楽寺坂での幕府軍との激闘の末 討死した部下たちを埋葬し弔ったといわれる所。


b0358719_18551027.jpg

極楽寺坂ルート突破班のリーダー、大舘宗氏くんの墓標も。

b0358719_18550056.jpg



さてワタクシ、海沿いに戻り、再度 鎌倉方面に向かって歩く。


b0358719_14390505.jpg

由比ヶ浜が見えてきた。

b0358719_14383514.jpg

シーズンを前に、レンジャーたちが練習中。

b0358719_14350503.jpg


坂ノ下の信号を左に入る。

b0358719_14340571.jpg

次の交差点を左に曲がり、極楽寺方面へ。

b0358719_14403579.jpg


この通り、老舗や実用店、人気店が点在していて散策向き。

b0358719_14400599.jpg

「三留商店」は、KALDIと成城石井を合わせて鎌倉っぽい食品を加えた感じの品揃え。

b0358719_14313585.jpg


ご存じ「力餅家」。
鎌倉ロケ番組で、必ずといっていいほど登場する。

b0358719_14353573.jpg


斜め向かいは「Bread Code by recette」、プレミアム食パン専門店。

b0358719_14310500.jpg

おや、奥にカフェがあるんだ…?
ちょっとー、限定パンケーキ気になるぅ・・・けど娘を連れて出直そう。

b0358719_14303693.jpg



さらに進んで、なんだか木々が濃くなってきたわよ。

b0358719_14370565.jpg


と、路地を左に入って「喜楽丸」で、お買い物。
生しらすは、売り切れ。

b0358719_14363529.jpg



いよいよ極楽寺坂。

b0358719_14290667.jpg

幕府勢と新田側大舘勢 激闘の地。
またしばし、瞑想タイム。1333年5月のこと。

b0358719_14320542.jpg


左手に登ると、もうすぐ紫陽花見物で賑わう成就院。

b0358719_14283568.jpg



そして、さらに歩くと極楽寺が。
(境内は撮影禁止)

b0358719_14333525.jpg


いやぁ、結構 歩いたわ。帰りは電車乗ろうっと。
七里ヶ浜駅は、ここから2駅。

b0358719_14323642.jpg



おウチに到着~

この日のお土産たち。


「力餅家」の権五郎力餅。
赤福がお好きな人なら、絶対らぶ❤。4月から草餅バージョン。

b0358719_14293503.jpg


「喜楽丸」の釜揚げしらす、と、生しらす沖漬け。

b0358719_14300686.jpg

「鎌倉幕府を倒した圧倒的ヒーローは義貞くんなのに、室町幕府を開いた尊氏くんばかりが抜群の知名度を誇ってる…」と、力餅をもぐもぐ。








おまけ nipo。



「待ってるんです」
b0358719_14270519.jpg


「来た~❤」
b0358719_14263589.jpg
電車鑑賞が日課なポク。



「日中は汗ばむ陽気ですね。ポクも初夏のよそおいです」
b0358719_14545598.jpg



[PR]

by vicinoamare016 | 2017-05-20 05:55 | 日常の記録 | Comments(2)

GW notes:後半

ほぼ毎年のことなれど、前半は慌ただしくも西討ノルマを果たしたGW。

後半は、ここ七里ヶ浜周辺で迎撃一辺倒。

b0358719_10180500.jpg

すでに1週間前にドタバタと過ぎちゃったもんで 記録も記憶も低クオリティながら、身内向け備忘録と割り切ってUPしちゃう。


実家から母も乗せて帰宅して、っと。





最近、膝・腰の調子が思わしくなく 外出を億劫がる母。
こちらに滞在中は、その母を連れ出すこと・普段会わない人と会わせることもワタシの任務かと。
疲れ 不満 が出ない程度のアクティビティを毎日少しずつ散りばめる。




