新宿区でイタリア~んなアクティビティ

「al mare~~」なんてタイトルなくせに、陸地の話題が多いので―
たまには 七里ヶ浜の水面がキラキラしてるとこを。

b0358719_10215313.jpg

んがっ、



内陸、高田馬場に降り立つ。

b0358719_10210328.jpg


早稲田口のランドマークといえば、40年前からBIG BOX。

b0358719_10205546.jpg


早稲田通りを3分ほど歩いて、「フラットリア」で、待ち合わせ。

イタリア四方山話&食いしん坊隊の終身名誉隊長マダムpomとランチ。

b0358719_10211013.jpg


学生さん+おぢさん+ガッツリ系食堂+カラオケ店+パチンコ店=このエリアの中にあって、ゆったりと落ち着いてお食事のできる貴重なイタリア料理店。


レストラン・スペースは2フロア。
この日は3Fのエレガントなお席で。

b0358719_10212217.jpg



Stuzzichini(先付け)と、白のグラスワインでスタート。

b0358719_10212881.jpg
玉ネギとジャガイモのスキアッチャータ、生ハムとイチジク




Antipasti だけ、二人で違う料理をチョイス。
マダムpomはホッキ貝、ワタシは真サバ。

b0358719_10200277.jpg

b0358719_10213420.jpg


Primo:スルメイカとオクラのトンナレッリ、からすみパウダー。

b0358719_10201078.jpg


ここで 赤ワインを。


おススメに従い、エミリア=ロマーニャのFeini。
カヴェルネ・ソーヴィニオンとメルローのブレンド。
結構スパイシーな香り、鴨に負けない。

b0358719_09431830.jpg


アルト・アデジェのTRAMIN、ピノ・ネロ。
オーストリア国境キワっきわの地方だから、ゲヴェルツやソーヴィニオン・ブランが主力商品なんだけど、美味しい赤。

そっか、シェフはアルト・アディジェでも修業していたもんね~、さすが。

b0358719_10201789.jpg


Secondo:鴨のロースト。

b0358719_10202560.jpg

Dolce:栗のセミフレッド。

b0358719_10203389.jpg

どれもこれも美味しゅうございました。
ワインも シェフのご厚意に甘えてお店からのサービス、恐縮至極。


シェフとは、かつてイタリア語教室で机を並べた仲。

その後、イタリアに渡り精力的に現地修業&ほぼイタリア全土を巡り、帰国後すぐにお店を任され、素晴らしい奥さまと双子ちゃんにも恵まれて…

まるで親戚の若者が立派になったように ご同慶の至りモードで目を細めるオバサン(=ワタシたち)。

この春にはファミリーで七里ガ浜にまで いらしてくれたし♪

b0358719_09530804.jpg

ごちそうさま、またお邪魔しちゃうわね。





かーらーの、新宿区内で行きたいとこが もうひとつ。

b0358719_09433225.jpg

イタリアの風景画を描き続ける画家、荒井裕子氏の個展。
「フラットリア」のシェフも荒井氏の絵がお好きで、お店にも飾ってある。


行ったことないギャラリー@信濃町と四谷三丁目の間(らしい)。
聞き慣れない交差点から、見慣れない路地へ入り、テクテク。


ん?

b0358719_09532386.jpg


突然、イタリア風味の建物が出現。

b0358719_09531652.jpg


あった、ここだわ。

b0358719_10204006.jpg

建物内には、大小ギャラリーやセミナールームがあり、和洋立体、王道にアングラと 様々なジャンルの展示がされている。
へぇ~、世の中にアートな人ってたくさんいるのねぇ。


ワタシたちのお目当ては、2Fの奥。

えーっと、さすがに展示会場は撮影してないのだけれど、今回はいつものイタリアに加え、南仏の風景を描いた作品も。


七里ガ浜の家が完成したら飾ろうと、建築中から買う気満々で荒井氏の個展を物色していたのだけれど、前回は欲しいと思ったのが売約済みで断念 → 今回、アクリル画を購入。



