人気ブログランキング |

リーサルウェポンズ搬送アテンド熊本往復

師走ムード増し増しのある日、熊本に行ってきた。

年末年始を挟んで約一ヶ月こちらに滞在する長女(とその一味)を運ぶヘルプが主な役目。
ウェポン2基に増えちゃったので、製造元一人では ちと手に余るかな、と。


往きはANA。

b0358719_11251503.jpg
ちょうど期限切れそうなマイルがあったし



離陸してしまえば90分足らずのフライト、熊本空港の滑走路。

b0358719_11253264.jpg

b0358719_11255107.jpg



観光に連れてってもらうつもりではなかったけれど、翌日は ぱぁぱも有休とってくれてドライブへ。

b0358719_11401788.jpg



一度行ってみたかった 高千穂峡。
意外と熊本からは近く、高速道路を使わなくても南阿蘇経由で日帰り可能。

b0358719_11260857.jpg


ポク帯同なので、鉄道系観光スポットは外せない。。。

延岡~高千穂間50kmを結んでいたが、2005年の台風で橋梁が流失、復旧断念とともに廃線が決定したが、2008年に観光電車「あまてらす鉄道」として訪れる人を楽しませている。

b0358719_11402592.jpg



こちらはホンモノのTR202。
動態保存されているので、予約すれば(お一人様10,000円)運転体験も。

b0358719_11400366.jpg


で、レギュラー運行しているのはこちら。
2500ccのディーゼルエンジンで引っ張る30人乗り。

b0358719_14413846.jpg
HPより拝借



ポク、興奮。
あたち、寒っ。

b0358719_11403825.jpg

現役運行当時の駅も残ってて。

b0358719_11405119.jpg



紅葉は殆ど終わっていたけれど、360℃パノラマ(だって屋根ないし)!

b0358719_11404445.jpg

突き当たり→折り返し。

b0358719_11405802.jpg



地上105mを誇る高千穂鉄橋の上で停止。
床もガラス張りになっていて、高さを実感(冷や汗)。

b0358719_13521016.jpg


駅舎の奥には、懐かし鉄な方々向けな展示も。

b0358719_11382799.jpg

電車好きだけではなく、高所やパノラマ景色好きにもおススメ。
ただし、この日の陽気でギリギリかな、真冬はダウン着用必至。




さて、満を持して高千穂峡へ。


車は置いて、五ヶ瀬川沿いの遊歩道に出ると、まず迎えてくれるのがこの三段橋。
同じ渓谷で3本のアーチ橋が見える珍しいスポット。

b0358719_11412884.jpg
低い順に、神橋、高千穂大橋、神都高千穂大橋



数十万年単位で4度に渡る阿蘇火山活動で噴出した火砕流と浸食の繰り返しが成した見事な柱状節理。
高いところでは100mの断崖や V字渓谷が東西約7kmも続いている。

b0358719_11390615.jpg

パワースポットだのスピリチャルなんとかにはあまり萌えないワタクシだけど、このレベルになると神様や仙人や鬼が見え隠れしても納得しそう。

b0358719_11291874.jpg

空の色、水の色、木々の色、苔の色、そしてそれらの織りなす匂いと音。
観るだけではない、体感できるところだわ~

b0358719_11381914.jpg


そう、高千穂の神話といえば「天岩戸」。
かの天照大神が引きこもったために世界が闇に閉ざされてしまい、なんとか出てきてもらおうと八百万の神々が画策する…。

道の駅には、天岩戸を開ける使命を果たした手力男命(たぢからをのみこと)と天宇受売命(あまのうずめのみこと)の巨大な石造。

b0358719_11381199.jpg
ウズメが踊ってアマテラスが覗いたところをダヂカラヲがぐいっとこじ開けた



お参りもしておきましょ。

b0358719_11413586.jpg


神社の奥には天岩戸と伝わる場所もあり、禰宜が案内してくれるけれど神域なので撮影はNG。


b0358719_11414120.jpg



気分は日本書紀の時代になりつつあったところ、境内のお掃除はケルヒャー噴射しまくり(笑)