まず、「横須賀ポートマーケット」に連行。
いわゆる道の駅的な、新鮮な地元生産物を揃えた第3セクター。

膝痛と浮腫で長距離歩行を嫌がる母も、なぜかこーゆーとこ(&もっとなぜか銀座)だけは闊歩するのよ。

b0358719_10144900.jpg

ワタシは三浦野菜を物色、魚好きの母は漁船直営の魚コーナーで大将や女将と、獲れる魚が東西で違うよ、呼び名も違うよ、と饒舌。


スミイカとメバルを購入。

b0358719_10145686.jpg

スミイカはお刺身(ゲソ部分は茹でて酢ミソ和え)に、メバルは煮付けでね。

b0358719_13031178.jpg
新鮮なメバルと目が合うと買わずにはいられない!という母…



オットは、カマスを開いてもらい、一夜干しに。

b0358719_10175475.jpg
振り塩待機ちぅ



カインズホームで買った一夜干しネットが活躍。

b0358719_13055619.jpg

ワタシは 花わさびを見つけて

b0358719_10153949.jpg


今年もワサビ菜の醤油漬けを。

b0358719_10154943.jpg
もっとたくさん仕入れておけば良かった





翌日。
たまにはシルバートークを楽しんでもらおうと、百合ヶ丘在住のオットの実家へ。


オットの両親、四捨五入すればお二人とも90歳ながら手術も入院も未経験+健脚。
数年前までは 海外旅行にもお連れしていたけれど、今では自分の居住地近辺から出たがらなくなった。

なので、こちらから出向く=百合ヶ丘近辺は会食処が少ない=たいていココになる:新百合ヶ丘駅近くの「ホテル モリノ」。

にある広東料理「赤坂離宮」。

b0358719_12061200.jpg
料理撮影しまくるのは嫁的に憚られる空気にて写真無し



まだ人に頼りたくないと言い張って 夫婦だけで暮らしている義父母だけど、危なっかしい案件も散発しているので 月に2~3回は 状況チェックがてら ランチに連れ出すのがルーティン。
義母が殆ど料理をしなくなったので、平日は食事のデリバリーをお願いしているが、やっぱ最大公約数的な味付けと高齢者向けメニューが多いとご不満(義父は魚より肉好き)なので、行く時は手造りおかずを持参して。


この日は、ポルペッティーニのトマト煮と燻製明太子入りポテトサラダ。

b0358719_12064494.jpg


お口に合ってるかどうかは謎だけど。


ま、久々の再会で盛り上った(と思われる)トリプル 80sトーク。





次の日。
腰越の「かきや」でランチ。

左上角写真は しらす禁漁中の貼り紙。
3月中旬解禁後も不漁続きだったのが、5月に入って急に獲れるようになり、それでは、と。

b0358719_13174594.jpg

 



そしてついに この方が登場。

b0358719_10201498.jpg
「お待たせ~」



今回は ぱぁぱ(=パパ)も一緒。

『帰省すると絶対食べ過ぎて太るから直前ダイエットしてました!』と言い張るぱぁぱ。
ならばと、鎌倉プリンスのGWファミリービュッフェへGO!



通常のウィークエンド・ビュッフェはホテル本館内のレストランだけど、バンケット・ホールで。

b0358719_10190627.jpg


なるほどねー、要予約&総入れ替え制のドル箱イベントなのねん。
4世代家族も多いわ。

b0358719_10155557.jpg

Kidsメニューも充実。ちなみに幼児は無料、ポク大活躍。

b0358719_10225571.jpg






で、ですねーー

次の日は親戚が13人?集まって、宴会@拙宅。


<ゆりかごから墓場まで>がスローガンの健全居酒屋へようこそ。
 (正確には、1歳、11歳、20代、30代3人、40代1人、50代4人、60代1人、80代1人 + 1匹 )