絵が届くのは個展が終了した来週以降、壁に掛けたら撮影しましょ。



これは、去年購入した水彩画の小品 、玄関ホールに鎮座 ↓ 。
b0358719_10204924.jpg

荒井氏本人ともお話が出来て、充実したひととき。



七里ヶ浜駅の100倍はあるだろね、久々の新宿駅でジンワリ迷子になりつつ帰路へ。

b0358719_10195418.jpg


さ、そろそろ衣替えを完了せねば。








おまけ nipo 。



「世間は衣替え、ポクはクルマ替えの季節です」
b0358719_10221910.jpg


「結構 几帳面なんです」
b0358719_10310724.jpg



「全車収納。…じぃじ、まだ空きがありますよ~」
b0358719_10222424.jpg



おまけ nipo のおまけ。

9月はお誕生月だったので、あちこちでお祝いされたポク。


「皆の者、大義であった」
b0358719_10185983.jpg



[PR]

by vicinoamare016 | 2017-09-28 13:30 | 食(おそと) | Comments(0)

母の好物を(身近で)調達する日々:2017 初秋

つい先日までの2週間、母が滞在していたときの記録を駆け足で。


序盤は、オットの両親に会いに新百合ヶ丘へ。
& 奇偶にも近辺在住の70年来ババ友と5時間ノンストップ・トーク。

…から、ロマンスカーでご帰還したところを片瀬江ノ島駅にお迎え。

b0358719_13330098.jpg


イマドキの82歳。
まだまだ知覚も味覚もしっかりしているけれど、最近は気力体力的に毎日遠出は無理ッ!宣言、一日頑張ると翌日は安息日らしい。

しかも、マ・ヂ・で 歩行距離激減(困)。


昼間 ワタシがお外ランチに連れ出し、夜は家でオットの晩酌の相伴というのが平日のパターン。

食欲はある、嗜好も明確。


母、お魚大好き。

「相模湾って、鯵やしらすばかりじゃないのねぇ」と、海の近くへ引越してきたことにまんざらでもないご様子。


以下は母が食べた魚たちの一部。


ウマヅラハギの煮付け@池田丸(稲村ヶ崎)
オニオコゼの煮漬け@しら川(腰越)
メバルのアクアパッツァ@おウチ

左下は母リクエストで土鍋お赤飯@おウチ

b0358719_13115688.jpg


ホウボウ、鮪、マルイカ、カマスのお刺身@しら川

b0358719_13112587.jpg





ある日のランチ、少々ドライブがてら葉山へ。


b0358719_14130287.jpg
ちなみにウチは海抜40m近い。安全っていうか 駅からの登りがキツい。。。




故・石原裕次郎氏も通ったという、葉山の中華料理「海狼」。
葉山御用邸開設の1894年創業の『かぎ家旅館』が前身、今も石原軍団が訪れることあり(ね、後期高齢者が好きそうでしょ)。


b0358719_14104138.jpg

外観はごく普通のマンションなれど、店内はクラシカルでとても落ち着いた雰囲気。


予約して行ったので、森戸海岸が見渡せるテーブル♪

b0358719_11453432.jpg


お手軽ランチコースもあるけれど、とメニューをめくっていたら… 母、いきなり「フカヒレの姿煮」。

母、フカヒレ大好き。

b0358719_13563521.jpg


美味しーわ。
姿丸ごとは、数年前に台北でオットと食して以来かも。



かなりボリューミィなので、あとは小龍包とタラバガニ炒飯をシェアして満腹。
ここの梅ザーサイ(炒飯右上)も美味しいのよ。

b0358719_14135887.jpg

サービスもきめ細やかだし、居心地いい。
また行きましょっと。
(駐車場完備、歩 けない人もOK)





