人気ブログランキング |

駆け足 母宅~帰路オットhappybirthday温泉 - 1

GW以来の帰省。

だって夏は 「ゆりかごから○○まで」課業のゆりかご側ニーズに追われてたんだもーん。

毎度、伊勢湾岸自動車道から 長島スパーランドのジェットコースターを横目に西へ。

b0358719_09104273.jpg


今回は、遅い夏休みを消化中の二女夫婦も同乗。
前半は父母(彼らにとっては祖父母)と会ったり神戸に寄ったりした後、京都を旅するそうな。


着いた。


江戸っ子たちには、〈だんじり〉って耳慣れないのでは?

西で生まれ育ったワタクシは、〈神輿〉よりも〈だんじり=山車〉の方が馴染みがある。

b0358719_09105303.jpg


神輿は担ぐもの、だんじり(=山車)は引くもの、というのが一番シンプルな分け方なのかな。


こういう↓のも、江戸っ子の琴線には触れないんでしょね。

b0358719_09110141.jpg





翌朝、施設に入所している父を見舞いに行く。容態は安定している様子。


お昼は、三田市にある「蕎麦 いち」へ。
遠方からのお客さんも多い人気店。
この店がある通りだけ、なんとなく昭和っぽい建物が多く残ってていい雰囲気。


b0358719_09111437.jpg


最近母屋だけじゃなく離れも解放してキャパは増えたんだけど、駐車スペースに限りあり、しかも狭い。アルファードやカイエンの方は要勇気。


母は 松茸土瓶蒸し&そば切り、ムコ殿は 丹波黒どり天おろし(冷)、娘は マグロとろろそば、オットは 炙りホタテそば(温)。

b0358719_09135423.jpg



ワタクシは、これがメニューにあると頼んでしまう、すだち冷やかけ。

b0358719_17154700.jpg


広間のお座敷席が大部分だけど、杖を持ってた母を一瞥→テーブル席に案内してくれたのもありがたし。

b0358719_09145591.jpg

ごちそうさま、大変お美味しゅうございました。





翌日、京都を目指すアラサー夫婦を 芦屋で下ろして、と。

b0358719_15474122.jpg


我らアラ還夫婦は まず名神高速にのり、信州方面を目指す 。


ここ数年、オットへのお誕生日ギフトは『プチ旅』が定着していて。
(海は身近になったから)久しぶりに山の温泉に行こう!というのが今回のお題。


b0358719_16075738.jpg



小牧JCTから中央自動車道(7年ぶりくらいかな)へ。
延長8.5kmの長ーい恵那山トンネルを抜けて。


b0358719_16074333.jpg


この頃はまだかろうじて晴れ間もあって、駒ケ岳SAからは空木岳も臨めたね。


b0358719_16075049.jpg



長野自動車道・松本ICから、途中何度か不安になっちゃう山道をくねくね、辿りついた「扉温泉 明神館」。

フィトンチッドとせせらぎ音に囲まれて、突如現われる瀟洒な建物♪


b0358719_16055130.jpg



ルレ・エ・シャトーのメンバーだし、いつも素敵な旅をリポートしてくれるcasadelsoleちゃまの定宿だから間違いなしっ、と決定。


b0358719_18010213.jpg

チェスターフィールド風ソファが鈍く光る、心地よい和洋折衷。

b0358719_16070964.jpg


和寝室だけど、大きなピクチャウィンドウの洋間と繋がってて広さも充分。

ホントは、ベッドの和洋室か 半露天風呂付のお部屋にしたかったんだけど、同行する予定だった母が直前に体調崩し、急遽行き先を変えたので空いてなく…