全員着席はキビしいので、お料理をカウンターに並べての回遊形式。

b0358719_13413604.jpg


オットは、早起きして タリアテッレを仕込む。

b0358719_12075654.jpg
お肉のラグーでね。



その他あれこれ。
 サンダニエレ産生ハムとトスカーナのサルーミ
 枝豆入りアランチーニ
 海老と山芋、蕗と湯葉のピンチョス
 ブルスケッタ2種
 クルミ入りメープルきんぴら、ピクルス
 燻製トリオ(タコ、ウズラ卵、明太子) by オット
 ロースト・ビーフ 和風バルサミコソース

 パスタもう一品:リガトーニのペスト・ジェノヴェーゼ

b0358719_12072661.jpg

さらにポテトのオーブン焼きとフルーツ、珍しいチーズやチョコレート・・・
その頃は何がなんだかで写真撮る余裕ナシ。



残ったのは、この空きボトルたち。

b0358719_10214268.jpg
ハンドル・キーパー2人は ノンアルだよん



世代も嗜好も異なるゲスト全員の口に合う食事の準備は難しくもあり楽しくもあり。
ま、一応好評だったみたい。
なかなか一度に集まることが難しい面々だからね、達成感。

泊まりがけメンツは、夜もわいわい・・・
もはや何を調達し、作り、飲み、食べたのか 定かではないけど、なんだかずっと賑やかだったのでヨシとする(してくれ)。





熟年以上のゲストが全員去った日。
娘 A B と ワタシとポクで 新緑のプチ散歩とパンケーキなひとときを。


鎌倉駅からKINOKUNIYA側へ。スターバックスの先にある「GARDEN HOUSE Restaurant」。

b0358719_10170182.jpg


Butter Milk Pancake バナナとくるみ。

b0358719_10162359.jpg


Butter Milk Pancake レモン&メープル。

b0358719_10162924.jpg


甘いのばっかだもアレだしね、とスペシャル・コンボ。

b0358719_10165517.jpg


美味しかったわ~。
今の季節は外の席が心地よくて人気。

b0358719_10170744.jpg


ブランチも良さげ。また来ましょっと。






そゆえば、20年ぶりくらい?に「Red Lobster」へも行ったわね。
というのも、海洋生物マニア(笑)のポクがロブスター水槽を喜ぶんじゃないかと。


うじゃうじゃ。

b0358719_10205786.jpg


案の定、大興奮。
爪が大きいから「あっにー(=カニ)」と迷うかも、という心配をよそに即断:「えっびー!」

b0358719_10435734.jpg

ファミレスの延長線上ではあるけれど、江の島店はどことなくハワイっぽくてイイ感じ。
もちろんkidsウエルカムだしね。





・・・・・・



さて、滞在中のポクあれこれをまとめておきましょかね。


ほら、水槽内を泳ぐお魚に興味津津。

b0358719_10191932.jpg


ホントはこんなカワイイサイズのばかりじゃなくて、ウミガメやサメも食い入るように観る。

b0358719_10190147.jpg




そして、全く別ジャンルで愛してやまないモノたち:乗り物(船は除く)。


最近は本体以外、つまりレールも大事。

b0358719_10223699.jpg


こちらは江ノ電と江ノ電バスが同じ路面で走るスグレもの。

b0358719_10190947.jpg


「そろそろプラレールが欲しいんですけど~」

b0358719_10201090.jpg


と日々呪文を唱えていたら・・・



ココロザシを同じくする(ただの乗り物好き) じぃじが買って帰ってきた!♪

b0358719_10200643.jpg



「トンネルも踏切もあるし、レールのレイアウトも替えられますよ」
b0358719_10211997.jpg


走らせるのはもちろん、江ノ電。結構リアルな音が出るんだわ。



「朝起きたら、まず始発を走らせるのが仕事です」
b0358719_10212530.jpg

こんなレイアウトも。

b0358719_10192317.jpg



「ここに脱線してるのもありますけど」
b0358719_10225983.jpg



「あ、クルマも好きですよ。最近はバスや消防車も守備範囲内です」
b0358719_10180058.jpg



そして やっと 帰熊の日。


「乗りなれた飛行機にも愛着ひとしおですよ」