食べてるばかりじゃないのよ、文化活動も。
とはいえ、都心に住んでた時のように 常に色んなジャンルのコンサートやお芝居がかかってるわけではない。



んが、ちょうど滞在中に(地味目ながら)藤沢リラホールでタンゴコンサートが!
近いし、車で行けるし。

母、タンゴ大好き。


b0358719_11440823.jpg


バンドネオンとギターだけの組み合わせ、切ない音色が沁みるぜ。

b0358719_12312256.jpg

年配のオーディエンスが殆ど。

エル・チョクロ ~ 巴里のカナロ ~ ラ・クンパルシータと続いたときは、皆さん半世紀以上前のダンスホールにタイムトリップしていた模様。


「飛行機は乗りたくないけど、ブエノスアイレスは行ってみたかったわ~」by 母。






そしてある夜は、ジャズ。
鎌倉でジャズライヴといえば「DAPHNE(ダフネ)」。


b0358719_11433983.jpg


ワタシの趣味で大野雄二トリオ。


母、ジャズライヴ大好き。


この日は最前列席に陣取る。
76歳とは思えぬパワフルなプレイを2ステージこなす大野氏、カッコいい。

b0358719_11415905.jpg

音大出身の母、楽譜があれば大抵のモノは弾けるけれど、アレンジやアドリブが苦手なクラシック奏法。
ジャズライブに連れていくといつも、鍵盤上を滑る指を食い入るように見つめ「ああいう崩し方ができんのよ」と悔しげにつぶやく。






さあ、なんだかんだで、もうすぐ帰阪。
今回やり残したことは・・・

「銀座シックスできたよねぇ?」


母、銀座大好き。


青春のおもひでが詰まってるんだと(遠い目)。


ちょうど、娘 B&婿殿のご両親とウェディング会場@銀座の下見をする予定があったので、オットも一緒に車でおのぼりさん。


会場見学(母は銀座シックス散策)が終わって夕飯タイム:せっかくだし 皆で会食でも。

敬老の日だからか? 総勢7名で予約を入れようとするも玉砕続き。


そうだ!
大箱の「パラダイス・ダイナシティ」ならもしや・・・

・・・取れた。


b0358719_14101236.jpg

なんか色々食べたけれど、ウェディング絡みの話も弾んで、写真はこれだけ。
(婿殿ご両親、突然の母飛び入りを温かく歓迎して下さり、ありがとございましたぁ)


とりあえず "インスタ映え"する看板メニューの8色小龍包は押える。

久々に東京~横浜のキラキラ濃密度夜景ドライブを楽しみつつ帰宅(母爆睡)。





そういえば。

母、富士山大好き。


「今回は一度も見えないわねぇ」…この時期は見えにくいのよ、冠雪もない黒富士だし。

でも、台風一過の朝、富士山出てるかも~ だけの極プチドライブへ。


b0358719_11470984.jpg

執念で、見た。




年に2~3回、我が家に逗留するのだけれど、今回はホントに歩かなくなっていた。
一度も電車に乗らない送迎移動ばかり。

まぁ、数十年前来の重度リンパ浮腫やら股関節なんちゃらと医者が認める不具合があるので仕方ないし、かろうじてまだ車椅子や杖のお世話になってはいない。




そんな母の足、Rock Spring大好き。


チェコのプラハ発祥のブランドで、軽くてカラフルで通気性抜群、普段履きシューズとして大活躍。
おめかし不要な日は、ジーンズかコットンパンツにこのシューズで過ごしている。


これは現役。

b0358719_14223951.jpg


「そろそろ次のが欲しいから、Amazonでポチっとしといて」
「へい」


はい、新作が到着。
これでRock Spring 5代目。

b0358719_12321860.jpg


「これもインスタ映えするんじゃない?」by 母


映えても映えなくても、頑張って歩きましょう。
また一緒に銀座を歩きましょう。


See you soon!









おまけ nipo。



「ポクも インスタ映えは常に意識しています」
b0358719_11415105.jpg


「トレーニングパンツもあえてカラフルなチョイス」
b0358719_14053089.jpg



「インスタ女子は、こういうのも喜びます」
b0358719_14091448.jpg

[PR]

by vicinoamare016 | 2017-09-22 09:22 | 家族 | Comments(2)

