人気ブログランキング |

西へ南へ、モーダルシフト旅 - 3

新門司港に上陸、九州自動車道で長女(とその一味)が住む熊本入り。

とりあえず、義父から託されたクルマを無事納車して、と。
(画像は名義変更後、くまモンナンバー&Child in Car仕様 ↓)

b0358719_16192150.jpg

熊本っぽい夕ご飯を、と、繁華街方面に繰り出す。

下通アーケードの賑わい、太平燕(タイピーエン)で有名な「紅蘭亭」。

b0358719_15515556.jpg


とーぜん、こちらの2匹(閲覧注意)が、もれなくついてくる・・・


b0358719_15563315.jpg

・・・ので、キッズ連れも気兼ねなく熊本グルメが堪能できる居酒屋へ。


以前も行ったことがある「YOKOBACHI」。

上通の1本裏手、路地とはいえ、このあたり人気の美味しいお店が並んでいる活気あるエリア。

b0358719_15540640.jpg

昭和っぽい佇まいの土間、中庭、お座敷、離れ等、どこも大賑わい。

b0358719_16333142.jpg
HPより拝借


ユニークな名前の定番スターター、一文字ぐるぐる。
わけぎのぬたみたいな。

b0358719_15522184.jpg


ガリガリごぼう天のせシーザーズサラダ。

b0358719_16323685.jpg

馬刺は部位を選んで=赤身オンリー。
エビぷりぷり薩摩揚げ、呼子のイカ刺し。

b0358719_15522871.jpg
イカは、ゲソ部分を焼いてくれる



まったくもって熊本グルメじゃないけれど、この店の〆で一番人気の麻婆豆腐。
いやホント美味しいのよ。

b0358719_16322920.jpg

他にも唐揚げやら、担々麺やら…

ごちそうさま、満腹&満足~


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


翌朝は、長女家の3列シート・ミニバンに全員乗り込み、阿蘇から別府を目指す。

まず、大分県九重(くじゅう)町が誇るパノラマスポット、大吊橋に寄ってみる。


b0358719_15535693.jpg


日本で最も高いところにある吊橋で、その高さは173m、長さ390m。

b0358719_15534847.jpg


渡ってみた(怖)…。
足元が透けているし、“吊り”なので走るヤカラがいるとかなーり揺れる。


そりゃ景色は素晴らしいっす、滝なんぞも2つあって、さぞかし紅葉の時期は見応えがあるでしょ。。。が、向こうまで渡りきれず戻ってきてしまぷた。


b0358719_15571351.jpg

その高さと規模がわかりにくいので、全貌↓。

b0358719_16503624.jpg
HPより拝借


袂の売店で食べたソフトクリーム、とっても濃厚でハイクオリティ❤




次に寄ったのは、「(旧)豊後森機関庫 と (旧)転車台」。

じぃじのリクエストで来たのだけれど、いやぁ扇形機関庫の放つ渋ーい魅力にちょいと感動。

b0358719_15531974.jpg


久留米と大分を結ぶ久大線の豊後森駅で昭和4年~45年まで使われていた。
戦中は軍事輸送の拠点でもあったそうな。


b0358719_15532986.jpg


1919年製造の蒸気機関車29612号(そのスジの人は “キューロク”と呼ぶ)。
ポクが乗ってるミニSLは、ホントに石炭を焚いて走ってるぅーーー

b0358719_15570770.jpg


プチミュージアムには、JR九州が誇る最新車両に関する展示もあって、新旧 “そのスジ”の人が楽しめるし、廃屋マニア(笑)にもおススメ。

b0358719_15534168.jpg



さて、ランチタイム。
大分、とくにこのあたりなら「想夫恋」の日田焼きそばをハズすわけには。

見た目それほど特別感ないって?

いんや、注文入ってから生めんを茹でて、しっかり焼きつけるからパリパリとしっとりの硬軟歯応えが絶妙♪


b0358719_15520485.jpg


納得の大分B級グルメの後、いよいよ別府。


ちょっとだけ地獄めぐり:中学校の修学旅行以来だわ…

全部めぐると大変なので、海地獄だけ。

b0358719_15572136.jpg


そろそろチェック・イン可能時間。

別府でファミリー仕様お宿の決定版といえば、こちら!
年間を通じて稼働率99%というモンスターホテル。

b0358719_15564517.jpg


巨大プールは屋内外に(冬は温水、スケールは九州随一)、海と街が見下ろせる展望風呂、サブのお風呂も充分な広さと景色。

b0358719_15524677.jpg


三丁目の夕陽的容貌のポク、浴衣が似合いすぎる。。。

b0358719_15523355.jpg


「ファミリー向けホテルのビュッフェって…」とやや斜に構えてたけれど、これがなかなかのクオリティ。
これだけ豊富なメニューを作り置きの少ない状態で提供するとは…しかも少しずつ趣向とグレードの異なる複数のビュッフェ会場で。