b0358719_15515955.jpg

さて、思ったより早く着いたので、お風呂の前に近所を散策。

THE 渓流。
この渓流viewは、お部屋から見下ろせる。

b0358719_16053380.jpg


歩いていると天然栗がコロコロ。
すでにリスさん?たちがかなり持ち去った模様。


b0358719_16081022.jpg


15分ほど歩くと、扉ダム。
小さなダム湖だけど、深山っぽい水の色が独特。
ひと月も経てば、美しい紅葉で囲まれるはず。
b0358719_16052118.jpg



ダムの上から見下ろすと、ちょっと足が竦む。

b0358719_16050828.jpg


さて、お食事の前に温泉。

お風呂は3種類:メインの大浴場(露天付)、寝湯(半露天)、そして珍しいのが 立ち湯。

森に向かって半露天になっていて幻想的。
ミストサウナブースもある。

b0358719_18015085.jpg
HPより拝借




夕食は、フレンチを選択。

b0358719_15524561.jpg


このロケーションで海の幸舟盛りってのはオカシイし、和食党の母もいないので、地元食材を駆使したフレンチでゆっくりお食事しましょ、と。


b0358719_16043968.jpg



松本ブルワリーのペールエール、その名もAwesome!でスタート。


b0358719_16035678.jpg



チーズのババロワにトマトのソルべ、右はビーツの蒸しパン


b0358719_16034940.jpg



パンが冷めないように、温めた蕎麦の実が敷いてあるのもいいね。


b0358719_16034198.jpg



お料理に合わせてグラスでいただくことにしたワインは、全て信州のワイナリーから。


b0358719_15513734.jpg



うるかで層にした鮎のテリーヌ、キュウリのソースと蓼のパウダー


b0358719_16033324.jpg


とうもろこしのスープ、パルミジャーノのスプーマとレモンピール


b0358719_16032305.jpg



鯛のポワレ、春菊と三つ葉の天ぷら、クレソンのソース


b0358719_16031213.jpg



信州プレミアム牛サーロイン、赤ワインソース


b0358719_16030388.jpg



ビールと枝豆:パイナップルジュースにパッションフルーツ泡、ずんだマカロン


b0358719_16082450.jpg



桃のコンポートとソルべ、ライムのメレンゲ


b0358719_15595897.jpg


ミニャルディーズとコーヒー


b0358719_15525780.jpg



こんな山の中の旅館で、ちゃんとしたフレンチがいただけるなんて。
シェフは 名店「オトワレストラン」出身、 早口&闊舌良過ぎ(笑)で とても気が利くソムリエ。

ごちそうさま、美味しゅうございました。



あ、Happy Birthday to オット殿 !


b0358719_16025189.jpg


・・・以下次号






おまけ nipotini。



 あたち「お兄様。じぃじへのBirthdayメッセージ、こんなユルい仕上がりではいけませんわ」 
b0358719_16090552.jpg



ポク「まぁまのクリェイティビティの限界です。とりあえず指示通りに転がって。」
b0358719_16085835.jpg

by vicinoamare016 | 2018-09-28 09:36 | おでかけ | Comments(4)