2017 レイト・(お孫)サマー in Kansai

久々にオットとワタシだけの暮らしに戻った 8月末のある夜、サクっと 暫定お疲れさん会。


b0358719_15104217.jpg


和田塚、鎌倉駅からも歩ける「La cocina de Gen(ラ・コシーナ・ディ・ゲン)」のカウンターで。


b0358719_15105522.jpg


スペインバルとトラットリアとピッツェリア合体系の便利なアラカルト処。
常連さんが多いのも頷ける。

b0358719_16462888.jpg



あくまでも "暫定" お疲れさん。



だってー



この数日後、またワタシだけ 実家へ出向(=休養ではない)。



期限が近いマイレージを使って伊丹へ。

b0358719_14481799.jpg



空港リムジンに乗って、阪神甲子園駅経由で、阪急西宮北口へ。
単身で実家を目指すときのアクセスパターン。


b0358719_14481233.jpg



母と待ち合わせしている "ガーデンズ(イントネーション注意)" に向かう。


b0358719_14485002.jpg


入院と猛暑でますます出不精気味な母も「ここまでなら自力で来るんよ~」(帰りはタクるのが常套手段)と言うのでね。


b0358719_14482216.jpg



で、3週間ぶりにまた実家。
ベランダからは、遠くに神戸が見える。


b0358719_09452414.jpg



一方。


nipo & his perentsは、熊本から AMAXで伊丹空港へ。


2歳のお誕生日イベントに『NHKお母さんといっしょコンサート@大阪城ホール→USJ→海遊館2泊3日ツアー+ひぃばぁば宅泊』を決行するんだと。。。



「じぃじも 好きなAMAXですよ」
b0358719_14363235.jpg


大阪着いたら、コンサートに直行。

b0358719_14563372.jpg




誕生日ケーキ発注を 命令 任されていたワタシは、引き取りに。

夙川~苦楽園界隈は、人気のパン屋と洋菓子店がいっぱい。
ちょっと歩いただけでもこんなに。

ラ・バゲット・ド・パリ・ヨシカワ
菓子工房 いちかわ
ハイジ
ラ・フィーユ
プリン Kiyomi

b0358719_17224266.jpg
他にもジヴェルニー、Ryouichi Yamauchi、ケーズベック、Creve、アトリエ・タケ…



どこにするか迷ったけど、果物屋さん直営の「ARROW TREE」で。



「昭和の芸人ではありません、2歳になったポクです」
b0358719_17112727.jpg



東京でお仕事&お留守番中の じぃじからも インパクト切り口なスイーツが届く。
美味しい―わ、これ。


b0358719_10044729.jpg


ワタシは、トイザらスのプリペイドカードを(&トミカの仲間たち)。


b0358719_10291991.jpg



USJ と 天保山・海遊館。
nipo的には 生ジンベイザメが主役だったのかな。


b0358719_15075101.jpg



ぱぁぱ…、おつかれさんだねー:汗





さて、普段一人でいると食事内容が横着になる母をランチに連れだすワタシ。



夙川からも苦楽園口からも徒歩10分以上かかるのに人気のお店「京料理 くまがい」。
ー っと思ったら、お休みぢゃん!ショック!


b0358719_17171973.jpg



歩きたがらない母がハシゴで歩く距離範囲内代替店「焼肉酒家 蘭」へ。



テニスコートに隣接していて、他人のプレーにツッコミ入れつつお食事。
お手軽ランチもあるけれど、お昼もアラカルトなら立派なお肉と極上キムチが食べられる。

b0358719_17172604.jpg


暑い日だったこともあって、母は食後あっさり帰宅。


ワタシはちょっと買い物やら、母の雑用を近所で済ます。


b0358719_16325065.jpg


あらホント、関西ではカールが陳列棚にたくさん。

b0358719_17235514.jpg

江ノ電のカール広告は、今年いっぱいで消えるそうな:淋

b0358719_09285150.jpg


そして。


nipoたちは、強行軍ともいえるツアーを無事こなし、帰熊したところで:


:ワタシの今回の本来の目的。


先月切除した、母の巨大な大腸ポリープの細胞検査結果が出る日。
最悪の結果なら、色々と即対応が必要なだけでなく、何より本人の心情がね。。。

b0358719_17104395.jpg


またここが広くてねー、院内を移動するだけでも年寄りにはハードル高いもん。


b0358719_14485798.jpg


・・・結果は、


"シロ"でした 103.png


主治医曰く「もう少し放置していたら確実に癌化してましたね。間に合って良かった。ただし、検査は毎年受けて下さいね、近所のお医者さんで良いので。もう何を食べても、遠出してもいいですよ」