b0358719_13524617.jpg


面白かった、高千穂。
天岩戸に限らず、「天孫降臨」でも知られる神話伝承のメッカだし、予習し直して再訪してみたいな。




そして翌日。
熊本県は御船町にやってきた。


b0358719_13541146.jpg



豊かな田畑に囲まれたこの町に、ちょっとした恐竜博物館があるのだ。


b0358719_13571169.jpg
実物大ティラノさん



1979年に肉食恐竜「ミフネリュウ」の化石が発見されて、そのスジではちょっと有名。


b0358719_13543352.jpg


小規模ながら、なかなかのクオリティの展示。

b0358719_13544854.jpg

熊本大地震で大きな被害を受けた益城郡エリア。
町おこしや復興にも一役買っている恐竜たち。

b0358719_13535371.jpg


そしてこちら、熊本中心部。
県民心のランドマーク、熊本城は着々と修復が進んでいる。

b0358719_13542160.jpg
雨だったので見えにくいけど




この日は、街中でランチ「トラットリア ROSSO」。


b0358719_13555631.jpg


ウェポン連れなので開店と同時に入ってコーナー席で。

枝豆とツナのサラダ、レモンのピッツァ、パスタの上にはマスカルポーネがど~ん、ドルチェとカッフェも付いて1600円?

なんちゅーコスパの高さ!

b0358719_13503962.jpg

ごちそうさま、美味しかったね。
12時になると一気に周辺ビジネスパーソンたちで席が埋まる人気店。


b0358719_10545552.jpg


熊本ビジネスディストリクト&地元マダム御用達鶴屋百貨店。

b0358719_13552979.jpg


さぁ、そんなこんなで鎌倉に向けて発つ日。

b0358719_14305467.jpg


積みこまれる前のポク、空港で束の間グッドラックごっこ。

b0358719_14311013.jpg

リーサルウェポンズ輸送機はいつもJAL。
なので、ワタクシも帰りはJAL。

b0358719_13564442.jpg
無事到着。。。




ポク「大人たちは 後発の小型機種を好む傾向がありますが、1号機もお忘れなく」
b0358719_14355614.jpg


little せくしー bomb
b0358719_14295359.jpg







by vicinoamare016 | 2018-12-18 11:28 | おでかけ | Comments(0)

まぁま里帰り出産 & ポクのロンバケ in kamakura - 3

すっかりこの住宅地に馴染んだふぅで、せっせとプレ幼稚園クラスに通っているポク。


ある日は、自分でお弁当を背負って。

b0358719_23024922.jpg


雨の日は スイカの傘で。

b0358719_22515672.jpg


梅雨の晴れ間の酷暑は、まぁまの帽子を奪って。

b0358719_14364419.jpg


でも。

幼稚園という ありがた~い予定のない日は、周辺施設を駆使して弱らせなくてはならぬ。



初めての「辻堂海浜公園」。

b0358719_23022228.jpg


広大な敷地内に、キッズやワンコ連れが楽しめるエリアが点在している。

b0358719_22575287.jpg


夏休みは、ジャンボプールが大盛況。

b0358719_15141450.jpg
HPより拝借




今日のメインは、交通展示館。

ちょい地味め感は否めないけれど、乗り物好き男子なら楽しめるはず。


b0358719_23030003.jpg


ほぅら、巨大ジオラマでは『はやぶさ』と『成田エクスプレス』と『東海道新幹線』が同時にぐるんぐるん走るんだわよ。。。


b0358719_22572010.jpg



運転士気分が味わえる、シミュレーション席(小田急線)。

b0358719_23010422.jpg



真剣。

b0358719_23020845.jpg


他にも、飛行機の揚力装置、自動車の断面、実物大車輪のしくみなど…女子は傍観するのみ。

幼児用プレイルームもあるよ。


b0358719_16194251.jpg


交通展示館から出て、スカイサイクルにも乗る。
動力? ワタシが漕ぐのさ。

b0358719_15050093.jpg


結構な高さを相当な距離周るので、高所が苦手な人には向かないわね。

b0358719_23005674.jpg


ド平日のこの日は、展示も乗り物も待ち時間ナシで快適に利用できて快適。


b0358719_23013893.jpg


お天気の良い休日は混みそうな、平日がおススメの元気キッズ弱らせスポット。
プール開き後は、駐車場も満杯になるって。


・・・・・・・・・・・・・・・


別の日。


たまには横須賀線に乗って 鎌倉を出ましょ。

b0358719_22561592.jpg


山手線に乗り換え、銀座へ。

まず、東急プラザでお昼。

b0358719_22534339.jpg


娘たちのお気に入り、「つるとんたん」。

東京的うどんレストランの草分けかな?