b0358719_10213776.jpg



セキュリティ・チェックを逆走するポク。

b0358719_11481708.jpg


「ここはバスも見えて(ジュースも飲めて)良い席ですねぇ」
b0358719_10220377.jpg


「着陸のシートベルトサインが出たら起こして下さいね」
b0358719_10200378.jpg

アリヴェデルチ~
次は夏休みかしら(体調整えて待ってるわ)。







おまけ nipo。


ちょうど一年前、初節句なポク。いたいけ。
b0358719_12282327.jpg


が、一年経つと絵本を開き沈思黙考し、

b0358719_05383977.jpg

バナナも自分で皮を剥く。
まさに霊長類の進化。

b0358719_10213038.jpg


「未来行きのポク電車、走り続けますよ」
b0358719_10195522.jpg




プラレール下請業者(=じぃじ)によって、ひとまず収納される仲間たち。

b0358719_10224132.jpg

[PR]

by vicinoamare016 | 2017-05-16 12:46 | 家族 | Comments(4)

GW notes : 前半

世間の働くオトーサンたちより、ちょっとだけ早めにGW態勢に入ったオット殿。


帰省渋滞が始まる前に、西(ワタクシの実家)へ向かう。

b0358719_09573638.jpg
「乗ってますよ」



新東名が開通してからは毎度 そっちルート。
年に3回(GW、夏、年末)クルマで帰るけれど、事故に遭遇しない限り、混んだ記憶なし。

b0358719_09563868.jpg

空模様は 霧っと靄っと



朝7時ごろ出発して、最初の休憩:駿河湾沼津SA。

b0358719_09560143.jpg


2度めの休憩:岡崎SA。

b0358719_09571089.jpg



まだここで休まず 走り続けてもいい距離なんだけど、買いたいものがあって。

b0358719_09564233.jpg


TORAのパン、特にクリームパン推し♪

b0358719_09552673.jpg



あらゆるモノに名古屋な味覚をフィーチャーするスタンス。

b0358719_12481462.jpg


伊勢湾岸道~新名神、その後は京滋バイパスへ進むことが多いけれど、

b0358719_09564758.jpg



京滋ではなく、名神の大津SAでお昼休憩。

b0358719_09553163.jpg

b0358719_09565509.jpg
琵琶湖 VIEW



その後も順調、目的地の表示も出てきて。

b0358719_09570051.jpg


高速を降り、

b0358719_09554761.jpg


休憩3回(計1時間強)を含め、7時間で到着。

b0358719_09562931.jpg


長時間 クルマの後部座席で運搬されてきたこの方も、到着後のくつろぎ。

b0358719_09572581.jpg

クッションの使いこなし完ペキ



関東では見かけない春の味覚「うすいえんどう」で豆ご飯。

b0358719_09570523.jpg



たしかに色は薄いが、甘さが濃い♪

b0358719_09553653.jpg


この時期必ず母が煮る、筍。

天ぷらも揚げてくれて(写真が無いよー)

b0358719_09550782.jpg

明石の桜鯛、お刺身とアラ炊きで。

b0358719_09575817.jpg
ゴボウがまたウマいねん



一番搾りのご当地工場シリーズ、<神戸>で乾杯。

b0358719_09573375.jpg


翌日は、父の見舞いに三田方面へ。

b0358719_09574246.jpg


六甲周辺の新緑がモリモリっと。

b0358719_09554288.jpg


帰りはここに寄り道、お野菜やら果物やら三田牛やら。

b0358719_09572917.jpg






翌日は、お墓のある岡山へドライブ。
片道2時間弱。



お昼は、瀬戸内海に面した下津井(タコで有名)で食べましょっと。

b0358719_09555389.jpg


瀬戸大橋のすぐ袂の海鮮和食、「ふく仙」。

b0358719_09563403.jpg


「蝦蛄さま、会いたかった~❤」by ワタクシ

b0358719_09575211.jpg


岡山では子持ちがデフォルト、江戸前の甘辛いツメ(タレ)なんぞ無用。
(江戸っ子の皆さま、スミマセン) 