母、やはりそれなりに気が張っていたのか、やや脱力。
良かったね♪



「ワシもそう思っとった! ほらな、ぜったい大丈夫やって!」
(通天閣下のおっちゃん風)
b0358719_11172551.jpg




ってなわけで、しばらく 不便な 兵庫医大付属病院のお世話にならなくてよいと判明した途端「一緒に七里ヶ浜について行こうかな~」と。



へい、どうぞ。



帰路も飛行機でびゅ~ん・・・「私、地に足の着いた人間だから」と、母は断固拒否。
ワタシもツマ先くらいは着けて生きてるんだけどね。。。

いいでしょう、大阪っぽいお寿司買って新幹線乗りましょ。

b0358719_14361867.jpg

あえて "ひかり"に乗って、小田原で下車→東海道線で藤沢→オットがお迎え、で帰宅。

b0358719_14362623.jpg


かくして、「サマー」なお題の記録は終結。







おまけ nipo。



「3本にみえるかもしれませんが、2歳ですからね」
b0358719_16012469.jpg

[PR]

by vicinoamare016 | 2017-09-15 10:09 | 家族 | Comments(6)

2017 (お孫)サマー・ダイジェスト - 3

<前記事からの続き>



nipoの夏 in 鎌倉界隈 の後半戦。



nipo & 娘Aが 横浜・東京出張から戻ってきた日は、七里ガ浜の夏祭り。
行ってみましょ、ワタシも初めてだし。



これは たまたま沖縄チックだけど、フラ、タヒチアン、ロックバンドe.t.c. 出演者のジャンル多岐。

b0358719_12351114.jpg

(いわゆる)テキ屋さんたちではなく、全て近所の商店&ジモト有志による出店のみ。

b0358719_10192211.jpg


「それにしても蒸し暑い・・・氷がやめられません」
b0358719_10190947.jpg



翌日からも、せっせと(近距離)アクティビティ。


いまだに天気は今イチなれど、一度は海に浸かってもらおう!
と、由比ヶ浜へ。



出発前、ニモの浮輪でイメージトレーニング。
余裕の笑み。

b0358719_12480327.jpg

ホームにて江ノ電を待つポク、余裕の指さし確認。

b0358719_13320564.jpg


うーん、空は どよ~ん。
だけど 車窓から余裕の景色チェック。

b0358719_10313951.jpg


到着。



入水。



ぎゃ~~~んっ!
余裕皆無。



「波こわいですぅーーー」
b0358719_13311453.jpg


海水浴、1分で終了。。。





「ポクは相模湾と うまくやっていけそうにありません。お庭プールで いいんです」
b0358719_12454187.jpg



基本、陸地の方が得意なのよねん、鎌倉シティ散策へ出かけましょ。



8月下旬になってやっと晴れ。

b0358719_13302388.jpg


御成通りから長谷に向かう角、「AWkitchenGARDEN」でランチ。

b0358719_13190269.jpg

ここは3月まで「Farm to you」というお店だったような。

b0358719_13315110.jpg

てんこ盛りのお野菜、いい感じ♪

b0358719_12335315.jpg


マルゲリータと パスタを2種(オクラとサルシッチャのペペロンチーノ、トマトと茄子)を。

b0358719_13084185.jpg


窓外を江ノ電が行き来するたび 振り返るポクは忙しい。。。
お外に、すぐ目の前で見えるカブリつき席もあるけれど、8月の昼間は暑過ぎてねぇ。

b0358719_13313774.jpg


AWキッチン。
むかーし、中目黒の住宅地にあった1号店(たしか閉店)に初めて行ったとき、バーニャカウダと手打ちパスタがとーっても美味しかった記憶が。

現在あちこちに展開するAW~は、お味も若干フランチャイジー感否めないけれど、ここはロケーションも雰囲気も良く、カフェ使いもOKでいいわ。






そして、別の日のランチ。

小町通り奥で長い行列ができているのを横目で見て通り過ぎていた「もみじ茶屋」。
つい最近 御成通りにもオープン、こちらはそれほど混んでないので入ってみることに。



b0358719_13312054.jpg

まぐろ&しらす丼、抹茶あんみつパフェ、抹茶白玉かき氷。
ポクは お子様ランチ。