b0358719_22533773.jpg


この後、ポクを連れて行きたいカフェがあるので、軽めに。

b0358719_22554793.jpg


六本木、羽田、丸の内など、今やあちこちにオープンしてどこも人気だけれど、銀座東急プラザ店は景色が素晴らしい。

b0358719_22532821.jpg
数寄屋橋辺りと吹き抜けの1Fフロアからが見下ろせる




ごちそうさま、の後は 銀座らしいエリアには一切寄らずマロニエゲートへ。

b0358719_22534983.jpg



「はらぺこあおむしカフェ」、期間限定オープン中。


b0358719_22535608.jpg



アメリカの絵本作家・グラフィックデザイナー、エリック・カールの大大大ベストセラー。
ポクはもちろん、娘たちの幼児時代もお世話になったわぁ。


b0358719_22542148.jpg


こんなスゴい(汗)ミールメニューもあるんだけど、ちょっとビビって先に「つるとんたん」で腹ごしらえを済ませてから。


b0358719_22543841.jpg



いちいち あおむしクンが顔を出すケーキと、ストーリー中でも重要なキャストの太陽があしらわれたゼリーなドリンク。。。


b0358719_22544649.jpg
イチゴも あおむしが食べた穴が空いてる…



ポクは喜んでたので、はるばる上京した甲斐はあったのかと 思うことにする


b0358719_22543032.jpg


クリームとわかっていても、幼虫類が苦手なワタシには ちょっとねぇ。
連日大賑わいで、1ヶ月前に予約(爆)。










おまけ ninnpu(妊婦)。


ポクが 幼稚園でお仕事に励んでいる間、鎌倉界隈の美味しいお店 とミーハースポット をアグレッシブに攻める まぁま。



古民家イタリアン「シンポジオン」@長谷。

b0358719_22552614.jpg




「かかん」の麻婆豆腐@御成町
「湘南豚餃子 まる八」@小町

b0358719_22560229.jpg


Hanakoの表紙や、

b0358719_14273488.jpg


同誌鎌倉特集で紹介されている、

b0358719_14274093.jpg

「Kannon Coffee」にて 掲載写真そっくりな写メ。
「Chocolate Bank」で コンビニ弁当より高い クロワッサン買ったり、テレビ取材慣れし過ぎなプリン屋、東京ではもう並んでないのかな?「シェイク・シャック」寄ったり。

b0358719_22550738.jpg



なんだかんだもう臨月に入っているので、検診も週イチ。
…の後には、定番老舗喫茶店「イワタ珈琲店」でランチ。


b0358719_14271683.jpg



焼き上がり待ち時間20分、標高8センチ超えの看板ホットケーキ。


b0358719_14271087.jpg


フルーツサンドウィッチも外せないよね。
昨今流行りの昭和レトロ"風"じゃなくて、リアル昭和(ワタシの生前から)創業。


b0358719_14275869.jpg



梅雨空を忘れてしまったかのようなお天気。
小町通り入ってすぐ右の「イワタ珈琲店」、小町通りともども賑わっておりました。


b0358719_14272536.jpg

by vicinoamare016 | 2018-06-28 08:02 | Comments(3)

2017年末~18年始 ダイジェスト - 3

やっと年明け以降に移行(汗)。



元日は、母を除くメンツは各ムコ殿のご実家で過すために散ったので、静かだった我が家。
オットと3人で お雑煮とおせちを。

でもまぁお天気も良いし、朝昼晩おせちってのもツラいので、プチドライブ兼ね御殿場へランチ外出。



こっち方面に来ると母が寄りたがる中華料理店「名鉄菜館」。
元旦も営業。


b0358719_11544425.jpg


ちょっと並んだけれど、nipo抜きでゆっくり食事。
点心とザーサイを購入して帰る。



2日目は、オットの両親を招き、娘A夫妻とnipoとワタシの母で会食@我が家、っちゅうことで。。。
不肖ワタクシ 早朝から張り切って準備!


と こ ろ がーーー 


新百合ヶ丘からロマンスカーでやってくる義父母を片瀬江ノ島駅にお迎えしにオットが出た直後、義父から電話。
「ちょっと問題が起こってね…」。


よーするにドタキャン。



「マジですか」
b0358719_12320095.jpg


ふーむ、なにぶん高齢ゆえ アクシデントによる朝令暮改は初めてではないのだけれど、思いっきり脱力。


とはいえ、ご本人たち(特に義父)こそガッカリしているだろうし、滅多と会えない熊本在住娘A家族だし…、気を取り直して運べる料理をタッパーに詰め、こちらから義父母宅へお年始に出向きましょうぞ。
総勢6人、車2台で行ってきましたよ、ふぅ~~~