常に2000人超の宿泊客を迎えているからこそ可能なんでしょね。

b0358719_15525459.jpg
一部HPより拝借


年中イルミネーション(LED電球300万個だって)あり、プールの噴水ではプロジェクション・マッピングも。

b0358719_15530208.jpg


ボウリング場やフィットネスジムまで完備され、お部屋からは街の夜景と日之出も望める。


b0358719_15523804.jpg

ファミリーわちゃわちゃから距離を置いて過ごしたいオトナには、他のエリアと少し隔絶されたエルミタージュ・フロアなんてのもあるし。


巨大ホテル=おもてなし大味、とは限らないのねん。
食事や施設の充実ぶりだけではなく、スタッフの連携もよく取れていて、リピーターが多いのも納得。





翌日、さて帰らなくちゃ。


b0358719_15565192.jpg



陸、海、とつないできた旅の帰路は、空。



福岡空港まで送ってもらって、飛行機ブーン。

b0358719_15565771.jpg


ちょっとアクロバティックなタイスケではあったけれど、終わってしまえば結構順調だった楽しい旅。

あちこちで数宿数飯お世話になった皆の者たちよ、ありがとう。



Fine






おまけ nipotini。



「あ、カメラさん ちょっとストップ。モデルさんのポージングNG」
b0358719_15580902.jpg


「はい、しっかり立って」
b0358719_15574043.jpg


「ほら、背筋伸ばして、カメラ見て」
b0358719_15580479.jpg


「全身からパワーを漲らせて、イェーイ」
b0358719_15573633.jpg


「あ、バッタ捕まえないと」
b0358719_15575857.jpg


「お兄様、ずっとバッタ追っかけてて下さってOKですのよ」
b0358719_15575077.jpg

by vicinoamare016 | 2019-06-20 22:03 | | Comments(0)