b0358719_12585400.jpg

ま、美味しいけど・・・行列に並んでまでは、ねぇ。

ここに限らず 最近かき氷にスプーマ?をかけるのが流行ってるけど、ワタシはあんまり。
白玉のサイズと感触は






さぁさぁ、「ふじさわ江ノ島花火大会」ざんすよ。


七里ガ浜の海岸からでもキレイに見えた~~

b0358719_16531972.jpg

打ち上げ場所は片瀬西浜なので、もっと間近で迫力を、という方々には物足りないかもしれないけれど、場所取りや混雑のストレスもなく、潮風に吹かれながらゆーったり鑑賞できたよん♪

b0358719_16543397.jpg




翌日。

娘 Aの幼な馴染み(横浜在住)が、赤ちゃん(&ばぁば)連れで 我が家に。
にぎにぎ、やかやか。


b0358719_13280720.jpg



そうこうしてるうち、娘 Bは夏休み終了で東京へ戻る ―
― その直前に、藤沢の「翻車魚丸」で夜ごはん。

b0358719_13301375.jpg


見よ、このお刺身の厚み。

b0358719_12590233.jpg


「お座敷ですからね、正座しますよ」
b0358719_12484297.jpg



翌日、昼間は東京の まぁま友ランチにお伴したnipo。

・・・帰りに、片瀬江ノ島駅でワタシと待ち合わせ。

b0358719_12483672.jpg


テクテクと134号線を横切り。

b0358719_12482452.jpg


「新江ノ島水族館」へ。

b0358719_12482915.jpg


17:00以降限定の演出、ナイトワンダー・アクアリウム。

b0358719_16310439.jpg


b0358719_16291779.jpg


とはいえ まだお外は明るく、イルカも飛んでる。
あ、これはオキゴンドウのセーラーちゃん。

b0358719_12474363.jpg



18:00過ぎ、イルカ・ショーのプールの向うには、夕陽♪

b0358719_12473721.jpg


ウミガメに挨拶してから、

b0358719_12471386.jpg


海側のウッドデッキに出ると、左手に江ノ島。
b0358719_12473020.jpg


右手には こんなに素敵なサンセットが望めるっ
肉眼では、かすかに富士山シルエットも見えたよ。

b0358719_12471899.jpg

昨今人気の深海魚に関する展示も豊富。

b0358719_12451260.jpg


夏休みゆえ 夕方以降もキッズ多めだったけど、昼間のような混雑はなく 大人のおデートにもおススメ。






さて、nipoの夏 in 鎌倉2017もそろそろ大詰め。




ちょうどこの時期、長谷のあちこちがライトアップ中。
ならば、行きましょうぞ。


ライトアップというからには、日が暮れなくては。

先に腹ごしらえを:「AWANOUTA」、七里ガ浜住宅地内にあるラーメン屋さん。


b0358719_10152427.jpg

インテリアは カフェ風。

b0358719_13385401.jpg


パクチー水餃子やら、鶏のタタキやら、レアチャーシューやら、お酒に合うサイドメニューが多いので、軽く飲んでラーメンで〆、な方々にも重宝しそう。


b0358719_13392179.jpg




暗くなってきたところで 長谷へ。


夜の長谷寺。

b0358719_16460972.jpg


通常のアドミッションで入場できて、各自にLED提灯(色が変わるのよ)が渡される。
境内のライトアップ写真は(他の日の数々の名シーンも)、壊れたスマホと共に去りぬ:泣。


b0358719_12423407.jpg

結構な人出をかき分けつつ、長谷寺を登って下りて、高徳院へダッシュ。

夜空に浮かび上がる大仏様。

b0358719_12464391.jpg

大仏シルエットのポク。
b0358719_12424465.jpg



はぁー、もうやり切ったわ。
ワタシも、鎌倉で夏を過ごすのは初めてだったこともあり、ぐゎんばぁって ほぼ毎日アテンド。
ちかれたー(楽しかったけど)。






「あ、ポクは線路の拡張工事が残ってますから、先に寝て下さい」
b0358719_13284128.jpg

[PR]

by vicinoamare016 | 2017-09-11 10:27 | 家族 | Comments(2)