あ、このくだり、ジタバタしていて画像一切ナシ。




翌日は娘B夫妻も再登場、またもや全部屋満室。





4日。
この日は親戚じゃないゲストが。


娘Aの中学校以来の友人であり、娘Bの家庭教師でもあったNくん、現在は青森で弁護士さん。
東京の実家へ帰省中に、奥さまと一緒に寄ってくれましたの。


b0358719_11223947.jpg

↑ こんなカワイイ家族連れなので、車(とーぜんスタッドレス装着)での来訪だからノンアル宴会だったけどね。


b0358719_11221794.jpg


中坊時代ネタや雪国あるあるで盛り上がり、楽しいひととき。

b0358719_11045081.jpg

また来てねー(遠いけど)。






そして、ムコ殿は一人、また一人と職場に戻って行き(お勤めお疲れ様でっす:敬礼)。


母と娘とnipoは残る=おさんどんな日々は続く。


b0358719_11543111.jpg


鎌倉に引越したことで、母にとっての上京時の楽しみ:観劇と銀座が遠くなってしまったのよね(…小声で苦情が聞こえるぜ)。

とはいうものの、めっきり歩けなくなってるから、都心に居たってドア to 目的地でしょうがっ。

ならば、と、一か所完結の最近の銀座=GINZA SIXへ車で。



ワタシも初めて中に入ったわ。

b0358719_13202492.jpg


ランチは、6Fの「和心漢菜 JASMINE」で。

b0358719_13240441.jpg


なんちゅーかその、マダムたちが好きそうな。。。
美味しかったわよ。

b0358719_13220465.jpg


母が、以前から名指しで『ここに行きたい!』と入っていた地下フーズフロアの「平翠軒」。
倉敷が本店で 食のセレクトショップの草分け的存在で、東京初出店。

色々と珍味を買い込み、店員さんとも談笑してご満悦。

b0358719_13333616.jpg

母 says「ここって元々は明治時代創業の造り酒屋が前身なんよ、当時からスゴイ豪商で豪邸でねー、家族に声楽家がいてね、私が音大受験の前にコールユーブンゲン習いに通ってたんよー。ほんで今の社長が・・・」と想い出話が迸り出るが、ごめんよ母、このへん何回も聞かされてるけど覚えらんない。

でも、その造り酒屋ってたしか、ブラタモリの倉敷の回でタモリさんが訪問していた森田酒造。






そんなこんなで、松の内明ける前日に母は西宮に帰り(持病の薬が底をついたらしい)、母 と nipo:81歳差コンビの同時ケアからは解放される。


そしてここから数日間、nipoと娘Aはもう一人の祖母宅へお泊りに。

っつーことはですよ、束の間の中間お疲れさま会しとこっ。



徒歩3分、七里ガ浜「料理番 さらい」へ。

はぁ~ のんびり。

地魚お刺身、鯵南蛮漬、出し巻き玉子、豚肉トロトロ煮、鯵フライ、野菜炊き合わせ・・・

b0358719_11064800.jpg

〆は やっぱりタコまぶし(嬉)

b0358719_11053486.jpg


毎度ながら、美味しくいただきました。
ホント、近くにこういうお店があって助かる。




んがっ、それほどのんびりもしてられぬ。

昨年からスケジューリングしては延び延びになっていた義父母の『米寿祝い』with オットの従姉夫妻を予定しておったのだわ。

まだ記憶に新しい 先だってのドタキャンから10日しか経ってないけれど、懲りずにご招待・・・
→やっとこさミッション完了。


料理なんか撮る余裕ございませんよ、これが精一杯の証拠写真(苦笑)


↓ カステラです
b0358719_11545439.jpg

もうロマンスカーには頼らず、オットが車で実家まで往復して連行。

なので、このワインもゲストしか飲んでないっすよ。

b0358719_11070864.jpg

とにかく、おめでとうございます。
ご長寿だらけの日本とはいえ、夫婦揃って 大病も骨折も入院も経験しないままの米寿超えだもの、お見事。






さぁて、と。

この方は、まだ居ますよ。


鎌倉市の子育て支援センターにも出没。

b0358719_14252476.jpg


b0358719_14522133.jpg




江ノ電も満喫。

 最前列座席は操縦士さん気分で線路が♪
 極楽寺トンネルを抜ける時もこんな♪
 長谷の線路脇で至近距離遭遇♪


b0358719_14441253.jpg



娘Bも合流しての鎌倉あちこち(+江の島ライトアップ)。

b0358719_14442216.jpg



「カフェ 坂ノ下」でパンケーキ。

b0358719_14334264.jpg



プレーンにバニラアイス、アップル、チーズ&ベーコン。
おいしーーー❤

b0358719_14244016.jpg




江の島の「Eggs'n things」名物クリームてんこ盛りパンケーキや、
小町の「LONCAFE」でふわっふわっフレンチトースト(とタコライスも)。


b0358719_15511756.jpg

LONCAFE、中目黒にも出来たそうだけど混んでるのかしらん。







そして、やっと 帰熊の日。

こなれた足取りで羽田空港闊歩。

b0358719_14530990.jpg

毎度、セキュリティチェック前のトミカ釣り。

b0358719_16030573.jpg


こなれた足取りでゲートへ進む。

b0358719_16053685.jpg

ま、またいらっしゃい、ね。。。
身体鍛えておきますわぁ(疲)