b0358719_09574649.jpg



タコの天ぷら。

b0358719_09574984.jpg



サワラのたたき、もみじおろしとポン酢で。

b0358719_09552002.jpg



「焼き穴子様、会いたかったわ~❤」by 母

b0358719_09575596.jpg
焼き穴子も甘辛いツメは無用、香ばしくいただくのよ



タコめし。

b0358719_09550318.jpg



オールスター海鮮丼。

b0358719_09545983.jpg



瀬戸大橋の袂、住所的には倉敷市。

b0358719_13292320.jpg

高校まで岡山で育ったワタクシ、海の幸の原点は瀬戸内なんだわね~
堪能いたしました、美味し懐かしのひととき。


あ、ちゃんとお墓参りもしたわよっ。





翌日。
母を乗せて一緒に帰りまする。


休憩は、御在所(三重県/東名阪自動車道)と、新東名の静岡SA。

b0358719_14341585.jpg


快晴に恵まれ、富士山好きの母 ご機嫌。

b0358719_09562412.jpg
御殿場あたり



新湘南バイパスの茅ヶ崎を通って、

b0358719_09580438.jpg

なんか藤沢にこんなもの造ってる。。。

b0358719_09561916.jpg



ただいま。

b0358719_13425281.jpg

GW、ほぼ前半終了。





おまけ nipo。



「とーぜんながら、後半は ポクが活躍しますよ」
b0358719_14404291.jpg




おまけ 「世界の車窓から」。

ハネムーン中の娘 B、コルマールに向かうTGVにて。
b0358719_09571766.jpg




[PR]

by vicinoamare016 | 2017-05-10 15:25 | おでかけ | Comments(4)

GW突入前の calm days

毎年 GWに突入すると、我が家は 移動や来訪で濃密度アップ。
なので、その直前の数日間をお気楽に過ごしてみた。。。



海の近くに引越したら、毎朝海岸まで散歩しよう!

・・・告白しましょう、早朝散歩は まだ3回:爆。

b0358719_09542997.jpg


回数へのツッコミは聞こえないフリして、やぁーホントに晴れた日の朝は気持ちいいっ

b0358719_09543571.jpg


人もクルマもまばらな時間、ちょっとモヤった青空と柔らかな潮風が春らしく。

b0358719_09533361.jpg


踏切待ちのトラックもサーフボード積んでて。

b0358719_09534737.jpg

真夏の容赦ない陽射しとは違う、ちょうどいい眩しさ。



こんな日は、ルーフを開けて「KUA AINA@由比ヶ浜」へ。

b0358719_16294907.jpg

パイナップル・バーガーと、

ロースト・ビーフサンドウィッチ。

b0358719_14002564.jpg


うーん、お気楽。




あ、まだ鎌倉で焼き鳥屋に行ってなかったわね。
小町通りの「鉄砲串」へ。

b0358719_06243354.jpg


お通しのもずく酢、とポテトサラダでスタート。

b0358719_06244117.jpg
これぞ居酒屋のポテサラ!