2017 レイト・(お孫)サマー in Kansai

久々にオットとワタシだけの暮らしに戻った 8月末のある夜、サクっと 暫定お疲れさん会。


b0358719_15104217.jpg


和田塚、鎌倉駅からも歩ける「La cocina de Gen(ラ・コシーナ・ディ・ゲン)」のカウンターで。


b0358719_15105522.jpg


スペインバルとトラットリアとピッツェリア合体系の便利なアラカルト処。
常連さんが多いのも頷ける。

b0358719_16462888.jpg



あくまでも "暫定" お疲れさん。



だってー



この数日後、またワタシだけ 実家へ出向(=休養ではない)。



期限が近いマイレージを使って伊丹へ。

b0358719_14481799.jpg



空港リムジンに乗って、阪神甲子園駅経由で、阪急西宮北口へ。
単身で実家を目指すときのアクセスパターン。


b0358719_14481233.jpg



母と待ち合わせしている "ガーデンズ(イントネーション注意)" に向かう。


b0358719_14485002.jpg


入院と猛暑でますます出不精気味な母も「ここまでなら自力で来るんよ~」(帰りはタクるのが常套手段)と言うのでね。


b0358719_14482216.jpg



で、3週間ぶりにまた実家。
ベランダからは、遠くに神戸が見える。


b0358719_09452414.jpg



一方。


nipo & his perentsは、熊本から AMAXで伊丹空港へ。


2歳のお誕生日イベントに『NHKお母さんといっしょコンサート@大阪城ホール→USJ→海遊館2泊3日ツアー+ひぃばぁば宅泊』を決行するんだと。。。



「じぃじも 好きなAMAXですよ」
b0358719_14363235.jpg


大阪着いたら、コンサートに直行。

b0358719_14563372.jpg




誕生日ケーキ発注を 命令 任されていたワタシは、引き取りに。

夙川~苦楽園界隈は、人気のパン屋と洋菓子店がいっぱい。
ちょっと歩いただけでもこんなに。

ラ・バゲット・ド・パリ・ヨシカワ
菓子工房 いちかわ
ハイジ
ラ・フィーユ
プリン Kiyomi

b0358719_17224266.jpg
他にもジヴェルニー、Ryouichi Yamauchi、ケーズベック、Creve、アトリエ・タケ…



どこにするか迷ったけど、果物屋さん直営の「ARROW TREE」で。



「昭和の芸人ではありません、2歳になったポクです」
b0358719_17112727.jpg



東京でお仕事&お留守番中の じぃじからも インパクト切り口なスイーツが届く。
美味しい―わ、これ。


b0358719_10044729.jpg


ワタシは、トイザらスのプリペイドカードを(&トミカの仲間たち)。


b0358719_10291991.jpg



USJ と 天保山・海遊館。
nipo的には 生ジンベイザメが主役だったのかな。


b0358719_15075101.jpg



ぱぁぱ…、おつかれさんだねー:汗





さて、普段一人でいると食事内容が横着になる母をランチに連れだすワタシ。



夙川からも苦楽園口からも徒歩10分以上かかるのに人気のお店「京料理 くまがい」。
ー っと思ったら、お休みぢゃん!ショック!


b0358719_17171973.jpg



歩きたがらない母がハシゴで歩く距離範囲内代替店「焼肉酒家 蘭」へ。



テニスコートに隣接していて、他人のプレーにツッコミ入れつつお食事。
お手軽ランチもあるけれど、お昼もアラカルトなら立派なお肉と極上キムチが食べられる。

b0358719_17172604.jpg


暑い日だったこともあって、母は食後あっさり帰宅。


ワタシはちょっと買い物やら、母の雑用を近所で済ます。


b0358719_16325065.jpg


あらホント、関西ではカールが陳列棚にたくさん。

b0358719_17235514.jpg

江ノ電のカール広告は、今年いっぱいで消えるそうな:淋

b0358719_09285150.jpg


そして。


nipoたちは、強行軍ともいえるツアーを無事こなし、帰熊したところで:


:ワタシの今回の本来の目的。


先月切除した、母の巨大な大腸ポリープの細胞検査結果が出る日。
最悪の結果なら、色々と即対応が必要なだけでなく、何より本人の心情がね。。。

b0358719_17104395.jpg


またここが広くてねー、院内を移動するだけでも年寄りにはハードル高いもん。


b0358719_14485798.jpg


・・・結果は、


"シロ"でした 103.png


主治医曰く「もう少し放置していたら確実に癌化してましたね。間に合って良かった。ただし、検査は毎年受けて下さいね、近所のお医者さんで良いので。もう何を食べても、遠出してもいいですよ」


母、やはりそれなりに気が張っていたのか、やや脱力。
良かったね♪



「ワシもそう思っとった! ほらな、ぜったい大丈夫やって!」
(通天閣下のおっちゃん風)
b0358719_11172551.jpg




ってなわけで、しばらく 不便な 兵庫医大付属病院のお世話にならなくてよいと判明した途端「一緒に七里ヶ浜について行こうかな~」と。



へい、どうぞ。



帰路も飛行機でびゅ~ん・・・「私、地に足の着いた人間だから」と、母は断固拒否。
ワタシもツマ先くらいは着けて生きてるんだけどね。。。

いいでしょう、大阪っぽいお寿司買って新幹線乗りましょ。

b0358719_14361867.jpg

あえて "ひかり"に乗って、小田原で下車→東海道線で藤沢→オットがお迎え、で帰宅。

b0358719_14362623.jpg


かくして、「サマー」なお題の記録は終結。







おまけ nipo。



「3本にみえるかもしれませんが、2歳ですからね」
b0358719_16012469.jpg

by vicinoamare016 | 2017-09-15 10:09 | 家族 | Comments(6)