おまけ nipo。




「女子ってのは いくつになっても パンケーキだのフレンチトーストだの…」
b0358719_15523878.jpg


「男子は黙って トミカ&プラレール!」
b0358719_14260047.jpg


「生後6カ月から タイヤは好物です」
b0358719_14223795.jpg


「飛行機は英語でも言えますよ、えあぷれい~ん」
b0358719_14534567.jpg



by vicinoamare016 | 2018-01-29 16:48 | 年始 | Comments(0)

2017年末~18年始 ダイジェスト - 2

前記事のつづき(っぽい感じで)



いまだ年末ネタが整理できてない(汗)…
とりいそぎ、写真があるヤツだけ まとめるっ。



今年の、娘Aからのクリスマス・プレゼントはお芝居のチケット。
一緒に行きましょ。


ん? Aが来てるってことは、もれなく ↓ 付き。

b0358719_12262816.jpg

なんだけれど、この日はムコ殿のお母様がベビーシッターを引き受けて下さって(謝)。



その前に恵比寿でランチ。

東京在住時代から好きだったお蕎麦屋さん「板蕎麦 香り家」に。
「うどん 山長」と迷ったのよね。


早めに行ったけど既に列が出来始めてたわ。

b0358719_10512808.jpg
b0358719_12423519.jpg


蕎麦は、太打ち or 細打ちが選べて、ランチは炊き込みご飯のサービスも。

二人とも 太打ちをセレクトして、ワタクシ とろろ。


b0358719_13191059.jpg


そして、鴨汁蕎麦切り。

b0358719_13172456.jpg

相変わらず 美味しゅうございました。

12時過ぎると周辺でお仕事している方々が押し寄せます。
紙エプロンを装着してカレーうどんをススるサラリーマン多数。


b0358719_13175442.jpg



さて、恵比寿から りんかい線に乗って天王洲アイル駅へ。

b0358719_13445148.jpg


オープン当初 ちょっと『コマし系』デートスポットだったシーフォートスクエア。


b0358719_10524675.jpg


天王洲銀河劇場にやってきました。

b0358719_10531798.jpg


これを観る♪

b0358719_10255658.jpg


TEAM NACS公演は言うに及ばず、安田顕さんが出る舞台はチケット取れないのよ~~



いやぁ、笑ったわ。
文句無しに面白かった。


NHK/民放ゴールデンにも重宝がられる一方で、オフレコ・セリフ満載の舞台や場末の変態役までも完璧にこなす。。。安田顕さんってスゴい。

あ、シソンヌも素晴らしかったよ。





さてーーー


娘たちとムコ殿たちが全員揃う日の調整が難航し、今年の身内クリスマス・パーティは年の瀬も押し迫ってからの決行。



「ツリーの下のプレゼント群が気になります」
b0358719_10412034.jpg


恒例のローストターキーと、ワイワイご飯。


b0358719_10283973.jpg



ワイワイ満腹後は毎年、プレゼント交換会に突入。


b0358719_13491822.jpg



nipo 就寝後のひととき、なぜか皆で『大人のピタゴラスイッチ』を観る。

特に男子、真剣→感嘆。

b0358719_10275030.jpg



かくして、ファミリー・クリスマス 2017は、無事完了。







そしてーーー
大晦日まで漕ぎ着けましたよ。

これまたここ数年恒例の、女子ーズ動員して おせちづくり。
このときばかりは、母も働きます。
それぞれにメイン担当があるのよ。


母:お煮しめ&ブリ塩焼き
娘A:伊達巻&たたきゴボウ&なます
娘B:栗きんとん&カズノコ&お煮しめ助手


b0358719_10281340.jpg


ワタクシ?
司令塔 兼 パシリ 兼 後片付け…


男子ーズ(含nipo)は、家に居てもツマラナイ 邪魔な のでお外に遊びに行っててもらいましたとさ。



娘たちは それぞれの嫁ぎ先の御実家で年越しをするので、出来あがったおせちを手土産にひとまず解散。
「良いお年を!」



なんとか予定通り暮れたぜ 2017年!