早く注文しておかないと無くなると言われ、レバー。

b0358719_06314204.jpg
トロりん



色々と日本酒が揃っているので、まずこれを。
「天青」、茅ヶ崎のお酒。


b0358719_06241183.jpg


「ソロバン珠」・・・? せせり をこう呼ぶらしい。

b0358719_14121999.jpg


手羽先。

b0358719_06242720.jpg


山形、出羽桜酒造の古酒「枯山水」。

b0358719_06232490.jpg


砂肝~。

b0358719_14092161.jpg



椎茸とバラシソ。

b0358719_14171455.jpg



つくね。

b0358719_14114508.jpg


島根の「王禄」と、福井の「黒龍」。

b0358719_14272797.jpg



ぎんなん。実は最初にも頼んだので おかわり。

b0358719_14085175.jpg



厚揚げ。

b0358719_06252008.jpg



そして〆は鶏スープ。

b0358719_06243799.jpg
ふわふわ卵♪。



常連さんと観光帰りさんと半々くらい、活気もあってなかなか良いお店。
ごちそうさまっ、美味しかった―、

…んだけど、以前住んでた目黒界隈は、焼き鳥店 超ハイレベル地区だったので…。

& 店内どこでも喫煙OKなのが(ワタクシには)難点。
 

 
お店から出て2軒(3軒?いや5軒か:日本酒効果)隣にある和菓子屋さんに寄る。

b0358719_14074307.jpg


閉店間際、麩まんぢうを購入。
デザートにね。

b0358719_14082206.jpg

うーん、お気楽。



そして。

夕焼け鑑賞ご飯しましょ、っと「Double Doors@七里ヶ浜」へ。

b0358719_05324778.jpg


なんたって沈む夕陽を見るんだから、明るいうちから入店しなくちゃ。


でーもー、お空どんより、風はひんやり(むしろ強風)。

b0358719_05321715.jpg
ホントは あの江の島あたりがオレンジ色に染まってる(イメージ)



人気の屋外席、この日は誰も居ない。。。

いいもん、飲むもん。


生ビール、と カイピリーニャ。

b0358719_05313732.jpg
無理矢理ウエストコースト感



そろそろシーズン終わりかな、フレッシュ・オイスター。

b0358719_05310728.jpg

フライド・オニオンリング。

b0358719_05290630.jpg
オットの大好物



揚げ山芋と豚しゃぶ、パクチーてんこ盛り。

b0358719_05293639.jpg
揚げ茄子も入ってるし、タレも美味しー



グリルチキンのスパイシー・サラダ。

b0358719_05280516.jpg
味付けはチャイナ風?



ダブルドアーズ名物(らしい)、アボカドのせハンバーグの柚子胡椒ソース。

b0358719_06450274.jpg
日によってソースが変わるそうす…



ジャンルは…ちょっとアジアン?イタリアン?ラテンアメリカン?和食っぽさも?
ハンティントン・ビーチあたりのレストランで出て来そうなメニュー。

夕陽はさておき、(実はあまり期待してなかった)お料理が美味しくて満足。


b0358719_05303774.jpg

他にも食べたいメニューが色々あるし、歩いて来れるし、再訪しよっと。

いやー、でもこれからの季節混むんだろねー、また天気悪い日に出向くかな。


うーん、お気楽。



いよいよGW突入前日。

しらすを仕入れに腰越の「しらすや」へ。

b0358719_06245014.jpg


地魚料理の食堂併設なので、寄ってみる(=食べてみる)。


b0358719_13592589.jpg
12時近くなると駐車場がいっぱいに



頼んだのは、釜揚げしらす丼と、ヒコイワシのお刺身。

相模湾のしらす漁は3月中旬に解禁したのだけど、今年(だけ?)は不漁で、生しらすメニューはまだお目見えせず。

b0358719_13585570.jpg
イワシ、美味しいわ。ちょっとお醤油がしょっぱいような



134号線を挟んで向かいは腰越漁協。

b0358719_13595587.jpg

生しらすどころか、釜揚げも冷凍モノしかなく、1パックだけ購入。
アヒージョにでもしませう。


しらすちゃーん、早く来て~







おまけ nipo。


「しらすは呼んでも来てくれませんが、ポクは行きますよ」
b0358719_07020502.jpg



「ポクに禁漁期はありません」
b0358719_15295918.jpg


「羽田行きの機内で充電中」
b0358719_07012703.jpg




GW突入だぁ~~~
(さらば お気楽)

b0358719_06520129.jpg
杖立温泉鯉のぼり祭り@阿蘇小国


[PR]

by vicinoamare016 | 2017-05-01 16:52 | 日常の記録 | Comments(2)