西へ南へ、モーダルシフト旅 - 2

西宮滞在最終日前夜。
ちょいと母にはお留守番してもらって、お出かけ夜ごはん 。

阪急夙川駅から梅田方面へ。

b0358719_16592105.jpg


今日は飲むので電車でね。

b0358719_16591579.jpg


都会だわ~

b0358719_16593783.jpg

たまにしか来ないワタシには、梅田駅ってもはやラビリンス。
西梅田まで地下を歩いて…

b0358719_16592648.jpg


四つ橋線?で 肥後橋駅、初降車。

b0358719_16590570.jpg


全く土地勘がない、京町掘?をウロウロ。
目指すは、靱公園の北あたり。

b0358719_17000974.jpg

京町堀2丁目周辺、今やなぜかイタリア(それもマニアっく)関連飲食店が集まる不思議な一角。

昼間大阪チェントロで たしか お仕事しているオットと現地合流で夕ご飯。

その前に、ぜひ寄りたいと思っていた「プント・エ・リーネア」へ。

b0358719_16523852.jpg

もしかして、いやほぼ確実に大阪イチのバリスタ、Signore 鎌田のカフェ/バール。

b0358719_16521773.jpg


「あのぅ、東京のイタリアン・シンジケート西部山の手支部長兼イケてるお店切り込み隊長のマダムpom(肩書き長っ)から聞いて来たんですけどぉ…」

「光栄です。それにしてもそのシンジケートってスゴいですね(笑)」

b0358719_16584229.jpg


「まずはアペロールか、ネグローニを…」
「これからお食事ですよね? ネグローニ・ズバリアート(Negroni Sbagliato)なんかいかがでしょう?」

わかってらっしゃるー❤ 

b0358719_16584968.jpg


「チチェルキアに行かれるんですか?場所わかります?ってウチもなかなか見つけにくいですけど(笑)」

常連マダム、仕事帰りのビジネスマンが次々とカウンターに。

b0358719_16595674.jpg

雰囲気よろし、カクテル美味し、会話も楽し。
もっと早く来てもう1杯飲みたかったわぁ。また来よっと。




では、数10メートル離れた「オステリア・ラ・チチェルキア」へ移動。
ほどなく、たぶん 昼間は忙しかったオットも到着。

b0358719_16582997.jpg

おそらく関西で一軒だけの、ガチなマルケ料理が食べられるお店。
カウンター6席とテーブル1つを、ワンオペで切り盛りするSignora 連(むらじ)。

b0358719_16515481.jpg


この春マルケを訪れたとき、思いのほか美味しかったクラフトビール。
Collesiがあったので、これで乾杯。

b0358719_17000182.jpg
それぞれ500mlボトル



オリーヴェ・アスコラーネ。

b0358719_15455680.jpg



オーダーしてから切り出すプロシュット・クルードにモッツァレッラをのっけて。

b0358719_16514013.jpg


もちろんワインもマルケ縛り。
ロザートからの、ロッソ・ピチェーノ。

b0358719_17001495.jpg

ズッキーニとパルミジャーノの手打ちタリアテッレ。

b0358719_16513527.jpg


ウサギのインポルケッタ。

b0358719_16521169.jpg

他のイタリア料理店では滅多と通じないマルケ話もできたし、バッチリとお味の決まった料理たち。
ごちそうさま、東京のシンジケート(笑)にも自信を持っておススメしちゃう♪

うー、この後「プント~」さんを再訪して、〆のカッフェ!といきたかったけれど時間切れ。


・・・・・・・・・・

モーダルシフト旅がお題なのに、陸送しかしてないぢゃんっ、って?

関西滞在最終日の夕方、十中八九 昼間は仕事だったオットを荷物と共に芦屋で拾って神戸港へ。

フェリーに乗り込む=海路で九州に。
20:00に出航 → 翌朝8:30、新門司港に着く予定。

b0358719_08174168.jpg


まぁ、豪華客船クルーズのようなセレブ感は皆無だし、食事が合宿所っぽいんだけど…

これだけの距離を寝てる間に移動してくれて、このルートなら内海ばかりだから 船の揺れに弱いワタクシも撒き餌(汗)をすることもなく。

b0358719_16594883.jpg

夜が明けて。

b0358719_06235115.jpg

新門司港のフェリーターミナル、神戸と違ってえらく派手だわね。

b0358719_16594457.jpg

ここから九州上陸編。。。







おまけ nipotini。



「いらっしゃませ~❤」
b0358719_17005785.jpg


「どっからでもかかってきたまえ」
b0358719_17004399.jpg

by vicinoamare016 | 2019-06-16 06:26 | | Comments(2)

西へ南へ、モーダルシフト旅 - 1

長女家族が住む熊本は、パパ通勤用とママの日常移動用に自家用車2台体制がデフォルト、そのうち1台が買い替え時期ーーー
義父の家のガレージで三年寝太郎状態の車を譲り受けることに。