以下次号









おまけ nipo。




「最近、キャラが迷走していると言われます…」
b0358719_11280026.jpg



「…なので、瞑想しています」
b0358719_10483802.jpg

by vicinoamare016 | 2018-01-23 14:34 | 年末 | Comments(0)

娘 B(+ムコ殿) 滞在メモ

時たまゲリラ的にやってくる娘と女子(主婦)トーク。
そんなときの定番お伴といえば、パンケーキ。

b0358719_11462021.jpg

テラスモール湘南の「J.S. Pancake Cafe」。

お昼食べたばっかりだったので(のに)、レモンリコッタ・パンケーキを2人でシェア。

b0358719_11464347.jpg


J.S.=Journal Standard。
いまや全国規模で ちょいオシャなフード・カフェを展開(増殖)中。
鎌倉駅近くのJ.S. Burgerや、江ノ島にも J.S. Foodies が。





夜は・・・・・

おとーさん、おかーさん、懐かしいでしょ?

b0358719_11471192.jpg


コルクと比べてわかるように小型化、もちろんあの下駄の歯のようなソフトを差しこむ必要もなく、すでに30タイトルが内蔵されておりまする。



ムコ殿と対戦中。
(ちなみに彼らはファミコン発売後に生まれている…)

b0358719_10130937.jpg

ちょっとー、なんちゅう低いレベルの闘いっ

b0358719_17112356.jpg

ワタクシ、Dr. Marioでは頂点極めた時期もあったのに、20年のブランクを痛感。

b0358719_09560061.jpg

HI の20をクリアせねばラストの隠し画面が見れない~~~~
動体視力と瞬発力の著しい低下・・・引退を決意するアスリートの気持ちがわかったわ(違うって)。





翌日ランチは、前夜から「海鮮丼、海鮮丼」と呪文を唱えていたムコ殿のリクエストにお応えして、稲村ヶ崎の「池田丸」へ。


生しらすと釜揚げしらすの「2色丼」。

b0358719_11485937.jpg


「アオリイカのお刺身」。

b0358719_11490839.jpg


「アラ煮」は、鯛とカンパチと悪役顔のお魚(ホウボウかな?)。

b0358719_11484761.jpg


かき揚げとあかもくも付いてる「しらす定食」。

b0358719_11492169.jpg


そして「海鮮丼」。

b0358719_11485413.jpg


開店前に到着したのに既に並んでたわ。
けっこう店内が広いので、なんとか待たずに着席できたけど。


b0358719_11492601.jpg


以前訪れたのは夜だったから窓外がよく見えなかったけれど、ホントはこんなロケーション。


b0358719_11490352.jpg

ごちそうさまっ、たぶんまた行くわね。



その後は、ちょっとドライブ。
葉山の「ボンジュール」でパン買って。

b0358719_11493035.jpg



b0358719_11493562.jpg


またもや横須賀ポートマーケットで夕飯の食材を買いこみ。

b0358719_10144900.jpg


ここのジェラート、なかなかイケる。

b0358719_11493946.jpg



そういえば、これにもツボってた。

ベビーコーン。

b0358719_10565992.jpg

外側の皮だけ剥がして、丸ごとグリルで焼きましょう。

成長しきったトウモロコシの髭は食べないけど、ベビー時代は髭も美味しいの。
なので、アルミホイルで包んで。


b0358719_10562925.jpg

むかーし、都心のコジャレた居酒屋で「皮ごとベビーコーンのグリル」を頼むとかなりなお値段で登場した覚えがあるけれど、このへんの八百屋では8本200円程度で売ってる。

甘くて美味しいよ~
娘 B、3本ぺロり。



あ、ワタシのお誕生日が近いということで、こんなギフトもいただいた。
先代のオーブントースター、勤続疲労状態だったからね。

Grazie mille a voi!

b0358719_10130601.jpg


またいつでもいらっしゃい(出戻りはアカンよ)。

b0358719_11162948.jpg





おまけ nipo。


「別バージョンの江ノ電絵本ですよ」
b0358719_10124701.jpg


「じぃじのご近所が載ってます」
b0358719_10125263.jpg


「相変わらず海の生物も好物。まんぼうブーム、ちょっと来てます」
b0358719_10125634.jpg


「最近はパズルにも挑戦してますが・・・うーむ、難しい」
b0358719_10122286.jpg


「できました! エイドリアーン」
b0358719_10124254.jpg

by vicinoamare016 | 2017-06-27 11:00 | 日常の記録 | Comments(0)