2017 (お孫)サマー・ダイジェスト - 2

<前記事からの続き>



さて、母 連行は叶わずとも、ひとまず七里ガ浜に娘たちが集結したときの記録を。
後半戦はスマホが壊れて、どこをどう探しても見つからない写真も・・・故に いつも以上にやっつけ編集御免~~




リビングルームは完全にnipoシフト。


b0358719_13283668.jpg

せっかく活きのいいワカモノが来てるってのに、海は連日どよ~~ん。

b0358719_12435484.jpg

水遊びには肌寒いほどの気温なので、お庭プールも屋内で膨らませる:狭いわっ!

b0358719_12412258.jpg

お外遊びが出来ず、地味にお庭のブルーベリー狩り。

b0358719_12481608.jpg


シャボン玉 ぷ~~の練習。

b0358719_11455295.jpg



なぜかウチに集まる男子全員ぽっちゃり傾向→快食←食糧調達は ガッツリ。


ブッラータ
生ハムいちじく
マッシュルームとうにくらげのカルパッチョ風
ズッキーニとドライトマトのサラダ

*盛り付け by 娘B's 婿殿
b0358719_12421532.jpg


ミートローフ
手羽先フリット(甘辛ソースからめ)
リッチョリーネのカルボナーラ


b0358719_12415989.jpg


ポートランド帰りの マダム友にいただいたピノ。
オレゴン・ワイン、人気急上昇中。

b0358719_13424714.jpg


かーらーの、ダバダバダ。

b0358719_13330736.jpg


テラスで手花火。

b0358719_15490883.jpg


b0358719_12405749.jpg



ポク 就寝後は、婿殿Sによるファミコン対決(レベルは低め)。


b0358719_12324465.jpg



翌朝。

海へ! と繰り出したものの、やっぱりショボショボ雨。

134号線沿い、暑い日なら大人気のオリジナル・シェイクのお店「potatis」に寄っただけで帰宅。


b0358719_12290671.jpg

「うーむ、たしかにシェイク日和では ないですね」
b0358719_15481993.jpg


徒歩外出は諦め、クルマでお昼に出かけた(このへんの写真皆無)帰りに、葉山の「マーロウ」へ。


b0358719_12285077.jpg


ボリュームたっぷりだし 美味しいんだけど、プリンが700円ってのは男子に不評。。。

b0358719_12283416.jpg

「ポクは このプリン椅子、好きですよ」
b0358719_15475342.jpg


生憎、屋外シーンは背景が灰色ばかりでちっとも夏っぽくないまま、前半終了=nipo親子は ぱぁぱの実家(横浜)へ、娘B & 婿は東京へ。





っふぅ~、後半に備えて ひと休みしましょっ気分のオットとワタシ。



とりあえず nipoが一緒だと食べにくいものを:




西鎌倉に向かう途中にあるインド・ネパール料理「シリス」で、ナン&カレー。

b0358719_12280456.jpg

b0358719_12281376.jpg

b0358719_12275356.jpg

とーっても丁寧な言葉遣いとソフトな物腰のおにーさんがカイガイしく給仕してくれる。
そりゃ神保町の「マンダラ」と比べちゃいけないけれど、美味しかったー。



そして夜は、小町の「うみかぜ」で焼肉。

今んとこ、鎌倉駅界隈ではここが一番気に入ってる、ので再訪。

和牛特選盛り合わせでスタート、ご飯もサイドメニューも頼まず ひたすら和牛で通し、最後にハーフ冷麺で〆。


b0358719_12414365.jpg

うむ、燃料補給は万全。
後半もどっからでもかかって来なさい。




「え? また戻ってくるんかい・・・」
b0358719_13454607.jpg


以下次号

[PR]

by vicinoamare016 | 2017-09-07 16:33 | 家族 | Comments(0)