業者さんに陸送を頼めばいいものを、ほぼノリで「ワタシたちがフェリーで九州入りしてさ、お届けするってどう?」と軽口をたたいたら、関係各位からあっさり賛同。

まぢか…

オットの大阪出張にシンクロさせて、まずは西へと向かう。

b0358719_13250934.jpg
最近オープンした お気に入りの鈴鹿PA



オットは 堂島だか中之島あたりで、一応 お仕事しなくちゃなので、4泊分の着替えと共に大阪チェントロ付近で降車。

b0358719_13250382.jpg


その間、ワタクシは西宮の母の家に滞在。

b0358719_13173721.jpg


まずは、容態不安定ながら辛うじて安定している父のお見舞いへ。
何度も「ここ数日が峠…」宣告をされるも持ち直し続けて、今や施設内でも“蘇りのレジェンド”。。。

b0358719_13332748.jpg
福知山線の踏切



母とサシで 複数の平日を過ごすのは久しぶり。
父が歩けた頃は、毎日のように母がランチに連れだしていた芦屋。


b0358719_13354556.jpg


JR芦屋駅直結の大丸。
ここで購入した母の補聴器が調子悪いのでメンテナンスに行ったのだけど、3階以上が大改装中で店舗が無いっ


b0358719_13571427.jpg


駅のロータリーを挟んだラポルテ(小じんまりショッピング駅ビル)に移転したとのことでそっち側へ。

b0358719_13570885.jpg


と、その前にランチしましょ。
ラポルテのメインエリアを占める「ホテル竹園芦屋」。


b0358719_13560243.jpg


巨人軍の関西遠征時の定宿なので、母(巨人ファン)も好きな場所。

b0358719_13351781.jpg

「マグネット・カフェ」。
駅ロータリーに面した1階の喫茶店がリニューアルされ、食事メニューも増えた。

b0358719_14000029.jpg

高い天井とゆったりしたスペース、活気あるオープンキッチン。
テラス席と大きな窓から入る明るい自然光で、駅前とは思えない解放感。

b0358719_13341729.jpg


上の子が幼稚園中のママ友、ビジネスランチ系のオジサマ、地元シニアカップル等々でほぼ満席。

竹園レストラン、やっぱトラディっショナル洋食が食べたい。

b0358719_13353550.jpg


トマトとバジルとモッツァレッラ。

b0358719_13352771.jpg


母の定番、黒毛和牛ガーリックライス。

b0358719_13362265.jpg

鉄板カツ。

b0358719_13361873.jpg

美味し、ごちそうさま。

ホテル表記と同列で但馬ビーフ(笑)
メインダイニングでの但馬牛ディナーも行きたいな。

b0358719_13342739.jpg

お肉専門店舗もあって、コロッケやメンチカツのテイクアウトも人気。

b0358719_13344203.jpg


ちゃんと補聴器屋さんにも行って、調整完了。

b0358719_13344823.jpg

なんか。ハイテク~


・・・・・・・・・・・・・・

翌日。
もう一軒、母が行きたがっていた近所のお店「ヴェル・ロオジェ」へ。
このお店、ちょっと前まで おしゃれカジュアルで美味しい中華料理屋さんだったところ。

b0358719_14072316.jpg


母宅からは徒歩3分(母速度)なので便利に使ってたんだけど、或る日突然業態変換、ランチもディナーも要予約のプリフィクス・コースのみ。

アレルギーや苦手な食材は最初に訊いてくれ、ノンアルビールでスタート。

b0358719_14284387.jpg


アミューズは、玉ネギのラングドシャに挟んだホタテ貝柱。
絡めたソースはトロトロの炒め玉ネギ。

b0358719_14282994.jpg


敷いてある小玉ネギは演出、食べられるのはここだけ。

b0358719_14285191.jpg


基本はシュウマイだけど、表面はウニ、周囲は竹炭の衣。
明文化されたお品書きが無いので、名称含め以下全品の説明はテキトー(汗)。

b0358719_14293072.jpg


チャーシューのミニパイ、熱々サクサク。

b0358719_14294166.jpg

トウモロコシの冷たいポタージュ。
フォアグラパウダー、筍の穂先の素揚げを添えて。

b0358719_14294758.jpg


サーモンが隠れている、色々な豆のソースとサラダ。

b0358719_14290246.jpg


茶碗蒸し。ゴボウとフカヒレのあん。
ゴボウの素揚げ架け橋、ゴボウのお出汁スープ付。

b0358719_14295329.jpg

このあたりで 結構お腹が膨れてくるも、お肉が。
低温調理ポークとアスパラの春巻き。

b0358719_14291250.jpg


鮎のソテーがのっている、山椒仕立ての冷たい麺。

途中で満腹宣言リタイアしちゃうかと思ったけど、それぞれが面白いし美味しいのでなんとか完走。

b0358719_14300360.jpg


マンゴープリンには、パッションフルーツのジュレとマスカルポーネの削りソルべをON。

b0358719_14300969.jpg

最寄駅の苦楽園前駅からも徒歩10分以上、阪急夙川駅からだとタクシー2メーターくらいの不便なトコながら、この日のお昼も4組(全部で7テーブル)。


b0358719_14220452.jpg

コースで少しずつ出てくるので、せっかちオジサンには向かないけれど、それぞれのお皿の演出とお喋りを楽しみながら過ごしたいならおススメ。

“ヌーヴェル・シノワ”ねぇ…、なんだかねぇ…と斜に構えて行ったものの、女子だけならまた行きたいわ。



Continua.....


by vicinoamare016 | 2019-06-13 10:38 | | Comments(2)

イナムる、イナムれば、イナムれり。。。

ここんとこなぜか、稲村ヶ崎方面を開拓中。

b0358719_21111160.jpg


↑ 駅から出て、踏切渡って20歩ほどのワインバー&カフェ「Inamura Street」。
手造り感滲むテラスとカウンターだけ。

b0358719_21113126.jpg


お店はオーナーのワンオペ。
場所柄?海外のツーリスト(道に面したテラス席って好きよね)が立ち寄ることが多いそうで。メニューは英文併記。


b0358719_21114119.jpg


平日の夕方、仕事帰りのオットとカウンターで待ち合わせ。
泡と泡とオリーブでひと息。

b0358719_21110122.jpg

がっつり食べたい時ぢゃなくて、ワインを by the glassでいただくのに合いそうなものばかり。
オーナーの家族の畑から届く野菜を活かしたおつまみ、美味しい。