<nipotino お江戸逗留記(出没ダイジェスト編)>

里帰り中、精力的にあちこち出没しまくっていたわね。
まぁ、本人がお外大好きなだけじゃなく、これまたお出かけ大好きな母親によるところが大きいが。
10kg息子を携えながら、日々お江戸市中の視察に忙しく023.gif

というわけで、母に連行された出没ダイジェストを一気に 。
スマホで大量撮りっ放しの写真たちって、いつのまにか埋没→消滅しちゃうのが関の山だもん。
 
※閲覧注意※ 
親類縁者以外には、退屈極まりない写真の羅列でしかございません

b0358719_14020606.jpg
パイナップル・バーガーと爆睡ポク

b0358719_16260370.jpg
恵比寿atre屋上のポク

b0358719_13144005.jpg
ぱぁぱの実家を荒らすポク

b0358719_14031034.jpg
タイヤぐりぐりフェチなポク

b0358719_12470465.jpg
湘南新宿線を待つアンニュイなポク

b0358719_12473259.jpg
湘南新宿線の車窓を見つめるポク

b0358719_14275694.jpg
横浜の旧友と再会したポク

b0358719_14290193.jpg
みなとみらい線を待ちながら睡魔と闘うポク

b0358719_12481334.jpg
忙しい?合い間にタイヤぐりぐり

b0358719_14284680.jpg
お隣のU太クンとミニカーで揉めるポク

b0358719_12474924.jpg
じぃじのパパ&ママと焼肉会食(肉も人も写らず)

b0358719_12461874.jpg
なぜか北千住なポク

b0358719_12451020.jpg
唐突にエジプト大使館前のポク


b0358719_12464105.jpg
代官山でおしゃまランチするポク…写ってないけど

b0358719_12460070.jpg
噂のふわふわフレンチトースト…って ポクが写ってない!

b0358719_12481901.jpg
大きめタイヤもチェック♪

b0358719_12040966.jpg
山手通り向こうにEXILE事務所なポク

b0358719_12040493.jpg
青葉台のチョコレート屋さんでチヤホヤされたポク…写ってないし

b0358719_12042730.jpg
上のお店でケーキ購入、ポク食べられない

b0358719_14285234.jpg
伊勢丹ベビーフロアで離乳食なポク(まぁまは千疋屋フルーツサンド)

b0358719_14280327.jpg
六本木ヒルズのベビーコーナーで まぁまの友達とポク


b0358719_14044240.jpg
退屈な車中はスマホで動画鑑賞なポク

b0358719_12034369.jpg
二子玉川なポク

b0358719_12480496.jpg
おっと、タイヤぐりぐりも忘れないポク

b0358719_12033652.jpg
通い慣れた羽田空港で荷物を預ける(のを見届ける)ポク

b0358719_15081213.jpg
「また来いよ!」「おう、世話になったな!」:じぃじと男同士の別れを惜しむポク

b0358719_14274716.jpg
ゲートに向かう途中にポク向きなスペースを発見したポク


「帰ってきたよ~」
b0358719_14281991.jpg
益城町に近い阿蘇くまもと空港。まだブルーシートが目につく。


b0358719_15080629.jpg
2週間ぶりの再会にハイテンションぱぁぱ と 冷静な対応のポク

b0358719_12035972.jpg
熊本⇔羽田間のフリークエントフライヤーなポク
だけど、まだタダ乗りだからマイレージは溜まらないのさっ



おつかれさま~(→私)。
またおいでね、迎撃態勢整えて待ってるから。




by vicinoamare016 | 2016-06-22 15:53 | 家族 | Comments(0)

Terremoto in Kumamoto(今回の地震)

熊本地震。

直接の被災者ではないけれど、今まで経験したことのない種類の不安に襲われた。
私たち家族と今回の地震の関わりを、あえて一切の感情を排した <記録>として綴っておこうと思う。

上の娘は、転勤中の夫( T君)に帯同し、2年半ほど前から熊本在住。


【 木曜夜: 最初の強い揺れ 】
T君は出張で留守だったので、娘は7ヶ月の長男と心細い夜を過ごしたが、この時点では 彼らの住んでいるエリアは建物/ライフライン等に大きなダメージはなく、避難指示も出ず、自宅で朝を迎える。


【 金曜 】
さすがにお店は殆ど閉まっており、役所で飲料水を配給される。でも、電気とガスは使えるし、まもなくT君も出張から帰ってきてそのまま週末だから、このまま揺れが収まれば、、、
けれど余震と呼ぶには強すぎる揺れが頻発。水道水は濁る。