2017 (お孫)サマー・ダイジェスト-1

いつのまにか夏は過ぎて。

こちらも花火&向日葵から、お月見バージョンに。

b0358719_14071645.jpg


せめてお彼岸までには、夏の記録を整理しとかなくては。



いわゆる夏本番ウィーク。
オット殿も、代休や週末を 匠のワザで 組み合わせ、なんだかんだ10日余りも休暇とな。

ならば遠出して優雅なバカンス・・・というわけにはいかないのが盆暮れの我が家。
今年もほぼ迎撃一辺倒(ありがたいことだけど)でしたわ・・・



まずは、西宮の 母宅集合からスタート。
毎度ワタクシどもはクルマで。
先に着いて、九州新幹線でやってくる nipo & 娘Aを捕獲するべく新神戸駅へ。



JR 熊本駅(いかにも)。

b0358719_11482620.jpg


ホームに滑り込む「実物大(あたりまえだけど)のナマ新幹線」を凝視するポク。

b0358719_11500322.jpg



観る鉄なので、車内では比較的冷静なポク。

b0358719_11493374.jpg



ジミーな新神戸駅。

b0358719_11453586.jpg



駅前は、ロータリーとホテルとダイエー系(ちっちゃい)ショッピング街があるだけ。

b0358719_12372435.jpg




着いたよ、九州新幹線 さくらちゃん!
熊本⇔新神戸は3時間半足らず。

b0358719_11491118.jpg




ホントは 母&孫を温泉に連れて行くつもりだったんだけど、母の大腸にポリープが見つかる。



まぁ ただのポリープなら、内視鏡で切除・日帰りも可能なご時世ながら、巨大かつ難しい場所にあるからと、一軒目の個人医院では完結ぜず、兵庫医科大学付属病院へ。

しかも5日間の入院。


b0358719_12363309.jpg


ってなわけで、今回の西宮滞在は、母のいない実家からお見舞いに通う日々。



だがしかし、お見舞い程度ではパワーを持て余すポク。

弱ってもらうため、西宮ガーデンズなんぞに寄る。

b0358719_12382814.jpg

おおっ、阪急百貨店にも江ノ電がっ!

b0358719_12384820.jpg


すでに江ノ電は『ポクの車両基地』に配備済みなので、蒸気の出るトーマスを。

b0358719_11475319.jpg


蒸気給水システムはさすがにポクにはまだ難しいから、じぃじに業務委託。
ポクは トーマス相手にトークタイム(このトーマス、お喋り&蒸気サウンド27種類!)。


b0358719_11465487.jpg



翌日は、介護施設に父を訪問。
帰りに、兵庫県三田市で(おそらく)今もっとも話題の「パティシェ エス ‐ コヤマ」へ。

b0358719_12374909.jpg

気温35度の中、クリームパンに並ぶ人々。。。
あ、ワタシはパス。
b0358719_12354133.jpg



並ばずに買えたソフトクリーム(暑いし)。
背景は、これまた大人気のバウムクーヘンがぐるぐるされているところ。

b0358719_22421934.jpg

メルヘンちっくな造形物があちこちに。


イートインはもちろん、キッズ用お菓子工房やチョコレート専門パビリオンが点在する、スイーツのミニ・テーマパーク。


b0358719_12355657.jpg


この猛暑の中、かっぱ巻き感覚で 生ロールケーキを大量購入する関西マダムに圧倒されつつ、バウムをおみやげに。



b0358719_12333005.jpg



一方。

食事制限までかかり、病室で無聊をかこつ母は ―


術後の経過は良く、とりあえず退院に漕ぎ着けたものの、結構出血が多かったので 2週間ほど遠出禁止の条件付き。


なので、いつものようにワタシたちの帰路に同乗させて しばらく七里ガ浜に逗留、 娘AB with ムコ殿S+ nipoに賑やかされつつ静養、オットの両親や東京時代の旧友にも会えるし、という目論見もNGに。


弟(極近在住)に託し、nipoの余剰パワーを燃焼させるべく、ひとまず引き上げる。






「お久しぶり~、ポクですよ」
b0358719_13320093.jpg
「うっ、またコイツ来やがったわねっ」




・・・以下次号

[PR]

by vicinoamare016 | 2017-09-06 17:30 | 家族 | Comments(0)