b0358719_21105293.jpg


おススメ、いやエチケットで選んだワインを。
いつのまにかテラスは満席、散歩途中のトイプードルもオーナーさんとマブダチらしい。

b0358719_21104434.jpg

ルッコラペーストの冷たいパスタ、生ハムonで〆。

b0358719_21163599.jpg


近辺住民と思しき人々が帰宅前に立ち寄って軽く飲んでお喋りして、って感じ。
ワタクシたちも一応徒歩圏だし…、また行きましょっと。


・・・・・・・・・・・・・・・


さて、住所は稲村ヶ崎でも七里ガ浜住宅街に隣接、俗に奥七里と言われるエリア。
一軒家ビストロ「INAGO」。

b0358719_21102015.jpg


ランチは鴨のハンバーグを中心にしたセット、カフェタイムはクレープが主役。
鴨バーグ?よっし、それだ!

デミソースカモカモバーグ、和風ポン酢旬野菜バーグ、オム鴨バーグ・・・
選んだのは、和風醤油温玉きのこ鴨バーグ。

b0358719_21095946.jpg


男子が喜ぶ温玉決壊シーン。

b0358719_21095065.jpg


サラダプレート。
山芋やカボチャの素揚げ、鴨のパテ3枚、2種類のドレッシングで。
バゲットもついてるのでお腹いっぱいになれるボリューム。

b0358719_21094310.jpg


デザートもセット。
バナナと生クリームのクレープ、キウイとイチゴの帽子。

b0358719_21103228.jpg


近くに幼稚園があるからか?ママ友ランチ会場としての用命も多いとか。
ちょっとイカしたサーフィン好き夫婦のお宅に招かれてご飯食べてる感じがいいね。

b0358719_21093354.jpg


夜の営業は予約したときだけ、というこの周辺ではよくあるシステム。
鴨のハンバーグも気に入ったので、また行きましょっと。


・・・・・・・・・・・・・・


さてこちらは134号線沿い、目の前はリアル稲村ヶ崎といレストラン「MAIN」。

b0358719_15444267.jpg


1968年創業で、昨年全面リニューアルされたばかり。
江の島との位置関係はこんな感じ。

b0358719_15441318.jpg


「昼は軽くね」…とかのたまうオットは、しらすのと春キャベツのスープパスタ。

b0358719_15443564.jpg


ワタクシ、和風ビーフ丼。

b0358719_15443216.jpg


高級ファミレス的なラインアップだけど、価格もお味も充分及第点(エラソ)、夜はお酒と共に食事できるメニューが。

b0358719_15442053.jpg


家族連れドライブの途中に立ち寄るもよし、テラス席で夕陽にウットリするもよし、稲村ヶ崎温泉とつながっているから、湯上がりはしご利用もOK、と使い方色々。

b0358719_15442704.jpg

夏場の週末は混むんだろね。

稲村ヶ崎、まだまだ発掘し甲斐がありそう。











おまけ suoceri(=義父母)。


いやもうホントに、彼ら二人だけで暮らすのは限界。
2月に施設見学に行ったものの、本人たちが首を縦に振らない限り、強制的に入所させるわけにもいかず、その後も折に触れ 脅したり賺したり励ましたり・・・

目に見えて足元が覚束なくなる義父に、まずは靴と杖を調達。

b0358719_16094332.jpg


そんな或る日、ついに弱々しい「体験入所なら・・・」というセリフが漏れたので、いざ!


・・・が、本人は見学に行く気力もなく、候補があれば見てきてくれ、と。

なんたって需要に供給が追い付かない業界だもの、色々ゼータクな希望を兼ね備えた所なんて右から左に見つかるわけもなく…探しましたよ。

b0358719_16095392.jpg


とりあえず、ここなら大丈夫そう&現状二人分の空きがある、ということで、体験入所の申込み。

次に、主治医の診断書が必要になるわけだが、かかっている科が多い義父は複数の各医師からカルテを集約しなくてはならないし、義母は状況が理解できていない=本人たちで揃えるのは不可能=連日クリニックに同行して診断書をお願いするワ・タ・シ。

b0358719_16093652.jpg


あと、もう一息!
本音を言えば、体験→そのまま気に入って本契約→安心して暮らせる終の住処にして欲しい。

このミッション完遂するまでは、ワタシ、菩薩になりますよ。。。







by vicinoamare016 | 2019-06-02 16:40 | 食(おそと) | Comments(0)