(我が)オット殿が「今ならフライト取れるから、東京に戻って来い」と。

溺愛息子と離れ難いT君も、週明け以降は出勤&州内出張で妻子と一緒には居られないし、水の濁りが一向に改善する気配がないので、帰すことに賛同。

最終便で帰京。
この日の熊本空港はまだ 通常通り稼働していた。


【 土曜 】
早朝、娘がテレビに釘付けになっている。
余震にしては強すぎて多すぎる揺れ、ではなく「本震」に襲われた、と。
そして今度は彼らの住んでいる社宅も、市の中心部も、南阿蘇から大分までも、激しいダメージを受ける。
当然、あちこちに避難指示が出され、ライフラインも麻痺。

T君も家から出て駐車場の車中で夜を明かす。
家の中は家具・家電が倒れ、食器類が散乱しているものの、建物本体は大丈夫そうなので、飼い猫2匹が外に飛び出して迷子にならないよう、ひと部屋だけ整理してエサと水を置き、時々様子を見に。
この日、強い余震は続き、ライフラインどころか食糧もガソリンも調達しにくくなり、ひとまず長崎在住の兄夫婦の家で過ごすことにし、猫を連れ、陸路3時間半。長崎泊。
b0358719_13391372.jpg
                      「本震」直後のキッチン。レンジ落下。

b0358719_13384015.jpg
長崎に避難した猫たち。押し入れ半間を提供してもらい隔離。



【 日曜 】
強い余震が続く。
住居が無事だった人たちも、いつまた震度5以上の揺れが来るかもしれない状態では 戻って片付けたり、暮らしをリセットする踏ん切りがつかない。
T君の職場も被災し、仕事ができる状態ではないので、数日長崎に居た方が、と思った矢先 … 月曜から出勤のお達し。

妻子は東京で安心だし、職場の被害状況も気になる。あちこち寸断された高速道路を使わずに熊本へ戻ることは出来るし、自分だけなら車で寝ることも可能だ。

しかし、猫たちは?
長崎とて地震の影響はゼロではなく、兄夫婦には幼児と乳児がいる。猫まで託せない。

貨物扱いなら、猫たちだけで空の便で羽田まで運んでくれることが判明。長崎泊。


【 月曜 】
熊本空港は本震以来、閉鎖されたまま。
鉄道も高速道路も機能せず、熊本は陸の孤島状態だ。

早朝、長崎空港から猫たちだけで羽田行きのフライトに。
2時間後、羽田の貨物地区で猫たちを無事引き取る。

手狭ゆえに移住プロジェクト遂行中の我が家、娘と孫が寝る部屋はあるものの、先住シニア犬猫がいるため、被災猫2匹もその客部屋に閉じ込め続けるのは厳しい。
いつ戻れるかのメドが立っているテンポラリーな対処としてならまだしも、強い余震がいつ止むのか、誰も答えられない。

関西に住む私の母の家。
父はもう自宅では介護が難しくなり、施設で穏やかに暮らしている。
なので マンションながら部屋数に余裕がある。また、母は介護から解放されたものの 独り暮らしにやや寂しさを感じている。
二つ返事でウェルカムの返事。

羽田からダイレクトに娘と孫を品川から新幹線で西へ向かわせることに。
赤ん坊+猫2匹+大荷物なので、下の娘が有休を取って付き添う。

無事、母のところへ到着。

T君は、猫を搭乗させた長崎空港から車で熊本の職場へ出社。
案の定、職場は通常稼働するには程遠く、余震の中 スタッフ一丸で原状回復に向けての努力。
夕方退社。
近くの大型銭湯が再開していたので、混雑はしていたが入浴は叶う。
自宅は倒壊は免れたものの、まだ強い揺れがあるので、中で寝るのは不安なため、車中泊。
b0358719_13400068.jpg
品川から新大阪へ。

b0358719_13402594.jpg
車窓外を見つめる。



【 火曜 】
少しだけ改善しつつあるようだが、まだ多い余震。

娘は、母の家での避難生活が長引いても大丈夫なように、当座の身の回り道具を揃える。

孫は 移動続きながら体調崩すこともなく、元気な様子。
猫たちも隔離や長距離移動から解放され、一番慣れている飼い主(長女)のそばで元気を取り戻す。
ヘルプで同行した娘は、夕方の新幹線で東京に戻る。

b0358719_16140796.jpg
彼にとっては曾祖母の家で。

b0358719_16143502.jpg
とりあえず落ち着く。


・・・・・・・・・・・・・・・・・
「いつになったら…」が見えないまま、もうすぐ発生から一週間。










by vicinoamare016 | 2016-04-20 17:04 | 家族 | Comments(0)